出棺に際して

お通夜・告別式を執り行い僧侶が退席された後、葬儀の司会者より閉式の辞が述べられ、「出棺の用意ができますまで、控室でお待ちください」等の案内があります。最後に喪主や遺族代表から出席してくださった会葬者へお礼のご挨拶があることもあります。

最後のお別れ

 

告別式が終わると、葬儀社と近親者や友人で棺を祭壇から下ろします。頭を北に向けて置き、棺の蓋をあけ、遺族、近親者、親しい友人、知人といったように、故人と縁の深い順番に最後のお別れをします。

そのお別れの際には、祭壇に供えられていた生花の花の部分を一輪ずつ棺に入れて、遺体の周りを「別れ花」で飾ります。故人が好きな花があり、その花の種類が供花にはあまり使われないものだという場合は、別で準備して別れ花に使うこともできます。

花の他にも、故人の愛用品や家族の写真などを棺の中へ入れることも可能ですが、素材によっては燃え残ってしまうおそれのあるもの、遺骨を傷つける可能性のあるものは控えましょう。

 

最後に棺に蓋をして、棺についている小窓から故人のお顔を拝むことができます。故人の姿を見ることができるのはこれで最後になるので、心ゆくまでお別れを惜しみましょう。

 

くぎ打ちの儀式

 

地域や宗派によって違いはありますが、最後のお別れの後「くぎ打ちの儀式」が行われることがあります。これは棺の蓋に葬儀社が半分打ち込んだくぎを、近しい人の順番にこぶし大の石でコツコツと2回たたく儀式のことです。

これは古い慣習で、現代の葬儀においてはくぎ打ちの儀式を選ばれない遺族の方もいらっしゃいます。しかし、年代や地域によってはくぎ打ちの儀式をするべきだという考え方もありますので、遺族の意向により異なる部分と言えます。

 

このくぎ打ちの儀式の起源には諸説あるようです。

例えば、昔は霊柩車なども普及していなかったために棺は火葬場まで人の手で運ばれていました。その際に、今ほどしっかりとした造りではない棺の蓋が途中で開いてしまわないように、しっかり閉じておくという物理的な理由からというものです。

他には、死というものに対する畏れから、死者が戻ってこないようにという理由もあるようです。

またそれとは逆の考え方で、死者が無事に三途の川を渡れるようにと願いを込めたという説もあります。

くぎ打ちの儀式により、故人の死を受け入れるという考え方もあれば、そんな行為は残酷だと捉えるご遺族の方もいらっしゃいますので、葬儀社はその考え方に寄り添ってお手伝いすることになります。

 

 

棺を運ぶ

 

棺の蓋が閉じられたら霊柩車まで運ぶことになります。近しい人の中でも男性6人の手で抱えて足を先にして運ぶのが一般的です。男性が運ぶという所にも、火葬場まで棺を運ぶのは大変な力仕事だったために男性の手で行われていたという昔の風習が表れています。葬儀の規模によって男性の人出が足りない場合は、葬儀社に相談するようにしましょう。

 

くぎ打ちの儀式の他にも、自宅から出棺する際には通常の玄関を使わずに縁側などを通って出棺に至ることや、故人の茶碗を割るなど、風習による違いは随所に見られます。

 

棺を霊柩車に納めた後に火葬場へ向かうのですが、喪主や親族代表から出棺のお見送りをしてくれる会葬者へ向けてお礼の言葉を述べます。

出棺前のあいさつでは、自分と故人との関係、会葬してくださったことへのお礼、故人がお世話になったことへの感謝、今後の遺族への支援のお願いなどを述べるのが一般的な内容となっています。喪主が未成年や高齢である場合は、出棺前のあいさつを遺族代表が述べることもあります。

火葬場へは向かわない方へのあいさつですので、香典や供物のお礼なども織り交ぜるのが良いでしょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

