「ご冥福をお祈りいたします」の意味と使い方

葬儀の場でよく耳にする「ご冥福をお祈りいたします」という言葉ですが、その意味や使い方をご存じでしょうか?

故人へのお悔やみを表す言葉ですが、使い方を間違ってしまうと失礼にあたってしまうため注意が必要です。

いざという時に正しくこの言葉を使用できるよう、「ご冥福をお祈りいたします」の意味や使い方についてお話ししていきたいと思います。

【「ご冥福をお祈りいたします」の意味・使い方】

「ご冥福をお祈りいたします」という言葉は、お悔やみの言葉のひとつで葬儀の場などでよく使われます。

「冥」には深くて暗いといった意味があり、死後の世界を表していると言われています。

「福」は幸せを意味しており、「ご冥福をお祈りいたします」という言葉には「死後の幸せをお祈りします」という意味があります。

故人に対する言葉なので、霊前や棺の前でいうのが正しい使い方とされており、ご遺族などに伝える際には「故人のご冥福をお祈りいたします」というように、言葉の前に「故人の」と付けて伝えます。

 

【お悔やみをメールで伝える場合】

近年では、通夜や葬儀に参列することが難しい場合、メールでお悔やみの言葉を伝える事も増えてきました。

そんな時にどう伝えるべきか悩んでしまう人も多いでしょう。

ここでは、送る相手の関係別に文例を紹介していきます。

〈友人〉

お母様のご逝去を知り、悲しい思いでいっぱいです。

お伺いできず、申し訳ありません。

周りの人を支えようと、頑張りすぎていないか心配です。

自分を大切に。

 

〈親戚〉

訃報に驚きを隠せずにいます。

葬儀などでお忙しいところにメールをしてしまい、申し訳ございません。

あまり無理をしないようにしてください。

私に手伝えることがあれば、何でもいってくださいね。

 

〈上司〉

急すぎて言葉もありません。

私に何か手伝えることがあればご指示ください。

ご返信は不要です。

 

○○様からの連絡でお母様のご逝去を知り、茫然としております。

ご実家が遠方とのことでお通夜とご葬儀に駆けつける事ができず、心苦しく存じております。

家族を支えようと頑張りすぎていないか心配です。

気を落とされず、お身体を大切にしてください。

お母様のご冥福をお祈りいたします。

 

〈取引先の担当者〉

このたびはお身内にご不幸があったと伺い、本当に驚いております。

謹んで哀悼の意を表します。

大変に時期だとは思いますが、無理されませんように。

○○の件は落ち着かれてからで問題ございません。

時間ができましたらご連絡ください。

 

【メールでお悔やみを伝える際に気を付ける事】

・短く簡潔にまとめる

ご遺族にお悔やみの言葉をメールで伝える際には、シンプルなメールを心掛けましょう。

ご遺族は葬儀の準備などで忙しいため、メールをゆっくり読む時間がほとんどない可能性があります。

長々とした文章は分かりにくく、内容を理解するのに手間をとらせてしまい返信に困ってしまうケースもあります。

メールの件名も一目見て分かりやすいものにするなどの配慮が望ましいでしょう。

堅苦しい時候の挨拶をはぶき、すぐに本題に入っても問題ありません。

 

・忌み言葉の使用はNG

お悔やみを伝える際に注意しなければならないのが「忌み言葉」です。

忌み言葉は、不吉な言葉や重ね言葉、生死にかかわる言葉があり、「消える」「苦しみ」などは不吉な言葉とされ、「再び」「ますます」などは重ね言葉となるので使用しないように気を付けましょう。

他にも、「死去」「死」といった言葉は生死にかかわる言葉となるため使用はNGです。

ご遺族に不快感を与えないためにも、忌み言葉を使用しないよう注意が必要です。

 

【ご冥福をお祈りしますに変わる他の言い方】

・ご愁傷様です

「愁傷」は嘆き悲しむことを表しており、「ご愁傷様です」という言葉を慰めや同情の気持ちを伝える際に使用されます。

 

・お悔やみ申し上げます

「お悔やみ」は亡くなったことに対する残念な気持ちを表しており、「お悔やみ申し上げます」は慰めの言葉として使用されます。