お位牌の疑問あれこれ

お位牌はいつまでに作るの?

お位牌「本位牌」は故人の魂を移すものとして四十九日法要までに用意するのが一般的です。亡くなってすぐには「本位牌」が無いので、故人の戒名や法名の書かれた仮のお位牌で全国共通白木の「白木位牌」というものを使います。四十九日を過ぎると故人の霊は仏のもとへ向かってしまうと言われている為それまでに「本位牌」を作るのです。

本位牌には種類があり、選ぶことができます。仏教の宗派で指定された位牌などは基本的にないので仏壇やお部屋に合ったデザインで故人が好みそうなものを選んだりする傾向が強いようです。お位牌を作ったら初めに開眼供養をします。開眼供養をすることで故人そのものと言える存在になり初めてお位牌としての役割を持つことになります。

お位牌を複数作っても大丈夫?

お位牌を複数作り、離れて暮らす遺族がそれぞれに持つことはよくされていることです。故人を身近に感じたいためにお位牌が必要なのです。これは位牌分けという言葉もあるように、全国的にも行われていることで、お寺で対応して頂けます。

四十九日の法要で、白木の仮位牌から本位牌へと魂が移されます。それで、多くの位牌分けは、そのタイミングで複数作る場合が多いです。

お位牌がたくさんあるのでまとめたい

お仏壇内のスペースは限られています。亡くなる方が増えてお仏壇内がお位牌で込み合ってしまうこともあります。そうした場合に、たくさんあるお位牌をまとめる方法があります。ひとつの方法は、「○○家先祖代々之霊位」というようにまとめた位牌を作る方法です。

もう一つの方法としては、「回出位牌(くりだしいはい)」または「繰出位牌」と呼ばれる形のお位牌を使用します。回出位牌・繰出位牌は、お位牌の形の箱型のケースのようなお位牌で戒名を記した札板が10枚程入るようになっています。このようなお位牌で、たくさん増えてしまったご先祖様のお位牌をすっきりとまとめることができます。

 

神道のお位牌

神道にも仏教のお位牌にあたるものがあり、霊璽(れいじ)と言います。仏教では四十九日までに「本位牌」を作りますが、神道では、通夜祭の前に遷霊祭というものを行います。そこで故人の魂を霊璽(れいじ)に移します。

戒名が無い場合お位牌作れるの?

無宗教葬も増えており、そのため戒名が無いという方も出て来てしまいます。そうした場合でも、お位牌は作ることが可能です。本名の後に、「霊位」「位」と付けることで、戒名と同じ扱いをすることができます。遺族の心の拠り所として、お位牌が必要なら無宗教で戒名が無くても作ることができるのです。

古いお位牌を処分して新しいお位牌にしたいけれど

「お位牌が古くなり、いかにもみすぼらしくなってしまったから新しいいいものに替えてあげたい。」

遺族がそう思うこともあります。そんな場合には、菩提寺か、無ければ近くのお寺さんに相談してください。「お焚き上げ」をしていただけます。新しいお位牌を準備した上で、元のお位牌から魂を抜くための閉眼供養をしてもらい、新しいお位牌の開眼供養を行えば、古い方のお位牌をお焚き上げする準備が整います。魂の入れ替えの必要なことですので、お寺さんに相談してしっかりと閉眼供養・開眼供養を行いお焚き上げをして頂きましょう。

手彫りの位牌と機械彫りの位牌

 

手彫り・機械彫りというのは文字通り、位牌に文字を彫る方法のことなのですが、近年の職人不足で手彫りはめっきり姿を消しています。作品の納期の短さから言って、注文を受けたら四十九日までに間に合わせなければならないため、人手不足の業界では、お位牌の安定供給が難しくなったため、機械彫りが普及したと見られます。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

 

 

臨終から葬儀、一周忌まで【仏式の場合】

臨終

 

  • 亡くなられた場所にもよりますが、末期の水をとります。体を清めて死化粧をほどこします。
  • 病院で亡くなられた時は、病院からの遺体搬送の手配をし、搬送をします。
  • 死亡診断書を受け取り、病院へお支払いをします。
  • 北枕にして安置します。

 

 

通夜・葬儀の打ち合わせ

 

  • 故人が属していた宗派によって、寺院、神社、教会などへ連絡をします。
  • 葬儀の規模や方針、葬儀社を決定します。
  • 喪主を決定し、世話役代表を依頼します。
  • 六曜を配慮して通夜・葬儀の日程・場所・予算などを具体的に決めていきます。
  • 葬儀費用の見積もりを出してもらいます。
  • 死亡届の提出と火葬許可証の交付に必要な手続きを行います。
  • 遺影に使う写真を手配します。
  • 戒名(仏名)を僧侶に依頼します。
  • 仏壇が自宅にない場合は枕飾りを手配します。
  • 予算を加味し現金を用意しておきます。

