終活を考えたことはありますか?

皆さんは「終活」や「エンディングノート」などと言った言葉を耳にしたことはありますか?

知人から終活をしていると聞いたことはあっても、「自身の死」については、まだ先だと思って、何も準備をしていない方、意識してなかった方が大半だったのでは無いでしょうか、今年に入ってコロナウイルス感染症の影響から、「死」というのが思いのほか身近に迫っていると知り、不安になり、万が一、自分も病気などで判断力を失うような状況となった場合に備えて、エンディングノートを書いておこうと思われた方が増えているそうです。

そこで、今回は終活やエンディングノートについて、ご紹介したいと思います。

エンディングノートとは?

超高齢社会になっている現在、自身の人生の終末期をどうすべきか考える方が増え、「終活」という言葉が生まれ、映画や書籍なども目にする機会が増え、それに伴って自分の葬儀に対する希望や、家族との思い出などを書き残すための「エンディングノート」が、葬儀場でも事前相談を希望される方に無料で配布や販売をされるようになりました。

自身がいつ判断力を失ってしまうのか分からないからと、元気なうちに終活やエンディングノートの作成に取り組まれる方が年々増えています。

 

エンディングノートは、遺言書と違い、有料のものから無料のものまでデザインも様々ですが、書く内容は自由に決めて構わないのです。

大体のノートは、「自分の生い立ちや、仕事、家族との思い出などの自分史」、「自身が病気になった際の延命治療や臓器提供の希望」「介護についての希望」、「葬儀やお墓の希望」、「財産や相続の考え方、マイナンバーや保険、口座番号等」、「貴重品のありか」「家系図」、「写真貼付欄」、「知人の連絡先記入欄」などがあります。

 

しかし、ここに記載されたことは遺言書のような法的効力はありませんので、家族間のトラブルを防ぐためにも遺言として残したい場合は別途、遺言書を作成しておきましょう。

それでも備忘録として自分の考えを残しておけば、もしもの事態になった場合、残された遺族は本人の意思を尊重する事ができたと安堵し、救われる場面もあるでしょうし、自分の最期をどうしたいかなど自身の想いが反映出来るようになる可能性も高まります。

書く事で、自分がこれからの日々をどう生きていけばいいのか、または何をすべきかが見えてくることでしょう。

 

葬儀の生前契約

元気なうちに自分の葬儀を契約しておくことをいい、葬儀費用など、残された家族の負担減らすためにもなるのでメリットがあります。

 

遺影写真を生前に用意しておく

終活のひとつとして、生前に遺影を用意しておく方が増えており、自分のお気に入りの写真を選び、それを遺影に使えるような“遺影写真加工サービス”もあります。

 

尊厳死と安楽死

終活の中には、亡くなった後のことだけでなく、「尊厳死」や「安楽死」などの亡くなり方も考えることがあります。

尊厳死とは、回復の見込みの無い末期状態になった場合に、医療器具による延命措置を希望しないで、自然に死を迎えたいという事です。

一方、安楽死は、死期が迫り耐え難い肉体的苦痛に苦しんでいる患者に対して、致死量の薬剤を投与して、苦痛緩和剤の投与によって死期を早めることをいいますが、今まで日本でまだ安楽死が認められた例が無いのが現実です。

尊厳死をと思って家族に伝えていても、いざそうなった時に、本当にそれで良いのか迷うのが家族です、エンディングノートに書いておくことで、意思表示が出来る事に繋がり、ご家族の心の負担も少しは軽く出来ることでしょう。

 

終活をするにあたり、自分の死に向き合うことは、決して恐ろしい事ではなく、むしろ自分自身がどう逝くのかを考えておくことは、その為に、自分がこれからどう生きていくのかを見つめ直せて、残りの人生をより充実させようと意欲が沸くはずです、是非一度、考えてみてはいかがでしょうか。

