終活は何から始めるのか

いざ終活をと思い立ち考え始めると、子供たちに迷惑を掛けたくないけど何をすべきか?身辺整理はどこからすれば良いのか?

など次々と悩みや不安が出てくるかと思います。

終活として、やらねばならない事が思いの外沢山あることに気づかされるでしょう。

そこで、今回は、終活を思い立った時に何から始めたら良いのかという事に焦点を絞って説明していきたいと思います。

リスト作り

まず始めに、やるべきことを知り、具体的に何をするのかリストを作りましょう。

1.個人情報の整理

遺族に自分の資産を明記し、しっかりと渡す事ができるよう、個人情報はしっかり整理する必要があります。

第三者への情報漏洩を防がなくてはなりません、スマートフォンには今や多くの個人情報が詰まっています、パソコンなどの電子機器について、使用していないものがあれば早めに処分をするようにしましょう。

また、銀行口座、クレジットカード情報、生命保険など各種保険、株をしている方は取引情報も含まれますので電子機器に残っている暗証番号などの情報を削除もしくは整理しておきましょう。

2.不用品の整理

整理をせずに亡くなった場合に、遺族が代わって片付けなければならず大きな負担となります。

不用品は早めに整理し、処分しておきましょう。

廃棄することが勿体ないと感じたら、リサイクルショップに持ち込んだり友人に譲るなどとし、大きな物は自治体に不燃ゴミとして出すことや、不用品回収業者に引き取りを依頼することもできます。

3.自分の葬儀、お墓について考える

自分が亡くなった後に行われる葬儀について、どんな希望があるのか考えを定めて、希望があれば家族に伝えておきましょう。

お墓に対しても同様です、先祖代々のお墓に入りたくない、散骨して欲しいなどの希望を、死の直前に聞かされても遺族は困惑するばかりです、禍根を残さないよう、家族としっかりと相談をしておきましょう。

4.相続をどうすべきか考え、準備をする

残された家族が遺産で揉めてしまう事は辛いですよね、しっかりと準備をしておきましょう。

まず自分の財産を把握して、遺産相続の配分を決めたら、遺言書を作りますしょう。

遺言書には、自筆証書遺言・公正証書遺言・秘密証書遺言の三種類ありますので、後に遺族間トラブルに発展させないよう、法的効力のある遺言書の作成をしましょう。

また、その他に、公証人を利用して遺志を残すことも可能です。

5.エンディングノートへ記入する

今や終活のひとつとして、エンディングノートは書店や文具店で様々な書式のものが売られています、普通のノートでも構いませんが、自分に合ったものを選び購入することもお勧めです。

エンディングノートは遺言書の様な法的効力はもちませんが、書くことで自分の人生を振り返ることや、家族に伝えておきたいことが見えてきます、遺族もそれを後にみて考えを知ることができて安心するというツールにもなります。

基本的なものとして以下を記入すると良いでしょう。

・氏名、生年月日、住所、血液型、本籍地、電話番号などの個人情報

・葬儀やお墓に対する考え、遺影として使用して欲しい写真など、亡くなった後の希望

・遺言の有無、遺言書の種類、作成日、保管場所、遺言執行人氏名と連絡先

・預貯金について銀行、支店名、口座番号(ノートの紛失に備え暗証番号は記載しない)

残された家族の為にも是非エンディングノートを作りましょう。

終活で考えておくと良いこと

人の人生には、いつ終わりが来るのか誰にもわかりません、終活は3段階にわけて考えると整理しやすくなります。

・生前の自分…生きている限り、残りの時間をどう過ごすのか

・終末期医療…死期が迫った時に緩和医療に切り替えるのか、延命治療を続けるのかを決める。

・認知症になった時…認知症で判断力が衰えた人を法的にサポートする制度、成年後見制度などにつて、利用方法を調べておく。

・一人暮らし…孤独死の危険を軽減する為にも、役所や周囲へ一人暮らしであることを知らせ、緊急ブザーの設置や、食事や介護の訪問サービスを利用しましょう。

 

亡くなった時の自分

・葬儀と墓について…希望や予算を踏まえた上で、自分に合った葬儀を選んでおくこと、墓に関しても先祖代々のお墓に入るのか、一般墓地や永代供養墓といった選択肢から考えておきましょう。

 

亡くなった後の自分

・終活リストに書いたような遺品整理や遺産相続など、トラブルに発展させないよう生前にしっかりと準備しましょう。

 

まとめ

平均年齢が高まっている昨今ですが、終活は事の外、体力がいるものです。

年を取り体が動かなくなったり、いつのまにか認知症にかかり物事の判断ができなくなるという事が十分に起こりえますから、からだが健康なうちに少しずつ取りかかれば、有意義に進められるでしょう。

まずは不用品の整理から少しずつ始めてみてはいかがでしょうか。