家族葬の供花にお返しは必要?不要?

特に定められた形式の無い家族葬ですが、供花をいただいた際にお礼はすべきだろうか、どうすれば良いか分からない方も多いと思います。

また、お礼をするならどのような品物がよいのか、相場はいくらか、お返しに関する疑問が解決できるよう、これから詳しく説明いたします、ぜひ最後までご覧ください。

家族葬での供花、お礼は必要?

家族葬には定義や決まりが無く自由度も高いので、お返しについても特に決まりがないのが現状です。

葬儀でいただいた供花について、お礼をすることが一般的ではありますが、様々な意見があるのも事実です。

例えば、供花にお返しする必要はなくお礼状のみ送れば良いという意見や、供花は香典とは異なりお供えにあたるのでお返しが不要ではなか?とても高価な供花で無いのならお返しをしなくて良いのでは…という意見です。

 

明確な規定が存在しない為、迷われて当然ですが、何もお返しをしなくて良いという事は、あまりお勧めできません。

供花をいただいた際に、返礼不要と知らされない限りは、ささやかな品で十分ですので、お礼状と合わせてお返しすることがマナーでしょう。

また、葬儀に参列がかなわない為、その代わりとして供花を送ってくださる方もおられます、遺族のことを思い配慮してくださったことに対し、感謝の気持ちを示そうと思うことは自然なことなのです。

 

供花のお返しに良い品物とは

基本的には、香典返しや法事の返礼品と同様に考えると良いでしょう。

一般的に消え物と呼ばれるような、形に残らない品物が定番です。

消えものが良いとされている背景には、不祝儀を後に残さない、悲しみや不幸を洗い流す、消すという考え方に基づいています。

 

お茶、コーヒー、お菓子、海苔、そば、そうめん、うどん、入浴剤、洗剤などが定番ですが、

最近では、相手が自分の好みの品物を選べるカタログギフトも人気です、その場合は、送る品物の金額を決めてカタログを選び送ります。

お返しの金額相場はいくら?

地域性や親族の慣習などによって様々ですが、目安としては、いただいた供花の金額に対して2分の1~3分の1程度の品物をお返しするのが一般的です。

 

また親族や身内からの供花へのお返しは、相場より多少低額でも失礼にあたりません、感謝の気持ちを伝えることが大切です。

尚、香典と供花を両方いただいた場合には、この二つを合算した金額を基準にお返しの品物を選ぶと良いでしょう。

高価な供花をいただいた際には、お礼が少な過ぎては申し訳ないので、香典返しの予算を増やし、いただいた香典と供花を合わせて香典返しという形にすれば、供花をくださった方にも気持ちが伝わるでしょう。

お返しの適切な時期は?

香典と供花の両方を戴いた時

香典返しをお渡しするタイミングで、供花のお返しを含めてお渡しするのが一般的です。

香典返しは、従来通りに忌明けとなる四十九日が明けてからお返しする場合と、近年は葬儀当日にお返しする場合があります。

また、高価な供花をいただいた場合や、参列する代わりにと供花をいただいた場合には、四十九日が明けてから、香典と供花を併せて品物を選び、お礼状を添えて贈りましょう。

供花のみ戴いた時

供花をいただいた場合に、「お礼状のみでよい」「お返しをしなくてもよいのでは」という意見もありますが、「返礼不要」と明確に記載がない限りは、ささやかな品物でも良いのでお礼状を添えて贈りましょう。

お返しとして、品物を贈る際には、忌明けの四十九日が過ぎてからにしましょう。

 

尚、「返礼不要」と明確に伝えられていた場合は、葬儀後、一週間ほど経過したあたりに、お礼状のみをお送りしましょう。

お礼状を送るタイミングは、四十九日前であっても問題ありません、感謝の気持ちを伝えることで、相手側も供花がしっかり届いて安堵されますし、お礼状はできる限り早めに送ることが良いでしょう。

お礼状も届かないとなれば、失礼な印象を与えてしまいますので、気を付けましょう。

お返しには必ずお礼状を添えましょう

ただ単に、お返しの品物のみを贈れば良いのではありません、感謝の思いを綴ったお礼状も添えることで、相手側にも遺族の気持ちが伝わり、供花が無事に受け取られたことや、葬儀を滞りなく終えた報告にもなり、より丁寧な対応といえます。

お礼状は忘れずに添えて贈るよう、心がけましょう。

まとめ

家族葬だとしても、故人に対する弔慰への感謝を伝えられるよう、お礼をしたいものですね、ささなかな品でも構いません、お気持ちをお返ししましょう。

是非、ご参考になさってください。

葬儀の打ち合わせ、大事なポイントとは

身内に不幸があり辛い状況のなかでも、故人の人生の最後の儀式として、残された者は葬儀の手配を進めていかなければなりません。

それに、人生に喪主になる機会など幾度も無いですし、気が動転しているのに不慣れな葬儀の打ち合わせをしなくてはならず、戸惑われる方がほとんどかと思います。

そんな時に役立つよう、葬儀の打ち合わせを行う際の大事なポイントについてご紹介したいと思います、是非参考になさってください。

 

