分骨の手順について

遺骨を分けて別々の場所で管理し供養することを分骨(ぶんこつ)と言いますが、近年生活スタイルの変化から分骨を選択する人が増えていることをご存じでしょうか?

分骨という言葉は聞いたことあるけれど、どのような手順で進め供養していくのか知らないという人も多いでしょう。

ここでは、分骨の手順に加え、どのような場面で分骨を選択しているのかについてお話していきたいと思います。

【分骨の手順】

ここでは、「すでに埋葬されている遺骨」を新しい墓へ分骨する手順について説明していきます。

  1. 墓地の管理者に連絡をとり、証明書を発行してもらう。

分骨を行うには、まず現在の墓地の管理者に申請し、同意をもらったうえで「分骨証明書」という証書を発行してもらう必要があります。

場合によっては、遺骨の移し替え先の受け入れ証明をする証書の提出を求められることもあります。

 

  1. 墓石を動かして遺骨を取り出す

証明書を発行してもらったら、カロートと呼ばれる納骨棺を取り出します。

また、お墓から遺骨を取り出す際には、魂を抜くために行う閉眼供養を行う必要があるため、事前に菩提寺へ相談をしておきましょう。

 

  1. 分骨先の管理者に証明書を提出する

あらかじめ相談しておいた分骨先の管理者に、元の墓地から発行された証明書を提出しておきます。

事前に分骨が目的で納骨する旨を伝えておくとスムーズです。

 

  1. 新しい墓地に納骨する

分骨先の管理者に証明書を提出することで、遺骨を埋葬することが可能となります。

その際に、骨壺を使用する場合は自分で用意する必要があるので注意しましょう。

 

【分骨が行われる場面】

分骨を検討される理由は様々ですが、状況によって分骨の方法も異なります。

 

・すでに埋葬されている遺骨を分骨する

現在の住まいからご先祖様のお墓までが遠く、なかなかお参りが出来ないといった理由から、近くに新しい墓を建てて供養していくために分骨をしたいという理由で分骨を選択する場合が多くみられます。

この場合、現在の墓地の管理者への相談・手続きなどが必要となります。

 

・まだ埋葬されていない遺骨を分骨する

このケースでは、親族間でそれぞれが構えるお墓へ埋葬する場合や、手元供養でご遺骨を身近において供養することを希望している場合に分骨を選択する人が多く見られます。

埋葬前の分骨は埋葬後と異なり容易に行うことが可能です。

葬儀担当者へ分骨を希望する旨を伝えておくことで、火葬後のお骨上げの際に、いくつかの骨壺にわけることが可能です。

 

【注意すること】

分骨はご自身の一存だけで行うことは出来ない為、いくつか注意しなければならない事があります。

遺骨には所有者が決められており、その所有者の承認がなければ分骨を行うことが出来ません。

所有者は「祭祀を主催する生存者」であり、墓地の管理者としてその名前が提出されているので、事前にきちんと確認しておくと安心です。

 

・親族からの了承を十分に得る

分骨は故人の遺骨と取り扱うこととなるため、慎重に進めていく必要があります。

そのため、分骨を行う際には親族の了承を得たうえで行うことが重要となります。

中には、分骨をすることで「霊魂が分裂して成仏できなくなってしまう」という考えをもつ方もいるため慎重に進めていきましょう。

実際には、遺骨の一部を本山に納骨し、残りを家の墓に納骨することが昔は一般的であったことから、宗教的には問題ないと言えますが、デリケートな問題となるためお互いの意見を尊重することが大切でしょう。

 

・本山分骨をすると遺骨は返還されない

本山へ分骨する場合には、そのほとんどが合祀(ごうし)と呼ばれる方法で供養されることとなります。

合祀とは、多くの方の遺骨を一か所にまとめて納める供養方法となるため、実施後には遺骨を個別に取り出すことが出来なくなるため注意が必要です。

遺骨のすべてを本山へ納めずに、一部を手元に残しておくことも可能なので検討しておくと良いでしょう。