霊柩車について

 

葬儀の際に使用される霊柩車。
昔は金色で派手な装飾がされたものを良く見かけましたが、最近はめったに見かけなくなりましたよね。
霊柩車の走っている数も関係していますが、霊柩車にはいろんなタイプのものがあり、近年では昔ながらの形はあまり使われなくなってきたのをご存知でしょうか。
そんな霊柩車についてお話したいと思います。

 

【霊柩車とは】

死者を運ぶための車。
棺を人力で運んでいた時代から存在しており、当時棺を装飾した輿で運んでいたものを自動車として再現したものだと言われています。
霊柩車が出始めたころは、自宅で通夜や葬儀を行う事が多く、自宅から出棺する際に火葬場へ向かうために利用していました。
しかし、最近では斎場やセレモニーホールで葬儀を行う事が一般的になり、それらの葬儀場から霊柩車で火葬場へ向かう事が多くなりました。
さらに斎場に火葬場が隣接している所もあり、霊柩車を利用する必要のない場合も数多くみられるようになりました。
こういった背景から、霊柩車を普段見かけることが少なくなってきたと考えられています。

【霊柩車の種類】

最近では霊柩車にもいろいろな種類があり、葬儀の規模や経済状況によって選べるようになりました。

・宮型霊柩車

昔ながらの屋根や彫り物・金の装飾が施された霊柩車です。
日本独自の形で、霊柩車のイメージが強いのはこのタイプでしょう。
人力で行っていたものを自動車にしたもので、棺を運ぶ輿を再現しています。
最近では葬礼に関する考えの変化もあり、目立ちすぎるという理由で使用する事の出来ない施設も見られるようになりました。
従来はメジャーな霊柩車でしたが、近年では利用する人は減少してきています。

・洋型霊柩車

欧米などで一般的に使われている霊柩車です。
宮型霊柩車のように和的装飾はなく、後部の棺を納める部分に少しだけ装飾が施されています。
国産高級車や大型の外車を改造して作られた霊柩車で、近年日本でも良くみられるようになりました。
昔は故人に対して失礼という考えがあったそうですが、昭和天皇が使用したことから世間に広がったと言われています。

・バス型霊柩車
マイクロバスなどを改造した霊柩車です。
搭乗人数が多いので大人数で移動できるのが特徴です。
火葬場の駐車スペースなどが限られている場合などはとても便利なので利用される事も多いです。
一般の葬儀だけでなく、密葬や家族葬などの小規模な葬儀でも一度に移動出来るので幅広く利用されています。

【出棺時のクラクションの意味】

霊柩車が出棺する際、大きなクラクションを鳴らすのを聞いたことがあると思います。
このクラクションには、遺族や参列者など残された方々へのお別れの挨拶が込められており、故人の旅立ちの合図だと言われています。
ありがとうや最後のお別れという、感謝やさようならの意味で鳴らしているのです。
このようなクラクションを鳴らす理由については2つの理由があると考えられており、1つは皇室の葬儀で出棺の際に雅楽器の音を鳴らすのを模してクラクションを鳴らすようになったと言われています。
もう一つは、船や汽車が出港する際の汽笛をイメージしていると言われています。
お別れは出発であるという解釈から、クラクションを響かせているのです。

【親指を隠す理由】

子どものころ、霊柩車が通るのを見かけると「親指を隠しなさい」と言われたことありますよね。
慌てて親指を手の内側に握った経験のある人も多いのではないでしょうか。
昔は葬列を見たら親指を隠すと言われていたようで、葬列から「死」などの縁起の悪いことを連想させるために行っていたようです。
亡くなって間もない遺体には、成仏していない魂が宿っていると考えられ、その魂が親指の爪から入ってくると言われおり、厄災を防ぐという意味で親指を隠すようになったと言われています。