通夜・葬儀で飾られる枕花や供花について

祭壇の脇に飾られる花を何て言うのだろう?と思ったことはありませんか。

通夜や葬儀で飾られる花にはそれぞれ名前や意味があります。

故人の臨終から通夜の間に、故人の枕元を飾る花を“枕花(まくらばな)”と呼び、通夜で飾られる花の多くは“供花(きょうか)”と呼ばれています。

今回はそんな枕花や供花について、お話ししてみたいと思います。

枕花・供花、それぞれ意味や送り方

 

枕花

故人の臨終から通夜の間、故人の枕元を飾る花をそう呼びます。

親族や生前に故人と親しかった人だけが送ることができますが、それは故人の枕元に寄り添うという意味を持つと考えられていることからです。

 

訃報を聞いてから依頼をしますが、早すぎる手配は死期を待っていたかのようで失礼にあたります。

少し時間を置いてから依頼するように、配慮しましょう。

 

相場は、5,000円∼2万円です。

故人の枕元に飾る花になりますので、小さめのサイズで控えめな花を使います。

 

供花

通夜や告別式の際、祭壇の脇に供物などと一緒に飾る花をそう呼びます。

故人や遺族への弔意を表す意味がありますが、葬儀場を華やかに装飾する目的もあります。

送りたいと思った人が誰でも送って良いのですが、遺族が供花を断られている場合もあります。

事前に連絡をいれて、許可を得たら依頼しましょう。

また、供花を送るには、一般的に通夜の開始時刻の数時間前までに到着するように手配するのがマナーです。

 

相場は、一基あたり7,500円~1万5,000円です。

供花は、一つを“一基”といいますが、一基がついになっているものを“一対(いっつい)”といい、以前は、一対の供花を送るのが習わしでしたが、現代では葬儀の規模が縮小されていますので、それに伴って一基を送ることが一般的です。

また、アレンジメントや使う花や季節によって値段が異なります。

予算に合わせた供花や、祭壇にあった彩りになるよう、葬儀社または花屋に相談されると無難でしょう。

尚、後日、遺族は供花に対するお返しをしなくてはなりません。

その為豪華過ぎる供花は気を使わせてしまいますから、注意しましょう。

 

マナーとは

親しい人や親族が亡くなられた時に送る供花ですが、気を付けるべきポイントがあります、故人とお別れをする場で失礼に当たらないよう、しっかりと手順を把握しておきましょう。

 

注意すべきポイント

・手配時刻

枕花…故人の訃報を聞いてから依頼し、通夜までの間に飾れるように手配します。

供花…通夜が開始する3時間前までに間に合う様に依頼します。

 

・宗教別

信仰している宗教によって、葬儀に飾る花に決まりがあります、間違った花を送ることは失礼にあたりますから、事前に把握して手配しましょう、また遺族が特に宗教上のマナーを重んじてない場合には故人の好きだった花などを送っても構いません。

 

依頼する手順

1.遺族に許可を取る

最近は家族葬が多いので、その場合は供花を辞退される事も多いのです。

まずは遺族に連絡し、花を送ってもいいか許可を取りましょう。

臨終後、悲しみの中にいるご遺族に連絡をするのは気が引けるかと思いますが、許可を得ることは非常に重要です。

尚、その際に、斎場や葬儀社を聞くようにしましょう。

 

2・葬儀社へ連絡

葬儀社に連絡を取り、枕花・供花を依頼しましょう。

葬儀会場と提携していない花屋へ注文してしまった場合に受け付けされないこともありますので、気を付けましょう。

また、葬儀を取り仕切っている葬儀社へ連絡をすることで、会場の雰囲気に合う花や、飾るアレンジメントの大きさ、葬儀の宗教形式を教えて貰うこともできます。

 

3. 花屋へ連絡

葬儀社で教えて貰った情報から、花のの種類やサイズ、宗教などを伝え、予算や故人の好きだった花を加えて貰いたい等の自身の希望も伝えると、理想に近いアレンジメントに仕上がるでしょう。

注意すべきポイントにもあげましたが、供花は、通夜が開始する数時間前までに到着していないと、会場に飾るのに間に合いません、その時刻に間に合うかどうか必ず確認を取りましょう。

(一般的には、通夜の1日前から当日午前中までに注文をすれば、間に合うケースがほとんどです。)

 

まとめ

親交のあった方とのお別れは悲しいものですが、枕花は故人の冥福を祈って送るもので、供花は故人や遺族を慰めるものになります。

お花をおくることで故人への敬意を、感謝を伝えてみてはいかがでしょうか。ご参考なさってください。