墓地と霊園の違い

故人の眠る場所として、大きく分けて墓地と霊園とがあります。

少子化と核家族化が進んでしまっている現代の日本では、なかなか遠く離れたお墓の管理も困難になってきています。生前に入る墓地が決まっている場合を除いて、どちらを選ぶのか、どのような運営形態の場所を選ぶのか、遺族にとっては迷うところです。

墓地と霊園、公営と民営によっても、それぞれのメリット・デメリットがあります。「故人の思い」等があれば、エンディングノートや遺言書等で確認するとともに、墓地や霊園について何も希望が記載されていなければ、今後の管理や法要等良く調べて遺族の生活にマッチした所を選びたいですよね。

 

寺院の境内地にある墓地

 

一般的に寺院の境内地にある墓地は、そのお寺の檀家になる必要があり、墓地を購入するとともに檀家になって寺院の運営を支える支援者にならなければなりません。

檀家になるということは、檀家としてのつとめが生じます。お寺の行事への酸化やお寺の修繕費の負担をしたり寄付をしたりというお寺に対する経済的支援をすることになります。

これを檀家制度と呼んで古くから日本に根付いている制度です。また、年忌法要の際にも、寺院と墓地が1カ所にまとまっているため、移動時間が生じないため遠方からでも集まりやすいという利点もあります。そして、何より手厚い供養をしてもらえるという安心があります。故人が信心深い人であったなら寺院墓地は何より心の安らぐ場所かもしれません。

 

寺院に属さない霊園

 

霊園には宗教や宗派不問のところが多く、国籍の制約もなく、お寺のような檀家制度は勿論ありません。そのため、法事の祭には僧侶や神職への読経・祭詞の奏上等の依頼等、自分で行う必要があります。

 

公営の霊園

 

宗教・宗派に関係なく国籍の制約もなく入ることができますが、永代使用料や管理費が安いため、人気が高く、応募多数で抽選になる場合が多いです。

 

民営の霊園

民間霊園は民間企業が運営しているため、利用者が使い易いように、立地も交通アクセスの良いところに設置されています。

管理事務所があり、参拝者の駐車場が完備していて、綺麗なトイレや法要施設や会食会場等の施設も備えたところもあります。

駅から近く、バスの無料送迎があったり、生前墓も購入でき、サービスが行き届いていたりするので、年々民間霊園の人気が高まってきています。

ただ、デメリットとしては、民間霊園でお墓を建てる場合は、石材業者が決まっていてその指定石材業者でしかお墓がた建てられないというところもあります。

若干の費用の負担があまり気にならないのであれば、空き区画が常時募集されている郊外の景観の綺麗な民間霊園もあるので選択肢のひとつとして考えても良いかも知れませんね。

 

遺族の供養のしやすさも大事

 

故人の生前のパーソナリティにも大きく影響を受ける葬儀や墓地・霊園ですが、故人が強いこだわりがあって生前から決めていたという場合を除いて、ある程度は遺族のこれからの管理のしやすさ等を主眼とした選び方をしても良いのではないでしょうか。

無理のある選び方をして、結局何年も足を運べず、管理ができずに荒れ放題になってしまっているというよりは、供養のしやすい利便性を重視した選び方もおすすめです。

車で行くことができるうちは郊外の山の中でも良いのですが、遺族自身も歳をとり、車を運転しなくなった時にでも、不便を感じないで利用できるのは、駅近で無料送迎バスがでているようなところではないでしょうか。また、もっと歳老いて、車椅子に乗って移動するようになった場合、介護タクシーでも行ける場所を選んでおくと無理がありません。遺族の交通アクセスや管理のしやすさ、集まりやすさ等を重視して墓地・霊園選びをして、負担が少なく法要できれば、故人も喜んでくれるでしょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

葬儀場と火葬場の事情

都市部で混み合う葬儀場と火葬場

葬儀場や火葬場の数と人口とのバランスで、人口の集中する都市部では、現代ではどうしても葬儀場や火葬場が混み合う状況にあります。「日本の人口自体は減少しているのに、なぜ?」と思われる方も多いかもしれませんが、人口に占める高齢者の割合が増加しているので年間の死亡者数は増加している現状があります。都市部でも人口に占める割合が増えている高齢者の死亡が、葬儀場や火葬場の混み合う原因となっています。高齢者の割合の増加した理由として、かつてから継続的に言われている「戦後の日本人の平均寿命の伸び」もありますが、ひとつには人口の多い「団塊の世代」が高齢者の年齢になったこともあります。

