遺骨迎えから精進落としまで

火葬を終えてすぐに遺骨を埋葬するわけではなく、自宅や葬儀場に戻って法要を行います。

火葬場から戻った人は自宅や葬儀場に入る前に、水や塩で身を清めます。手を洗い、胸・背中・足元の順番に塩を軽く振りかける方法や、門前・玄関先に塩を帯状に撒いておき、それを踏む方法などがあります。どちらも死を穢れとみなし、家に持ち込まないようにという考え方が元になっていますので、死を穢れとは捉えない浄土真宗やキリスト教の葬儀では、お清めの塩が用いられることはありません。

また、清める対象は故人そのものではなく、人の死に寄って来る邪気を追い払うためという意味合いが強いので、故人に向けたものではないということは覚えておきましょう。

単身者の場合は自分で振りかけることになりますが、家族がいらっしゃる時は振りかけてもらうようにします。

 

環骨法要の儀式と精進落とし

 

遺骨を迎えると、環骨法要(環骨勤行)の儀式を行います。遺族や会葬者が後飾りの前に集まり、僧侶に読経をしてもらい、全員が焼香をします。ここまでがお葬式です。

 

最近は亡くなってからちょうど7日目に集まって初七日の法要を行うことが難しくなってきているので、環骨法要の儀式と一緒に初七日の法要を行う場合が多いです。これを「繰り上げ初七日法要」と呼びます。これらの法要が終わると、喪家側が僧侶や世話役など葬儀でお世話になった人をもてなすための会食の宴席へ移ります。この宴席のことを「精進落とし」といい、本来は49日の法要が終わり、忌明けとともに設けられてきましたが、初七日の法要と同様にまとめて行うことが増えてきました。

 

精進落としは「お斎」や「精進上げ」とも呼ばれており、お世話になった方への労いの他に、お清めの塩のような役割もあるようです。死という悲しい出来事によって弱っている心身に食事で精力をつけ、酒にもお清めの意味があるので内側からお清めをする、というような役割も果たしています。

精進落としの宴席では、僧侶や世話役の方々に上座に座っていただき、ご遺族や縁の深い血縁者は末席につくようにします。一同が席についたら、喪主より皆様へお世話になったお礼のあいさつをします。

僧侶に予定があり宴席に出席できない時は、お持ち帰りいただくお弁当と一緒にお布施やお車代をお渡しするのが一般的です。

自宅や料理店などで精進落としを設ける際も、遺骨・位牌・遺影を安置する「後飾り」の祭壇は必要になりますので、準備する場所があるかどうか確認する必要があります。

 

後飾りの祭壇

 

四十九日の忌明けまで自宅に遺骨・位牌・遺影を安置するための祭壇のことです。お通夜や告別式に参列することができなかった人が弔問される際にお参りされる祭壇となります。既に仏壇があるお宅では仏壇の前にその祭壇を置くことが多いようですが、仏壇の無い場合は部屋の北側、または西側に置きます。忌が明けるまで毎日ロウソクを灯し、一本の線香を途絶えることなく焚き続け、故人の旅立ちを想います。

 

故人は49日間かけて仏様になられると言われており、その修行期間である中陰になぞらえて「中陰壇」と呼ばれることもあります。後飾りの祭壇は葬儀社が用意しますので、不明な点などありましたら確認すると良いでしょう。

 

必要なお供え物としては、新しい白米、お水、焼き菓子、果物、お膳、生花などが必要となります。

地域によっては果物をお供えに使わないなど風習に違いがあります。

また、ロウソクや線香など火を使いますので、取り扱いには十分に気をつけましょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

仏式のお香典の包み方について

いざとなると思い出せないお香典の包み方

 

昨今、お葬式が簡略化されてきてはいますが、お通夜やお葬式に参列するときに、必ず持参するのがお香典です。できるだけ故人への思いを失礼のない形でお持ちしたいというのが多くの人が思うところではないでしょうか。また、早く駆け付けたいという思いと、喪家にご迷惑になってはいけないという思いもありますよね。一般的には、臨終直後に駆けつけた席でお香典を出すのは、喪家に不快感を与えかねません。そもそもお香典は、初めて弔問したときに出すのが原則ですが、一般的には通夜に持参するのがよいでしょう。通夜に都合で弔問できない人は葬儀、告別式の時に持参します。

誰しも近しい人の訃報を聞くと慌ててしまいますよね。ごく一般的な常識的なことは、わかっているつもりでも、いざとなると失敗できないので、いろいろ調べたりして準備する人も多いです。

今回は、仏式のお葬式のお香典の包み方について、どのように包むのが正しいのかお伝えできればと思います。

 

市販のお香典袋はどんなものを用意すればいいの?

 

まず、水引が、「黒と白」「銀と白」のものを用意します。そして、中に入れるお香典の金額に合ったグレードのものを選びましょう。袋だけが立派でも、決して良くありません。

 

 

表書きの書き方

 

お香典袋の表書きは、故人さまの宗旨に合ったものにします。仏式であれば、「御霊前」「御香典」「御香料」などです。わからないときは、「御霊前」なら、どの宗旨にも用いられますので無難です。

「御霊前」で蓮の花模様のものは仏式に用いられるものなので、仏式であれば使えます。

「御仏前」「御佛前」という表書きのものは、一般的には四九日の法要以後に書く表現で、通夜・葬儀・告別式には書きません。

 

名前や住所の書き方

 

表書きの下段中央に自分の姓名を、裏に住所氏名を書き、中袋にも同じように住所氏名を書きます。喪家がお香典の整理時に、表袋と中袋が別々に分かれてしまっても、誰からのものかわからなくなるのを防ぐためです。正式には、筆で書くものですが、ペンでも良いでしょう。筆で書く時は、ご葬儀は、悲しみを表すために薄い墨の色で書きます。筆ペンにも薄い墨の色のものがありますから、そちらを選択しましょう。

 

お香典の包み方

 

外包みの折り方

外包みは、右・左の順でかぶせたのち、下・上の順で包み、上側の折り返しを上からかぶせるようにします。お香典の袋は、必ず上側が下側にかぶさるようにすることが鉄則です。重なる方向で、慶事と弔事を区別していますので、弔事では、必ず上側がかぶさるようにします。

 

中包みの書き方

中包みの表にも金額、裏に住所氏名を書いておくと、あとで、喪家の方がお香典の整理をし易く親切です。金額の書き方は、「一、二、三」ではなく、「壱、弐、参」と書きます。例えば、3万円の場合は、「金三万円」「金参萬円」「金参萬圓」等と書きます。金額の後に「也(なり)」はつけてもつけなくても構いません。

 

お札の入れ方

お香典に入れるお札は、顔が見えないように裏返して入れるという風習があります。厳密に決まりがあるわけではないのですが、2枚以上のお札を入れる時には、向きを揃えていれるように心掛けます。また、新しいお札は、あらかじめ用意していたように見えるとの理由から、使わない方が無難です。もし、新札しかなければ、一度折り目をいれてから入れる配慮もするとよいでしょう。

 

故人との関係とお香典の相場

 

故人や遺族とのおつきあいの深さによって包む金額を決めます。中に入れる金額に決まりはありませんが、4万円、9万円という金額は、死や苦を連想させるということで、お悔やみごとにはNGです。端数のない金額、1万円、2、3、5、10万円といった金額を包みます。一般的に、あなたとの関係の近さと、あなた自身の年齢に応じて決めると良いでしょう。血縁関係・親戚は一万円以上5万円位まで、友人・知人・恩師・勤務先の上司・同僚・ご近所様等は、3千円から5千円位が相場でしょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704