 

 

通知

 

  • 親族、友人、仕事関係者、故人と縁のある知人などに死亡と通夜・葬儀の日程を通知します。
  • 親しくしていた近隣の住民や町内会へ挨拶に行きます。

 

 

通夜の準備

 

  • 自宅で通夜を営む場合は祭壇を飾る場所の準備をします。
  • 通夜の席次や焼香の順番を確認します。
  • 弔問客の受付、接待の準備をします。
  • 会葬に際しての令状、返礼品の手配をします。
  • 通夜ぶるまいの準備をします。
  • 僧侶の接待の準備をします。
  • 枕勤めをし、死装束を整えて納棺をします。

 

 

通夜

 

  • 通夜に参列していただく焼香の準備と弔問客の応対をします。
  • 弔問客の焼香が終わった後、喪主から挨拶をします。
  • 僧侶を接待し、通夜ぶるまいで弔問客と言葉を交わします。
  • 供物、供花、弔電を整理し葬儀の準備に入ります。

 

 

葬儀の準備

 

  • 故人と関係の深い方へ弔辞を依頼します。
  • 供花・供物の並べ方をチェックします。
  • 葬儀の席次や焼香の順番を確認します。
  • 弔電を整理し、各世話役に渡しておきます。
  • 葬儀社と葬儀の進行について打ち合わせします。
  • 火葬場へ行く人の人数の確認と、それに合わせて車を手配します。
  • 会葬に来てくれた方への礼状と返礼品の手配をします。
  • 葬儀が終わった後の遺骨迎えと、精進落としの準備をします。
  • 僧侶へお礼の準備をします。
  • 心付けや世話役へのお礼を準備します。

 

 

葬儀・告別式から出棺まで

  • 葬儀と告別式を執り行います。
  • 故人と最後の対面をし、棺のくぎ打ちを行います。(実際にする所は減っているので、形式的なものです。)故人の人柄や実績をたたえる
  • 出棺の際には喪主または遺族代表が会葬者に謝辞を述べ、火葬場に行く人は車やマイクロバスに乗ります。

 

火葬

 

  • 用意しておいた火葬許可証を火葬場の係員に渡します。
  • 納めの式を行い、火葬をして骨揚げをします。
  • お墓へ納骨する時に必要になる埋葬許可証を受け取ります。

 

 

還骨法要と精進落とし

 

  • 葬儀会場もしくは自宅へ戻り、還骨法要を行います。(この時、遺骨、位牌、遺影を後飾りに安置します。)
  • 還骨法要とあわせて初七日の法要を行う場合もあります。
  • 喪主から挨拶をし、精進落としの宴を開いて僧侶や世話役を労います。
  • 葬儀後の今後の法要について打ち合わせをしておきます。
  • 僧侶へお布施などのお礼を渡し、世話役へ心付けのお礼を渡します。

 

 

葬儀後の事務処理

 

  • 葬儀の事務事項を引き継ぎます。
  • 葬儀社への支払いをします。
  • 各種の名義変更や解約手続きなどをします。
  • 年金・健康保険など役所への届け出が必要な手続きを行います。

 

 

四十九日法要

 

  • 本位牌を準備します。
  • 法要の日程や場所などを決定し、関係者へ案内の連絡をします。

 

 

香典返し

 

  • 香典帳を整理しながら香典返しのリストを作成します。
  • 香典返しの品を選び、忌明けのあいさつ状の準備をしておきます。
  • あいさつ状と香典返しを送ります。

 

納骨

 

  • 四十九日の法要とあわせて納骨を行う場合は、石材店・墓地の管理者に連絡しておきます。
  • お墓を新しく準備する場合は納骨の前に開眼式をしておきます。

 

 

遺品整理と遺産相続

 

  • 故人の遺品を整理します。
  • 相続人を確定し、遺産相続を行います。
  • 遺産する内容によっては、死後10ヵ月以内に相続税を申告する必要があります。

 

 

一周忌

 

  • 一周忌の準備は2ヵ月前から始めるのが一般的です。
  • 僧侶にスケジュールを確認し、日程と場所を決めます。
  • 関係者へ一周忌の案内をします。
  • 一周忌の法要を行い、喪が明けます。

 

 

以上が仏式の場合の臨終から葬儀、一周忌までの流れとなります。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704