焼香の意味と作法について

通夜や葬儀、告別式では焼香(しょうこう)が行われます。実際に行ったことがある方も多いと思いますが、意味や作法についてご存知でしょうか。今回は焼香についてご紹介します。

 【焼香の由来】

通夜や葬儀、告別式の際に、仏前で頭を下げた後に抹香(まっこう)をつまんで香炉に落とし、香りを広げて拝む儀式のことです。抹香とは枕飾りにも用いられるシキミの葉や皮などを粉末にしたお香です。お香を焚くこと自体は、仏教成立以前のインドで既に習慣として行われていたといわれています。死体の匂いが生じやすい為、お香を焚いて消して清めることが目的と言われています。それが中国、日本に伝わり、法要儀式の中で仏様やご先祖を供養して清めるという儀式へ伝わったとされています。

焼香とは

焼香は、香りを立たせることを目的としており、その香りには「自分の汚れを払って身体を清める」「故人への弔い」「仏様への敬意」という意味があります。

 

【焼香の種類と作法】

焼香には、3種類の方法があります。

立礼焼香

将棋会場など椅子席の式場の場合に多く行われる形式です。喪主や遺族の後に、参列者が焼香します。手順は

  • 祭壇の手前で、遺族と僧侶に一礼する
  • 故人に合掌して一礼する
  • 焼香台へ進み、数珠を左手で持ち、右手の親指、人差し指、中指で抹香を摘んで額の高さへ。その後、香炉に抹香を落として合掌する
  • 一歩下がり遺族へ一礼、席に戻る

座礼焼香

和室などの自宅や寺院での葬儀では座礼の焼香が行われます。手順は立礼焼香を同様ですが、移動する場合には腰を落として、立ち上がらず、正座で焼香します。この移動方法を「膝行・膝退(しっこう・しったい)」といいます。親指のみ立て、他の指を握り、両腕を身体の両脇より少し前に置いて、身体を持ち上げるようにしながら、ひざを前に出して移動します。

回し焼香

座ったまま焼香炉を隣の人へ順に渡しながら行う焼香の方法です。お盆に乗せた香炉と抹香を回します。参列者が多く会場に人があふれる場合に用いられます。手順は

  • 香炉が回ってきたら、前の順の方へ会釈し自分の前に置く
  • 故人へ合掌する
  • 数珠を左手で持ち、右手の親指、人差し指、中指で抹香を摘まむ
  • 頭を軽く下げ、抹香を摘まんだ手を額の高さにし、静かに香炉に落とす
  • 故人へ合掌する
  • 両手で次の方へ香炉を回す

 

【焼香の回数】

焼香に対する考え方は宗派によって異なります。そのため、回数も異なるので、葬儀に参列する際は回数を確認しましょう。

  • 真言宗:押しいただき3回。三業を清めて三宝に捧げるという意味合いがある。
  • 浄土宗:押しただき1~2回。
  • 浄土真宗本願寺派:押しいただかずに1回。香をお供えするという意味で1回。
  • 浄土真宗大谷派:押しいただかずに2回。仏様へのお供えと薫習するという意味がある。
  • 天台宗:特に決まり無し
  • 臨済宗:押しいただく、いただかない定めなく1回。
  • 曹洞宗:2回。最初の焼香を故人の冥福を祈る意味で主香、2回目は、主香が消えないように香を加える意味で従香という。
  • 日蓮宗:押し頂き1回、又は3回

このように、宗派によって意味合いや回数が違うので、故人様やご遺族に失礼の無いようにしましょう。ポイントは、「回数」と「押しいただくかどうか」です。分からない場合は葬儀社へ確認すると安心です。

尚、焼香は、喪主、遺族、親族、一般弔問客の順で行います。社葬の場合は、葬儀院長が喪主より前に焼香を行い、人数が非常に多くなるため指名焼香として、特定の方に焼香をしてもらうケースもあります。

仏教以外の焼香

焼香、お香は主に仏教の文化ですが、他の宗教でもまれに使われることがあります。

例えば、キリスト教のカトリックの葬儀では、お香の振りまく「散香」という儀式が行われることがあります。「散水」とよばれる聖水を使う儀式と同様です。

また、キリスト教では、焼香の代わりに「献花」があります。祭壇にお花を捧げる儀式で、カトリック、プロテスタントの葬儀でも見られます。尚、神式の場合、お香はたきません。

 

【焼香の事前準備】

スムーズに焼香できるように事前準備を紹介します。

まず、香炉は、火をつけた抹香を直接入れるのではなく、灰を入れておきます。長く同じ香炉を使っていると、炭が固くなることも有るため、その際は新しい物に取り換えましょう。

次に、香炉の位置を整えます。香炉には前と後ろの向きがあり、足が三本の場合は1本の足が前に来るように置きます。また、紋が入っている場合は、紋を正面に向けておきます。

そして、抹香は、葬儀が始まる前に焚いて香りを立ち上がらせておきましょう。

 

焼香は象ぎの中でも、大切な意味合いをもち、且つ、経験する機会もある儀式のひとつです。構えすぎる必要はないですが、事前に意味や作法を知っておくことで、故人様やご遺族の方に誠実な対応ができます。故人様や仏様に心込めて、丁寧な焼香を心がけましょう。