家族に迷惑をかけない!生前整理について

近年では、終活という言葉をよく耳にするようになり、自分が亡くなった時の事について考える人が増えたように感じます。

自分の葬儀について決めておいたり、財産や持ち物についても元気なうちに身の回りを整理しておく事で、自分にもしもの事があった際に遺された家族の負担を減らす事が出来ます。

今回は、もしもの時に備えて行っておくと良い「生前整理」についてお話ししたいと思います。

【生前整理とは】

生前整理とは、財産関係の整理を含め、生前に身の回りの物を整理しておく事を言います。

近年では終活という言葉が広がったことから、その一環として行う人が増えています。

生前整理と聞くと高齢者が行うイメージがありますが、20代や30代といった若い世代で行う人も多くみられます。

老いる前に身辺の整理をする事を「老前整理」ともいい、誰しもが事故や災害によって急に命を落とす可能性が0ではない為、もしもの時に備えて身の回りを整えておくといった考えの人が増えています。

 

【生前整理の内容】

・断捨離

まずは普段の片づけと同様に、持っている物を必要なものと不要なものに分ける事から始めていきます。

ついつい「いつか使うかもしれない」と実用的ではない理由で処分を先に延ばしがちですが時には思い切って処分する事も大切です。

・思い出の品の整理

アルバム・賞状・文集など、思い出の品は数多いため分別の時に迷ってしまう物の代表です。

しかし全てを保管しておくことは難しいため、「段ボール2箱まで」というように基準を作り残しておくとよいでしょう。

大きすぎるものやかさばるものは写真に撮って残しておくという方法もおススメです。

・財産リストの作成

「財産目録」ともよばれるリストを作成しておくことで、家族間のトラブルを防ぎ、相続にかかる税金が必要かどうか分かやすくなります。

記載する財産はプラスもマイナスも含めて、お金に関わるものやお金に換える事ができるものです。

・遺言書の作成

誰にどの財産を相続させるのかを明確にする事で後のトラブルを防ぐことが出来ます。

遺言書は定められた形式でないと法的効力を持たないので注意が必要です。

 

【生前整理を行うメリット】

・家族・親族の遺品整理の負担を軽減できる

遺品が多ければ多いほど遺品整理の手間は多くなり、遺された家族の負担は大きくなります。

家族の事を思うのであれば、遺品は最低限しか遺さない方が良いといった考えの人が増えています。

更に、故人が一人暮らしで賃貸で住んでいたという場合は、契約の関係上早急に遺品を整理しなければならないといったケースもみられ慌ただしく遺品を整理したといった人も多くみられます。

・相続関係などのトラブルを回避

生前整理をしていなかっとことでトラブルに繋がりやすいものが相続関係です。

特に土地や有価証券などの財産の権利書などの所在が明らかになっていないと相続トラブルに繋がってしまう可能性があります。

家族の事を思って遺した財産のはずが、家族の仲を切り裂いてしまったというケースも実際に多く見られるため、トラブルになってしまう事のないように気を配っておくと安心です。

・もしもの時に備える事が出来る

生前整理によって身の回りを整えておくことは、遺品整理や相続だけでなく突然の病気や事故で入院しなければならなくなった時や、認知症などで施設に入居することになった時にも、事前に整理されていれば自分自身も周りの人も慌てずに対処する事が出来ます。

家の中に不要なものが多いと、代わりに手続きを行ってくれる人が必要なものを探しだせず困ってしまいますが、もしもの時に備えて分かりやすく準備しておくとスムーズに手続きを進める事が出来ます。

もしもの時に備え、日頃から身の回りの整理を行っておくことも大切です。