火葬場が足りない

葬儀の後、速やかに火葬できなければいけないので、葬儀の日取り決めには、火葬場の予約を押えてからという手順もあります。火葬場には、休館日があるので、それ以外の日になります。休館日というのは、暦で「友引の日」やお正月の三が日です。また、法律上の問題で、死亡して24時間以上経過しないと火葬できないというきまりがあるので、そのきまりに則って火葬場の予約をして、その時間に間に合うように葬儀を行えるよう空いている葬儀場を予約することで、葬儀・告別式・火葬が行えるのです。一連のこういった手配・手続きを遺族が行うには、精神的な負担も大きいため、ほとんどの人が、葬儀社に依頼して代わりにやってもらっています。葬儀社の方では、なるべくスムーズに葬儀と火葬が行えるよう尽力していますが、昨今の特に都市部での火葬場の混雑状況次第では、必ずしも亡くなって待機日時なくスムーズに葬儀・火葬が行えるとも限らない状況にあります。

火葬場には公営と民営がある

火葬場には、公営のものと民営のものがあります。当然、費用の安くて済む公営の火葬場は都市部では常に混雑状況にあるということで、最近では、民間の火葬場も多く利用されていますが、公営と民営の火葬場の価格差は大きいので、経済的に火葬予算が高いと困るという遺族は、公営の火葬場の空きを待たざるを得ません。公営の火葬場を増やして欲しいという要望もありますが、土地の限られている都市部では特にそれだけの面積のとれる場所もなく、また住宅地に隣接している場所では、火葬場の新設に対する住民の反対抗議運動が必ずと言っていいほど起きるので、なかなか新設にはこぎつけません。葬儀施設だけであれば、住民も必要としている為、新設もされていますが、火葬場のイメージは、どうしても「遺体を燃やす場所」と言うイメージがあるので、「自分の住まいの近くにだけは新設されるのは嫌」という身勝手な発想になってしまうのです。自分の火葬は、近くて安い場所でしてもらいたいけど、知らない誰かの火葬はどこか離れた土地でやってほしいという考えです。そのため、火葬場の新設も困難で、火葬場の予約が取れないから葬儀日程が組めない、遺体の安置日数がかかるなどの事情が発生し、いわゆる葬儀難民となってしまうご遺体とご遺族がいらっしゃる事柄も昨今増えています。

ご遺体の安置について

葬儀場での遺体の安置は、通夜から葬儀までの一時的な安置を引き受ける場合がほとんどで、火葬場の予約が一週間以上も先の場合は、それまで葬儀場で安置するのは不可能です。次から次へと葬儀をこなしていかなければならない為、安置しておく場所も確保できません。そのため、行き場をなくしたご遺体は自宅での安置となりますが、夏場など、遺体の変化に対する不安や衛生的な問題も心配なため、あまり遺体処理に不安のある夏場などは特に自宅安置は不向きと言えます。そんな中、火葬場の予約が一週間も先だという方向けに、ご遺体を安置して預かってくれるいわゆる「遺体ホテル」なるものもごく限られた都市部でですが出現しています。然るべき処置をご遺体に施してくれて、しかるべく冷却をし続けてご遺体をきれいな状態で安置してくれるホテルがあるようです。

遺族の不安と負担を減らしてくれる葬儀社

このような火葬場の予約から葬儀場の予約・葬儀までの間のご遺体の安置等を、なるべく安く公営の斎場・火葬場で行いたいという遺族も多いのですが、ご遺体のことを思うのであれば、なるべくスムーズに葬儀・火葬をとりおこなってあげたいという遺族もいます。悲しみの中でなかなか自身で手配などできないという遺族も多いことから、これらの一連の手配・手続きをおこなってくれるのが葬儀社です。経済的に全く無理という遺族でなければ、また、故人が何らかの形で、葬儀社の友の会等に加入していれば、頼ってみるのが安心だと言えるでしょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704