生前葬の内容とメリットデメリットについて

生前葬とは

昨今、「終活」という言葉がニュースなどのメディアで取り上げられることが増えてきました。終活とは、「人生の終わりを自分らしく心穏やかに迎えるために、元気なうちに準備を整えておくこと」という意味の言葉です。

具体的にどのようなことをするのかというと、エンディングノートと言われる自分の今までのことや家族に託しておきたいことなどをまとめたノートを作ったり、財産や自分のものをまとめておいたり、お墓を準備するなどがあります。

その中でも今注目されているのが「生前葬」という、生きているうちに行う葬式のことです。

「生きているうちに葬式をするなんて・・・」と思われる人もいるかもしれませんが、生前葬はただ別れの準備をするというだけで行うわけではありません。元気なうちに自分の大切な人、友人やお世話になった人に人生の節目として感謝の気持ちを伝えるために開かれる儀式なのです。

生前葬のメリット・デメリット

●生前葬を行うメリット

生前葬を行う大きなメリットとしては、「生きているうちに自分の口でお世話になった人にお礼が言える」ということです。普通の葬儀では、遺言や手紙で残された人にメッセージを送ることができるものの、本人が亡くなってしまっているので直接は伝えられないですよね。自分の意志で自分らしい葬儀を行い、それを見届けることができるというのは生前葬ならではの魅力です。

また、生前葬を一つの区切りととらえてそれからの人生をより自分らしく自由に生きていこうという気持ちが持てる人が多いです。いずれ訪れる”死”を受け入れて、残りの人生を大切にしていこうと思えるということです。

暗いイメージを持たれがちな”葬儀”という言葉ですが、生前葬は明るく華やかなものになることが多いのも特徴です。

さらに、内容も自由に決められるため、死後に葬儀を行うよりも葬儀費用を安価に抑えることもできます。

●生前葬を行うデメリット

「生前葬」という言葉が一般的に知られつつありますが、まだまだ「知らない」という人も少なくありません。

参列する人も、抵抗を感じることがあるので式の目的や主催者の気持ちを丁寧に伝えないと、戸惑われてしまうこともあります。家族や親せきにも、事前に相談し理解と協力を得ておかなければ、後々トラブルにつながることもあります。

そして、生前葬として葬儀は済ませてあっても、本人が亡くなれば火葬はしなければなりません。その際には、遺族が費用を負担することになるので、その後の家族のケアも考えておく必要があります。

生前葬の内容について

最近は自由な形の葬儀も増えつつありますが、まだまだ普通の葬儀は形式化されたものが多いです。それに比べると生前葬は自由度が高く、式の内容は主催者がある程度自由に決めることができます。

生前葬の形式で多いのが、仲の良い友人や家族を集めて食事をしながら今までの思い出を語り合い、お世話になったことへのお礼やこれからのことについて話すというものです。他にも、主催者の好きな音楽を演奏したり、ダンスを踊ったり、ビンゴゲームをするなどといった生前葬もあります。

有名人で生前葬を行っている人も多く、ビートたけしやテリー伊藤などが生前葬をしています。

また、普通の葬儀と大きく異なるのが参加者の服装です。

普通の葬儀では、黒やグレーの暗い色のスーツやワンピースを着用するのがマナーですが、生前葬はそのようなルールはありません。もちろん、主催者が「黒い服を着用してほしい」と言えば、黒い服で全員揃えることもできますし、逆に「カラフルな服装で生前葬をしたい」ということであれば、それも可能です。

パーティーのようにドレスコードを決めて行う生前葬もあれば、普通のカジュアルな私服で行ってもかまわないのです。

さらに、普通の葬儀では参列者が準備しなければいけない香典ですが、生前葬では必要ない場合もあります。

生前葬を行うのに必要だった費用を香典として受け取ることもあれば、会費として全員決められた金額をわたすこともあります。生前葬の会場は、葬儀場で行うことは稀でホテルの宴会場や、レストランなどを貸し切って行うこともあります。

これらのルールはすべて、個人でもあり主催者でもある人が決められるのですが、せっかくたくさんの人を招いて開催するのですから、周りの人と相談しながら参加者が楽しめるような式にできると良いですね。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

