霊柩車について

告別式が終わると、柩は霊柩車(れいきゅうしゃ)に乗せられ、遺族に見送られながら火葬場まで搬送されます。

霊柩車といえば、黒塗りの車に豪華な飾り付けをされた車をイメージされる方が多いと思いますが、以前はよく見かけていたこの霊柩車も、近頃はほとんど見かけることがありません。

今回は、霊柩車について、霊柩車の種類や寝台車との違い、手配方法などについて解説します。

霊柩車とは

ご遺体を葬儀場から火葬場まで運ぶための専用車両を霊柩車と呼びます。

車体後部には棺を固定するレールやストッパーが装備されています。

霊柩車には数種類ありますが、霊柩車と聞いてまず思い浮かべるのは“宮型霊柩車”かと思います。

花鳥など豪華な彫刻や箔が施され、唐破風の屋根を載せたお宮が車体の後方に搭載されているタイプの霊柩車です。

かつて土葬が主流であった時代に、ご遺体を納めた輿が宮型霊柩車の原型とも言われていまますが、故人の搬送するものが輿から車両に変わってもその文化は継承されたようです。

霊柩車と寝台車との違い

霊柩車と似ている車両として、寝台車があります、どちらも遺体を運ぶための専用車両ですが、違うのは搬送ルートです。

霊柩車は葬儀場から火葬場へ搬送しますが、寝台車は病院などの故人がお亡くなりになった場所から葬儀場やご自宅など、安置場所へと搬送します。

言い換えれば、葬儀前に使用するのが寝台車、通夜や告別式の後には霊柩車をということになります。

 

寝台車の装備は、寝たまま運べるようにストレッチャーや担架を固定するものが備えつけられ、(棺の搬送も可能な寝台車もあります)、霊柩車の装備は、棺を固定するものが備わっています。

 

見た目の違いは、宮型霊柩車であればひと目で霊柩車だと分かりますが、シンプルな見た目の車、特にバン型の場合、一見しただけでは霊柩車だと見分けがつかないものが多いです。

他にはリムジンなどの洋型や大人数の参列者を一緒に乗せられるバス型があります。

近年の霊柩車事情

霊柩車のうち、特に一目で霊柩車だと分かる仕様の宮型霊柩車を道端で見かけなくなってきています。

きらびやかな金細工を施された宮型霊柩車を見かければ、直ぐに棺を乗せている車だと分かり、容易に死を連想できるので、火葬場近隣の住民の方は、霊柩車を見かける度に死を連想しなくてはならず、苦情も増えており、とりわけ目立つ宮型霊柩車の使用を禁じる自治体も少なくないのです。

そのような規制もあって宮型霊柩車の減少につながっています。

また以前は、葬儀は自宅を会場にして、親族や近隣住民の方で協力して行うのが基本で、葬儀が終われば自宅から霊柩車で火葬場まで霊柩車で搬送される流れでした。

しかし近年では、葬儀が葬儀社主導のもと葬儀場で行われる事が一般的となっています。

中でも昨今、火葬場併設の斎場もあり、こちらは敷地内に火葬場が併設されているため、棺の搬送に霊柩車を必要としません。

斎場としての利便性が追求されているとともに、少子高齢化社会では、地域住民の付き合い方も様変わりし、葬儀規模が縮小されるのに伴い、豪華な宮型霊柩車を使用することが仰々しくみえてしまい、霊柩車の出番も減っているという現状です。

また、現在の霊柩車は、一般車と見た目が変わらない様なバンタイプの霊柩車が人気です。

そのため霊柩車を見かけなくなったように感じられるという事もあるでしょう。

霊柩車の手配

葬儀社が霊柩車の運行業者と提携していることが多いので、葬儀社を介して手配するのが一般的になっています。

打ち合わせの際に、いくつかのタイプの霊柩車をカタログなどで見て、利用料金も考慮して選んでいきます。

提示されているプラン料金に霊柩車費用が含まれているケースがほとんどです。

追加料金が発生するのは、例えば依頼主の都合で出発時間が遅延した場合や、深夜早朝の時間指定をする場合、有料道路を利用する場合などに発生します。

まとめ

時代とともに変わる霊柩車ですが、火葬場まで故人を送るという役割に変わりはないのです。

よくご家族と相談し、希望を葬儀社へお伝えするようにされてはいかがでしょう。

 

