清めの塩について

日本のお葬式では、参列した際に清めの塩を配るのが一般的です。

これは邪気を自宅に入れてしまわないよう、帰宅前に塩を身体にふりかけて邪気をはらう為のものですが、なぜ塩にはそのような力があると考えられているのでしょうか?

何気なく使用している清めの塩も、実はきちんとした由来があり、使い方が決まっています。

そんな清めの塩についてお話ししたいと思います。

【清めの塩とは】

清めの塩はもともと神道で用いられるもので、神道では死を「穢れ」として扱っており、この穢れを祓う為に塩で体を清めます。

ここで勘違いしてはいけない事は、清めの塩で祓うのは故人の霊ではなく、人の死に際して寄り付いてきた邪気を祓うという事です。

しかし、宗派によって意見は様々で、仏教では死を穢れとは扱わない為清めの塩は必要ないとしています。

特に浄土真宗は、死による穢れを強く否定する立場にあり、清めの塩には反対しています。

このように宗派によって清めの塩に対する考えは異なっていますが、日本では今でも清めの塩が広く行われているのが現状です。

その理由としては、日本古来の宗教が神道であり、地方の習慣や迷信には神道が強く結びついている為だと考えられています。

日本では過去に「神仏習合」という神祇信仰と仏教信仰を一つの信仰体系とした宗教現象が行われており、その結果、神道と仏教の境界があいまいになったとされています。

それによって、主な宗教が仏教となった現代の日本でも清めの塩が残っていると言われています。

 

【塩で清めるのはなぜ?】

日本では、古くから死という現象は悪いものを呼び寄せる力があると考えられてきました。

現代のように科学的に死や病気について解明されなかった時代では、病気は目に見えない悪い物=「穢れ」とされていました。

特に死は、腐敗によって生前の姿を変化させてしまう為、人々に忌み嫌われていました。

そんな中、貴重な食品である魚や野菜などを塩漬けすれば腐敗から逃れられる事から、塩は腐敗を妨げる魔除け的な不思議な力があると考えられるようになったと言われています。

さらに、殺菌効果や温度による性質の変化もほとんどない為、塩には死を遠ざけたり邪気を払ったりする力があると信じられるようになりました。

 

【清めの塩の使い方】

・玄関をまたぐ前に行う

清めの塩は、家に帰ってきてすぐ玄関をまたぐ前に行います。

玄関の内側で清めの塩を行う人もいますが、そうしてしまうと穢れが家の中に入ってしまうと考えられている為、注意が必要です。

家に帰ってすぐ、自宅の門に入る前・集合住宅であれば玄関に入る前に行いましょう。

・振りかける順番

足元に振りかけるだけで終えている人も多いと思いますが、清めの塩には振りかける順番が決まっています。

正しくは「胸→背中→足元」の順番で3か所に振りかけます。

ひとつかみくらいの少量をかけ、その後手で払うようにしていきましょう。

・家に家族がいる場合

家に家族がいる場合は、自宅の玄関に入る前に家族の人に外に出てきてもらい、胸と背中・足元に塩をかけてもらうようにしましょう。

・参列後すぐに帰宅しない場合

葬儀に参列した後、帰宅しないでそのまま職場や別の場所に向かう場合、葬儀会場を出た際に、足元にお清めの塩をまいて踏んでいきましょう。

 

【葬式で行われているお清め】

葬儀の際に行われているお清めは、清めの塩だけではなく食事もお清めの一つであると考えられています。

お通夜の後に通夜振る舞いを行いますが、これにはお清めの意味があります。

食事には生きる為の活力を得るという意味があり、葬儀で落ち込んだ気力を回復させたり、邪気を祓ったりする役割があるとされています。

また、通夜振る舞いで振る舞われるお酒には邪気を祓う力があると考えられており、お酒は神が作ったともいわれていることから、神聖な力があると考えられています。