喪主の仕事について

喪主がやらなければいけないこと

喪主の役割について

喪主とは、遺族の代表者であり、葬儀を取り仕切る役割を担う人のことです。そうはいっても葬儀自体を進めていくのは葬儀会社であり、喪主の主な仕事は弔問の対応をすることです。

喪主は、遺族の中で故人と最も縁が深い人が選ばれます。

故人に配偶者がいる場合は、配偶者が行うことが多く、配偶者がいなければ長男か長女が、子供もいない場合は、関係の深い友人が喪主を務めることもあります。誰かが無くなり、葬儀を執り行うことになった場合は、必ず喪主を立てなければいけません。

今回は、喪主の仕事内容と流れをご紹介していきます。

葬儀前の喪主の仕事

ご不幸があった後から、葬儀までに喪主がやらなければいけないことと流れは以下の通りです。

1.葬儀会社へ連絡する

葬儀を行うことが決まったら、すぐに葬儀会社へ連絡します。葬儀会社と葬儀に関する打ち合わせをします。

通夜と葬儀を行う日時、式場の場所、葬儀の形式、どれくらいの規模の葬儀にするのか、だれに連絡するのかなどたくさんの項目を決めなければいけません。

2.親戚への連絡

親戚に、故人が亡くなったことと葬儀の日時を連絡します。他にも友人や知人、近所の人など個人と面識があって葬儀に来ていただきたい人に連絡をしていきます。

このような連絡は、喪主1人で行うと時間がかかってしまうため家族や友人の力を借りて効率よく進めていきましょう。

3.菩提寺への連絡

親しくしている菩提寺や古くから付き合いがある菩提寺があれば、その寺の僧侶に連絡をして葬儀を頼みます。菩提寺への連絡は、喪主が行いましょう。

菩提寺が無ければ、葬儀会社から紹介してもらうこともできるので相談してみてください。

4.遺影の準備

葬儀で必要となる遺影を準備します。生前の人柄が思い出せるような写真を選びましょう。

喪主だけで選んでも良いですが、家族や友人に相談しながら遺影にふさわしい写真を選択し、葬儀会社に渡します。

5.お通夜を行う

お通夜は、個人と親しかった人が葬儀前日に集まり、故人との思い出などを話すためにあります。お通夜は自宅で行うか斎場で行うかを喪主が決め、弔問客の受け入れをします。

葬儀当日の喪主の仕事

葬儀当日は、以下が喪主の主な仕事です。

1.弔問客の対応

葬式で喪主がやらなければいけない一番大切な仕事は、弔問客を受けることです。どの弔問客とも平等に接し、あいさつと葬儀に来てくださったことに対するお礼を伝えます。

葬儀には、喪主のほかに「世話役」という全体の責任者となる人がいるので雑務は世話役に一任しましょう。僧侶の出迎えやお見送りも世話役が行います。

2.葬儀のあいさつ

喪主と聞いて思い浮かべるのが、この葬儀でのあいさつではないでしょうか。

僧侶が退席した後、喪主が最後のあいさつをすることが多いですが、出棺の際に挨拶をすることもあります。どちらの場合でも、大勢の前で話すことになるので緊張してなかなかうまく話せないという人も多いです。

あいさつの内容は、前日までに文章にしてある程度まとめておきましょう。

出来れば内容を頭の中に入れておいて、当日は何も見ずに話せるのが理想ですが、難しいようであれば紙を見ながら話しても問題はありません。

あいさつの内容は、以下の3つのポイントを押さえておけば、あとは自分らしく素直な気持ちを伝えれば大丈夫です。

①葬儀に来てくださった皆様へのお礼

②生前の個人への御厚意へのお礼

③遺族への今後の支援のお願い

3.精進おとし

精進おとしは、来賓や親族を接待する儀式のことです。喪主が参列者にお礼をし、食事を共にして引き出物を配るという流れで行います。

精進おとしが終われば、葬儀はすべて終了したことになります。

最後に、受付から名簿と香典を受け取って、葬儀当日の喪主の仕事は終了します。葬儀の片づけは、葬儀会社が全て行うので安心してください。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704