火葬から骨揚げまで

火葬場には、ご遺族や近親者の他に、生前の故人と親交の深かったご友人や知人が同行します。自ら申し出るものではないですし、ご友人の方の予定などもあるかと思いますので、故人もそれを望むだろうと思われる場合は事前に火葬場まで同行していただけるようお願いをしておいた方が良いでしょう。

火葬場へ向かう際は霊柩車が先頭となり、霊柩車の助手席には葬儀社の人間が座ります。

霊柩車に続く車には、運転手の他に、喪主、僧侶、遺族代表が乗ります。その車に続いて、ご遺族、近親者、ご友人の順番の乗った車となります。最近では霊柩車とマイクロバスで火葬場に向かうのが一般的になってきましたので、その場合は運転手の後ろに喪主や遺族代表が座り、順次血縁の深い順番に座っていきます。

親等の関係で血縁の深い順番がわかりにくい場合は、年長者に先に座っていただくのが一番失礼でないと言えます。

火葬許可証

 

火葬許可証が無ければ火葬を行うことはできません。火葬許可証は、死亡を知った日から数えて7日以内に死亡届を提出すると、交付を受けることができる許可証のことです。葬儀社が死亡届を代理で提出することもできますが、この場合は印鑑が必要になります。

 

死亡届というのは死亡診断書と一体になった用紙で、必ず医師に書いてもらわなければなりません。亡くなった場所によって死亡診断書を書いてもらう医師も変わってきます。例えば、病院で亡くなった場合は臨終に立ち会った医師が書くことになりますし、自宅で亡くなった場合は死亡を確認した医師に書いてもらうことになるのです。

 

死亡届を提出する場所は、亡くなられた方の本籍地にあたる市区町村役所の戸籍係か、届出人の現住所にあたる市区町村役所の戸籍係か、亡くなられた場所の市区町村役所の戸籍係です。死亡届に記載しなければならない項目には「氏名、死亡日、死亡した場所、住所、本籍地、配偶者の有無、世帯主の主な仕事、届出人」などがあります。

届出人になることができる関係性の人は限られており、親族、親族以外でも同居していた方、家主・地主、家屋や土地の管理人、後見人、保佐人、補助人、に限り届出人となることができます。

 

 

火葬場では

 

火葬場に到着したら、係の人に火葬許可証を渡します。棺を霊柩車からおろし、炉の前に安置するか、流れによってはすぐに炉に入れる場合もあります。炉の前には祭壇用に小さな机が用意されていますので、位牌や遺影、香炉、燭台、供物、供花などを飾ります。

そして最後に祭壇の前で「納めの式」を行います。僧侶の読経に続き血縁の深い順番に焼香、合掌、礼拝を行っていきます。

火葬には約1時間かかりますので、控室で待っている間の茶菓や軽食などを用意します。火葬場で用意ができるかどうか葬儀社を通して確認しておくようにしましょう。控室では僧侶にもお待ちいただくことになるので、今後の法要やわからないことについてお話する時間にもなります。

 

 

骨揚げ

 

火葬が済み、お骨を骨壺に納めることを「骨揚げ」といいます。人によっては「収骨」、「拾骨」、「骨拾い」という方もいらっしゃいます。骨揚げは2人1組になり、竹の箸で一つのお骨を一緒に挟んで骨壺に納めていきます。この儀式にはこの世からあの世への橋渡し(箸渡し)をするという意味が込められています。

1組が1~2片のお骨を納めたら、次の人に箸を渡し、次の組も同様にお骨を拾っていきます。骨揚げも故人と関係の深い順番に行っていきます。お骨を納めるのにも順番があり、下半身のお骨から順番に拾っていき、最後にのど仏のお骨を故人と一番縁の深い方が拾います。

 

骨揚げが終わると、係の者が骨壺を白木の箱に入れて錦袋をかけてくれます。この時一緒に入れてくれる「埋葬許可証」が納骨の際に必要になりますので、紛失しないように気をつけましょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704