祭壇にかかる費用や種類とは

葬儀費用のうち、大部分を占めているものに祭壇費用があります。

祭壇の費用は30~120万円と価格の幅が広いのですが、祭壇費用には祭壇レンタル費用・人件費・諸経費などが含まれています。

気になる祭壇費用の内容や種類はどんなものがあるのか、ご紹介していきたいと思います。

祭壇の種類や費用

宗教などにより、大きく分けて6種類の祭壇があり、同じ種類でも大きさやランクによって料金が異なります。

 

白木祭壇

一般的な仏式の葬儀で使用される祭壇です。

白木とは、樹皮を剥いで塗装などの表面処理をしていない状態の木をさし、風格とぬくもりを感じさせる素材で、日本の伝統的な祭壇と言えるでしょう。

葬儀場の備品として常備されていることが多く、利用する場合はレンタル料金を支払う形になります。

袖部分などの仕様を変更することができたり、様々な宗教宗派、地域性に対応できることも容易です。

参考費用は、10~120万円となり、祭壇の規模が大きいほど費用は高くなります。

 

 神式祭壇

神道式の葬儀で使われる祭壇です。

素材には白木を使用することが多く、祭壇には三種の神器と呼ばれる鏡、刀、勾玉を飾り、神饌と呼ばれるお供え物を並べる特徴があります。

参考費用は約30万円から、規模の大きさと費用は比例します。

 

キリスト教式祭壇

キリスト教の葬儀で使用され、式場だけでなく、教会でも葬儀が執り行われます。

式場でキリスト教式の葬儀を行う場合には、十字架を掲げ、燭台のろうそくに火を灯し、生花で飾りつけを行います。

参考費用は約30万円からですが、教会を使用すると費用は抑えられるでしょう。

 

生花祭壇

花祭壇なので、宗教宗派に関係なく使用可能です。

以前は、菊の花がメインの祭壇が主流でしたが、最近では故人が好んでいた花を用いたり、様々な種類の花を使用することが多く自由にデザインする方も増えていて、一般葬や家族葬でも人気が高まっています。

著名人の葬儀のような豪華で大きな祭壇をイメージされたり、生花で作ると費用が高額になるかもと心配されるかと思いますが、花の種類や飾り方によって費用を抑えることができます。

ただし、生花ですので季節や天候により仕入れが変わり、費用も上下しますので注意が必要です。

参考費用は約30万円から。

 

造花祭壇

生花祭壇と同様に宗教宗派に関係なく使用可能です。

生花ではない造花を飾った祭壇なので、季節などに左右されずに花を選び飾れ、自由度の高い祭壇を作れます、生花と組み合わせて作ることも可能です。生花のみの祭壇よりか費用を抑えられます。

参考費用は約20万円から。

 

オーダーメイド祭壇

宗教宗派は関係なく、形式的なデザインがないため、小規模なお葬式に合わせてサイズ変更も可能なため、家族葬にも適しています。

また、オーダーメイドをすることで自由にデザインでき、故人を想う華やかな祭壇にできたりとアレンジが自在です。

参考費用は数万円~数十万円です、自由度が高い分、費用も高くなる傾向があるので、予算を考慮して依頼しましょう。

 

その他かかる費用とは

 

・ 棺‥基本的には木製ですが、種類も豊富で、桐等の天然木材製、合板製、布場りや組立式など、使う木材によって料金が異なります。

一般的には合板製の棺が最も多く3~15万円、天然木材ですと100万円以上する事もあります。

 

・安置料‥ご遺体を適切な場所に保管し、葬儀・火葬を実施するまでの間、安置します。

葬儀場などの施設で安置する場合は、1日1,000円〜2万円となりますが、利用施設により変わります、また自宅で安置する場合には、ドライアイス代が1日約1万円ほどかかります。

 

・骨壷・骨箱‥遺骨を入れる壺を骨壺といい、それを入れる箱を骨箱と呼びますが、お墓に納骨するまでの間は自宅で保管します。

価格は各々1~5万円が相場ですが、大きさや材質によって異なります。

 

・ 枕飾り壇‥通夜までの間に、簡易的な礼拝のため設置される祭壇で、仏式の葬儀の場合には香炉や仏具が含まれることもあるため、他の宗教より費用がかさみます。

価格は1~3万円が相場になりますが、キリスト教など宗教により様式や金額も変わります。

 

・ 遺影‥故人が生前に撮影したスナップ写真などから選び、額縁などにいれて遺影写真として飾りますが、葬儀社に加工をお願いすることが多いです。

最近では終活の一環として、生前に写真館などで撮影し、自身で選んでおかれる方も増えています。

価格は、加工代や額代で2~3万円が相場です。

 

・ 位牌‥故人の戒名や没年月日が記された木の札を位牌といい、四十九日法要までに用意し、開眼法要で魂を入れ仏壇へ安置します。

位牌にも数種類あり、費用も安い物ですと1,000円~ありますが、長期間使用しますので質の良いものを選びましょう。

価格は、戒名の彫刻料金も含めて2万円程度が相場です。

 

まとめ

祭壇費用には祭壇だけでなく様々な費用が含まれていることがわかりました、どうしても悲しみの場になってしまう葬儀ですが、故人の最後の儀式で使う祭壇が素敵なものであれば、葬儀の雰囲気を癒してくれるのではないでしょうか。