葬儀場と火葬場の事情

都市部で混み合う葬儀場と火葬場

葬儀場や火葬場の数と人口とのバランスで、人口の集中する都市部では、現代ではどうしても葬儀場や火葬場が混み合う状況にあります。「日本の人口自体は減少しているのに、なぜ?」と思われる方も多いかもしれませんが、人口に占める高齢者の割合が増加しているので年間の死亡者数は増加している現状があります。都市部でも人口に占める割合が増えている高齢者の死亡が、葬儀場や火葬場の混み合う原因となっています。高齢者の割合の増加した理由として、かつてから継続的に言われている「戦後の日本人の平均寿命の伸び」もありますが、ひとつには人口の多い「団塊の世代」が高齢者の年齢になったこともあります。

火葬場が足りない

葬儀の後、速やかに火葬できなければいけないので、葬儀の日取り決めには、火葬場の予約を押えてからという手順もあります。火葬場には、休館日があるので、それ以外の日になります。休館日というのは、暦で「友引の日」やお正月の三が日です。また、法律上の問題で、死亡して24時間以上経過しないと火葬できないというきまりがあるので、そのきまりに則って火葬場の予約をして、その時間に間に合うように葬儀を行えるよう空いている葬儀場を予約することで、葬儀・告別式・火葬が行えるのです。一連のこういった手配・手続きを遺族が行うには、精神的な負担も大きいため、ほとんどの人が、葬儀社に依頼して代わりにやってもらっています。葬儀社の方では、なるべくスムーズに葬儀と火葬が行えるよう尽力していますが、昨今の特に都市部での火葬場の混雑状況次第では、必ずしも亡くなって待機日時なくスムーズに葬儀・火葬が行えるとも限らない状況にあります。

火葬場には公営と民営がある

火葬場には、公営のものと民営のものがあります。当然、費用の安くて済む公営の火葬場は都市部では常に混雑状況にあるということで、最近では、民間の火葬場も多く利用されていますが、公営と民営の火葬場の価格差は大きいので、経済的に火葬予算が高いと困るという遺族は、公営の火葬場の空きを待たざるを得ません。公営の火葬場を増やして欲しいという要望もありますが、土地の限られている都市部では特にそれだけの面積のとれる場所もなく、また住宅地に隣接している場所では、火葬場の新設に対する住民の反対抗議運動が必ずと言っていいほど起きるので、なかなか新設にはこぎつけません。葬儀施設だけであれば、住民も必要としている為、新設もされていますが、火葬場のイメージは、どうしても「遺体を燃やす場所」と言うイメージがあるので、「自分の住まいの近くにだけは新設されるのは嫌」という身勝手な発想になってしまうのです。自分の火葬は、近くて安い場所でしてもらいたいけど、知らない誰かの火葬はどこか離れた土地でやってほしいという考えです。そのため、火葬場の新設も困難で、火葬場の予約が取れないから葬儀日程が組めない、遺体の安置日数がかかるなどの事情が発生し、いわゆる葬儀難民となってしまうご遺体とご遺族がいらっしゃる事柄も昨今増えています。

ご遺体の安置について

葬儀場での遺体の安置は、通夜から葬儀までの一時的な安置を引き受ける場合がほとんどで、火葬場の予約が一週間以上も先の場合は、それまで葬儀場で安置するのは不可能です。次から次へと葬儀をこなしていかなければならない為、安置しておく場所も確保できません。そのため、行き場をなくしたご遺体は自宅での安置となりますが、夏場など、遺体の変化に対する不安や衛生的な問題も心配なため、あまり遺体処理に不安のある夏場などは特に自宅安置は不向きと言えます。そんな中、火葬場の予約が一週間も先だという方向けに、ご遺体を安置して預かってくれるいわゆる「遺体ホテル」なるものもごく限られた都市部でですが出現しています。然るべき処置をご遺体に施してくれて、しかるべく冷却をし続けてご遺体をきれいな状態で安置してくれるホテルがあるようです。

遺族の不安と負担を減らしてくれる葬儀社

このような火葬場の予約から葬儀場の予約・葬儀までの間のご遺体の安置等を、なるべく安く公営の斎場・火葬場で行いたいという遺族も多いのですが、ご遺体のことを思うのであれば、なるべくスムーズに葬儀・火葬をとりおこなってあげたいという遺族もいます。悲しみの中でなかなか自身で手配などできないという遺族も多いことから、これらの一連の手配・手続きをおこなってくれるのが葬儀社です。経済的に全く無理という遺族でなければ、また、故人が何らかの形で、葬儀社の友の会等に加入していれば、頼ってみるのが安心だと言えるでしょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704