焼香の行い方

仏式の通夜や葬儀で必ず行うのが焼香です。

日常生活で行う動作ではないため、意味や、やり方をよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

そんな焼香の意味、行い方についてお話したいと思います。

【焼香とは】

葬儀で香をつまんで目の高さまで上げ、隣の炉に落とす、という一連の流れを経験したことがある方も多いと思いますが、これを焼香といいます。

焼香とは、霊前を清め、故人の冥福を祈る意味が込められた儀式のひとつです。

仏教では「香は仏の好物である」と考えており、通夜や葬儀以外でも様々な儀式で用いられています。

焼香のやり方は、宗派によって行い方や作法が異なります。

 

【焼香の種類】

焼香には

①線香をあげる

②抹香(まっこう)をつまんで香炉にくべる

の、二種類のやり方があります。

 

線香をあげる本数や、抹香を香炉にくべる回数は宗派によって違いがありますが、一般的には線香は1~3本、抹香は1~3回行えば十分とされています。

 

【焼香のやり方】

焼香の順番は、喪主とご遺族が焼香を終えてからになります。

自分の順番が来たら、祭壇まで進み出て、僧侶とご遺族に一礼したあと、遺影に向けて一礼してから焼香を行います。

 

焼香には座礼と立礼があり、葬儀場によって異なります。

 

・天台宗、真言宗

天台宗と真言宗の焼香は抹香です。

抹香での焼香は立ったまま行うことが多くなっています。

 

遺影に向けて一礼をしたあと合掌し、数珠を持っている場合は左手に持ちます。

抹香を右の親指、人差し指、中指の三本でつまみ、目の高さまで掲げます。

その後、香炉の中に静かに落とします。

これを三回繰り返し、再び合掌します。

遺影に向けて一礼した後に僧侶とご遺族に一礼し、席に戻ります。

 

・浄土宗

浄土宗は特に決まりがなく、線香を使う場合と抹香を使う場合があります。

本数や回数にも決まりがありませんが、一般的にはどちらも1~3程度です。

 

線香での焼香は座って行うことが多く、順番が回ってきたら焼香台の前の座布団の手前に座り、僧侶とご遺族に一礼し、次に遺影に向けて一礼します。

線香を右手に持ってロウソクに近づけ、線香に火をつけます。

火がついたら左手で扇ぐか、線香を振って火を消します。

この時、息を吹きかけて消すのはマナー違反となりますので注意しましょう。

線香を香炉に立てて合掌します。

二本以上の線香に火をつけた場合は、一本ずつ香炉に立てます。

 

・浄土真宗 本願寺派

本願寺派の焼香は抹香です。

やり方は天台宗と変わりありませんが、香炉にくべる回数は一回です。

本願寺派の場合は目の高さまで上げませんので、憶えておきましょう。

 

・浄土真宗 大谷派

大谷派の焼香は抹香です。

基本的なやり方は同じですが、本願寺派と同じく目の高さまで上げません。

香炉にくべる回数は二回です。

 

・臨済宗、曹洞宗

臨済宗と曹洞宗の焼香は抹香です。

香炉にくべる回数は二回で、一回目は目の高さまで上げ、二回目はそのまま落とします。

 

・日蓮宗

日蓮宗の焼香は抹香です。

回数や上げる高さに特に決まりはありませんが、三回行う場合が多いようです。

 

【そのほかの焼香】

会場が狭い場合や、参列者が多く移動が困難な場合は「回し焼香」が行われることもあります。

回し焼香は自分の席に座ったまま行う焼香のことで、その名の通り香炉を隣の人に回していきます。

基本的には抹香を使用します。

 

隣の人から香炉が回ってきたら、受け取って軽く会釈します。

香炉を自分の前に置いて遺影に向かって一礼します。

やり方は宗派によって異なります。

焼香を終えたら合掌し、遺影に向かって一礼し、香炉を次の人に回します。

 

宗派によって焼香の種類や作法は異なりますが、焼香の際に大切なのは故人を想い、弔う気持ちです。

間違ってしまっても気にしすぎる必要はありません。