葬儀の打ち合わせを行うまでの流れ

 

1、故人を搬送・安置する

病院などの施設で亡くなった場合、速やかに自宅もしくは施設へ故人を搬送する必要があります。

依頼する葬儀社が既に決まっている場合には、搬送も依頼できますが、決まってない場合には、葬儀社を急ぎ検討する必要があります。

逝去されてから搬送依頼まで、悲しむ間も無く検討する時間もあまり与えられない為、病院から紹介される葬儀社へお願いする事も多いのですが、必ずしもその搬送業者に、葬儀を依頼しなくても良いのです。

安置場所への搬送だけを依頼し、改めて数社から見積もりを取り、費用とう検討してから葬儀社を決めても構いません。

 

2、安置場所まで搬送・安置後に打合わせ

一般的には、自宅や安置施設などに故人を搬送し安置した後、そのまま葬儀社スタッフと葬儀の打ち合わせに入る場合が殆んどですが、状況によっては病院などの施設で搬送前に打ち合わせを行う場合や、ご自宅などに安置した後に親族が集まってから行う場合もあります。

 

打ち合わせ内容、ポイントとは

打ち合わせにかかる時間は平均して1時間~2時間かかります。

葬儀の形式や規模により、打ち合わせをする主な項目や内容は異なりますが、時間的に余裕があれば事前に準備しておきましょう。

 

事前準備として

・喪主を決めておく‥故人の配偶者や長男、長女が喪主を努めるケースが多いです。

 

・宗教宗派を確認しておく‥葬儀は宗教宗派に基づいて行うことが殆んどですので、確認しましょう、菩提寺や教会、神社があるならば、名称と連絡先を控えて伝えます。

また故人や遺族の意思で無宗教葬にするのか、家族で相談しておきましょう。

 

・葬儀の予算‥葬儀費用としていくら用意できるか、予算を確認。

 

・葬儀のイメージ‥一般葬、家族葬、直葬、無宗教葬など、どのような形式で葬儀を行うか、参列者数など葬儀の規模やイメージを決めておきましょう。

 

・遺影写真を選ぶ‥葬儀社に加工を依頼することの多い遺影ですが、なるべく大きく故人が写っていて表情の良いものを探しておきましょう、現在は画像データから作成を依頼する事が主流です。

打ち合わせする項目や大事なポイント

・葬儀を行う場所と日時を決める

自宅、寺院、集会所、など、どこで葬儀を行うか、どの火葬場を利用するかを決めて、次に、日時について、遺族が候補日を決め、寺院など宗教者の都合、葬儀場の空き状況、火葬場の空き状況が合致した日に決定します。

・葬儀プランと葬祭用品を決める

葬儀プランを見て、祭壇、棺など葬儀に必要なもの、サービスを決めていきます。

また追加料金がかかること、湯灌やエンバーミングなどの希望の有無や、必要に応じて送迎用のマイクロバスや、遠方の参列者の宿泊場所などの手配をします。

・料理や返礼品を決める

葬儀の形式にもよりますが、通夜ぶるまいと忌中払いの料理、火葬場での飲食、お礼状、会葬御礼品、香典返しについて、ランクにより金額が変わるので、しっかり見て決めていきます。

・葬儀全体の流れを把握する。

葬儀の流れを把握し、通夜当日までに何を支度すべきか、納棺式はどう行うのか、式場内での席順、喪主の挨拶など、確認しておきます。

・お手伝いを依頼するかどうか

葬儀の受付、会計、案内など、必要な人員数をみて、お手伝いをお願いするか確認。

・宗教者の送迎の有無、戒名のランク決め

宗教者に葬儀にお越し頂く場合、打ち合わせが必要な時もあります、寺院であれば、戒名、会食への参加有無、葬儀会場へ送迎が必要か確認します。

打ち合わせの際、注意すべきポイント

1、プランの内訳をチェック

プランやセットなど、一式で提供されている場合が多いので、そこに何が含まれているか内容を確認しておくことで、後に追加費用が生じることを回避できます。

 

2、葬儀全体の費用と支払い方法をチェック

葬儀にかかる費用は葬儀社への支払いだけではありません、宗教者へのお布施、火葬費用などのトータル費用もチェックして支払い方法、支払い期日を把握しておきましょう。

 

3、要望をしっかり伝える

葬儀内容を客観視できるよう心がけて、要望があればはっきりと伝えましょう。

 

まとめ

葬儀プランなど、不安や分からない点があれば、その都度悩まず、遠慮せずに葬儀社スタッフに聞いて払拭していきましょう。

ご家族の気持ちが反映され、よりよい葬儀になるでしょう。