弔辞を依頼されたら

故人のご遺族から、故人の親しかった方へ依頼される、弔事。

弔辞とは、故人へ捧げる気持ちや、生前の人柄などを言葉で表現したもので、最期に故人を弔うための言葉、弔辞を御霊前で読み上げ、葬儀や告別式で、参列者の方々へ伝える役割があるのです。

ご遺族から予期せぬ依頼をされる事があるかも知れません、特別な事情が無い限り、快く依頼は引き受けましょう、そうすることが礼儀となります。

但し、そのような時にもマナーは存在します、失礼の無い様に、基本的なマナーについてしっかり身につけておきましょう。

弔辞の書き方

依頼された場合、どのようなことを話すべきなのでしょうか?使用する文具は何を使えばいいのか等、ご紹介します。

 

使用する物は?書き方は?

正式には、大判の奉書紙という和紙や巻紙に、薄墨で書くことが弔事とされており、社葬や団体葬などの形式が重要視される葬儀では、これが必須です。

正式な弔辞の場合、書き方は、奉書紙や巻紙の右端から10cm程度の余白をとってから、縦書きで「弔辞」と題を記します。

縦書きで行間を詰めすぎないように文字を書きましょう、その方が見栄えもよく、読み間違うことも防げるでしょう。

上下左右の余白は十分に空け、本文を書き終えたら改行し、低い位置に年月日を書き、その左側に、それより低い位置へ記名します。

「弔事」と書いた奉書紙で、左前にして弔辞をつつみます。

 一方、家族葬などの小規模なお葬式の場合は、便箋に万年室で執筆する略式の弔事でも問題ありません。略式で書いた弔辞は白い封筒に「弔事」と記載して持参します。

 

正式か略式か、どちらか迷う場合には遺族や葬儀社に聞いてみると良いでしょう。

 

弔辞の内容はどうすべき?

弔辞を依頼されるのは、生前に故人と親しくしていたから、故人の思い出を共有したいという遺族の思いがあるからです。

抽象的な言葉や、通り一遍の形式的な内容では、遺族や参列者の心に残りません。

親しかったからこそ知っている自分だけの故人の人柄や思い出のエピソードを、自分なりの言葉でまとめていきましょう。

経歴や功績を述べる場合には、間違いの無いよう事前に確認する必要があります。

 

文章の構成としては、

  • 故人への哀悼の意を示す言葉をはじめに書く。
  • 訃報を知った時の悲しみや驚きの気持ちを表現する。
  • 故人と自分との間柄を述べ、故人の人柄や経歴、功績、エピソードなどを書く。
  • 現在の心情、残されたご遺族へ慰めと励ましの言葉を書く。
  • 最後に故人の冥福を祈る別れの言葉を書く。

 

弔事では、亡くなった原因などを詳しくは述べないのがマナーです、

“忌み言葉”も使わないように気をつけましょう、「重ね重ね」「たびたび」や「再び」「また」などの重ね言葉や、「死亡」や「死ぬ」といった死を連想させる言葉もそうです。

また、「冥福」「成仏」などの仏教用語は仏式以外の葬儀で使ってはいけません。

遺族や参列者に不快感を与えない様に気を配りましょう。

難しい言葉をあえて使う必要はありません、伝わりやすい文章になるように心がけましょう。

 

弔辞を読み上げる際に気をつけることは?

弔事は、一般的には2~5人に依頼することが多く、一人あたりの奉読時間は約3分、原稿用紙2枚分程度です。

一人があまり長々と読み続けるのは、葬儀の進行に支障が出てしまい良くありませんが、短すぎても味気なく感じます。

事前に、本番と同じように弔辞を声に出して読み上げ、丁度よい時間に収まるよう、練習をしておくと良いでしょう。

 

最終的に弔辞は、ご遺族の手元に渡り、保管されます。

遺族が後々読み返しても良いように、心をこめて、楷書で丁寧に書くことを心がけましょう。