どうして友引を避けるのか

お葬式の日程を決める際に、考えなければならないのが「友引」をどうするかです。

縁起が悪いとされている友引ですが、なぜそのように言われるのご存じですか?

当たり前のように友引に葬儀は良くないと言われているので、そういうものだと思い気にしてこなかった方も多いのではないでしょうか。

友引は運勢を暦に記載する六曜のひとつですが、そんな友引が避けられている理由についてお話ししたいと思います。

六曜とは

運勢を暦に記載する暦注の事で、大安や仏滅など目にした事がある方も多いのではないでしょうか。

六曜とは、古代の中国で占いに使われていたものが日本に伝わってきたものだと言われており、現在ではカレンダーなどに記載されている事が多いです。

 

・先負

早まると負けてしまうと言われており、何事も慎重に行うことが良いとされています。

急いでいることなどは午後に行うと良いそうです。

 

・仏滅

仏も滅ぼしてしまうほど悪い日で、六曜のなかではもっとも凶とされています。

結婚式などのおめでたい行事はこの日を避ける方が多いです。

昔は「物滅」と書いていたそうで、今までの物が滅びて新しい事が始まる日として考えられていたという説もあります。

 

・大安

六曜のなかで最も良い日とされていて、結婚式などのおめでたい行事を執り行うことが多い日です。

結婚式などの予約がすぐ埋まってしまう事があったり、料金も高額になる事があります。

 

・赤口

この日は血や死を連想させるものを避けた方が良いとされています。

刃物や火に気を付けた方が良いと言われており、漢字に赤という文字があるのもそれらを連想させます。

お祝い事や何かをスタートさせる日としてはあまりよくない日と言われていますが、正午前後の時間は吉となるそうです。

・先勝

先んずれば勝つ日と言われており、何事も急いで行う事が良いとされています。

 

・友引

共に引き分けると言われており、争いをしない・勝負のつかない日と言われています。

何事も引き分けとなり勝負がつかないので、争いがない良い日であると考えられる事もあるそうです。

 

友引を避ける理由

実は、六曜では友引にお葬式をあげてはならないという考えはありません。

しかし、「縁起の悪い出来事を引き寄せてしまう」「友を引く」という迷信から、葬儀をあげる事が悪いものだという考えになっていきました。

本来は共に引き分けるという意味で特に悪い意味はなかったのですが、友を引くという意味に捉えられるようになってしまい、友引に葬儀をあげると故人と親しかった友人や家族も一緒にあの世へ連れて行ってしまうという考えがひろまりました。

世間一般に縁起が悪いとされている友引ですが、仏教の教えでも友引を避けるという事は言われておらず、もともとの言葉に友を引くというような意味はないのです。

しかし、葬儀において友引に関する扱いは暗黙のマナーとなっており、避けるものだという考えが根強く残っているのです。

現在は、あまり気にしないという方も増えてきましたが、様々な年齢の方が参列される中、縁起が悪いと思う方もいるだろうと避ける方が多いです。

もう一つの理由として、火葬場の定休日が友引に多い事があげられます。

友引は避けられることが多いので、友引を定休日としている火葬場は多いようです。

 

友引が重なる場合

友引が重なってしまった場合、気にしないのであれば葬儀を行っても問題ありません。

しかし、気になる場合はお通夜の日程を変更したり、お通夜までの日数を伸ばすことで友引を避けます。

他にも、お通夜から葬儀までの日を空けたりと日程を調節します。

どうしても友引に葬儀をあげなければならないという時は、友人形という身代わりの人形を棺に入れるという風習のある地域もあるようです。