遺族年金について

家計を支える家族が突然の不幸で亡くなってしまった場合、残された家族のこれからの生活はどうなってしまうのか。

そんな時に生活の助けとなるのが遺族年金です。

遺族年金は国民年金に加入していれば誰でも受け取る事が可能となっていますが、内容がなかなか複雑なものとなっており、理解しきれていないという人が多いのではないでしょうか。

そんな遺族年金についてお話ししたいと思います。

 

【遺族年金とは】

遺族年金とは、自分が亡くなった時に残された家族(基本的に妻や子ども)に支給されるお金のことです。

国民年金や厚生年金などに加入している人が対象となり、生命保険会社で加入している個人年金については別物になるので注意が必要です。

 

【遺族年金が貰える条件】

遺族年金には2つの受給条件があります。

  1. 公的年金加入期間を考えた時、2/3以上の期間で納付あるいは免除されていること。
  2. 亡くなった月の前々月までの1年間で未納がないこと。

この2つの条件は遺族基礎年金も遺族厚生年金も同じです。

 

遺族年金の対象者は、国民年金と厚生年金で条件が異なるので注意が必要です。

・遺族基礎年金(国民年金)の対象者

  • 18歳までの子ども(18歳になる年度の3月31日まで)
  • 20歳未満で障害年金の障害等級が1.2級の子ども
  • 子どもがいて前年の年収が850万円未満の配偶者
  • 子どもがいて前年の所得が655.5万円未満の配偶者

夫が亡くなった場合・妻が亡くなった場合、どちらでも条件が満たされていれば受給する事が可能です。

ただし、子どもがいない場合は支給されないという点に注意が必要です。

・遺族厚生年金の対象者

「妻が対象となる場合」

  • 前年の年収が850万円未満
  • 前年の所得が655.5万円未満

子どもの有無は関係ありませんが、子どもがいなくて夫死亡時に30歳未満だった場合は、5年間だけの支給となります。

 

「夫が対象となる場合」

  • 妻死亡時に55歳以上で、前年の年収が850万円未満
  • 妻死亡時に55歳以上で、前年の所得が665.5万円未満

受給できるのは60歳からで、子どもがいる場合は55歳以上60歳未満でも受け取る事が可能です。

 

「子供や孫が対象となる場合」

  • 18歳までの子ども・孫
  • 20歳未満で障害年金の障害等級1.2級の子ども・孫

 

「父母・祖父母が対象となる場合」

  • 55歳以上で前年の年収が850万円未満
  • 55歳以上で前年の所得が655.5万円未満

受給できるのは60歳からとなっています。

 

【支給される年金額】

支給される年金額は、子どもが何人いるのか、遺族厚生年金を併用するのかによって大きく変わってきます。

遺族基礎年金のみを受給する場合、妻のみは支給はなし、妻と子ども1人の場合だと年額およそ100万円、妻と子ども2人で120万円、妻と子ども3人で130万円となっています。

遺族厚生年金の場合、平均標準報酬月額によって変わり、報酬月額が20万円の場合だと受給額の年額はおよそ30万円とされており、報酬月額が60万円になると受給額の年額は100万円ほどになるとされています。

 

【遺族年金以外の補助制度】

条件を満たさず年金を受給できないという場合は、他の補助制度を利用する事が可能となるので知っておくと安心です。

・寡婦年金(かふねんきん)

国民年金の第1号被保険者として保険料を10年以上納めていた夫が亡くなった場合、10年以上婚姻関係にあり生計維持されていた妻は、60歳から65歳の間だけ寡婦年金を受け取る事が可能です。

受給額は夫の第1号被保険者期間で計算した老齢基礎年金の3/4とされています。

ただし、以下のような場合は寡婦年金の受給は出来ないので注意が必要です。

  • 亡くなった夫が障害基礎年金の受給権者だった場合
  • 亡くなった夫が老齢基礎年金を受け取ったことがある場合
  • 妻が繰り上げ支給の老齢基礎年金を受けている場合

・死亡一時金

国民年金の第1号被保険者として保険料を36月以上納めていた人が、老齢基礎年金や障害基礎年金を受給せずに亡くなった場合、生計を同じくしていた遺族は死亡一時金を受け取る事が可能です。

受給額は保険料を納めた月数に応じて変わりますが12万から32万の間で決定されます。

36月以上納めていた場合は8500円加算されます。