弔辞の内容や読み方について

「弔辞」をご遺族から頼まれた際、実際にどのような流れで読むのかなど迷う方も多いのではないでしょうか?ここでは、「弔辞」の内容や読み方について、ご紹介します。

「弔辞」をお願いされた場合

ご遺族は故人との関係を考慮して、故人と特に親しかった人や関わりの深い人などに依頼します。依頼された場合は、特別な理由がないかぎり、引き受けるのがマナーです。

「弔辞」は、故人を弔う言葉であり、送る言葉です。心をこめて準備しましょう。

「弔辞」の内容

他に依頼された方と内容が重複しないよう、故人との関係性をふまえた思い出話などを取り入れましょう。

一般的には、3~4分程度の長さが目安です。読む速度によりますが、1000文字程度(原稿用紙2、3枚)となります。

友人の場合

友人の場合は、生前呼び慣れた愛称などで呼んでも問題ありません。故人の生前の様子がわかるように、具体的なエピソードと共に述べます。ユーモラスな人柄の故人の場合、笑いを誘うような内容でも構いません。

上司や部下などへの弔辞

会社のエピソードは、ご遺族や親しい方でも知らない一面となる場合もあるため、できるだけ具体的に述べましょう。故人の仕事内容やポジション、功績なども踏まえて人柄を称えるのが一般的です。また、専門的な職業の場合は、専門用語などは使わないようにし、一般の方にもわかりやすいようにする配慮が必要です。

「弔辞」の書き方

弔辞を書く紙は、一般的に大判の奉書紙(ほうしょがみ/ほうしょし)か巻紙です。最近では、市販の弔辞用紙、白い便箋や封筒を使うこともあります。薄墨と毛筆を使って、楷書で書きます。

「弔辞」の包み方

①「弔辞」の文字が表面の中央に来るように、折りたたんだ弔辞文を奉書紙の真ん中に置きます。

②上下左右とも十分な余白ができる大きめの奉書紙で、右側が下、左側が上になるように包んだら、上下を裏へ折ります。

③包み終えたら、表の中央部分に「弔辞」と記し、下に記名をします。

「弔辞」の読み方

①司会者に呼ばれたら霊前に進み、僧侶とご遺族に一礼します。そして、ご遺影に向かって一礼します。

②「弔辞」をひろげて、両手で持ちます。

③故人に語りかけるように、心を込めて、静かに読み始めます。参列者に聞き取れるよう、早口にならないよう、ゆっくり、かつ明瞭な発音で、やや大きな声になるように心がけましょう。

また、棒読みにならないよう、かつ感情的になりすぎないように注意します。故人に自然に語りかけるように意識して読むようにするのがポイントです。

④読み終わったら、もとのようにたたんで、表書きをご霊前に向けて壇上に置きます。

⑤ご遺影に一礼し、更に僧侶とご遺族に一礼して席に戻ります。

「弔辞」をお願いされた場合、親しい方や関わりの深い方が亡くなり、動揺の中、準備するのは大変だと思いますが、故人との最後のコミュニケーションとなりますので、大切にして下さい。

会葬礼状のマナーについて

最近の「会葬礼状(かいそうれいじょう)」は、写真やメッセージなどを組み込んだ、オリジナルのものが増えてきているといわれています。オリジナルで作る際には、色々と気をつける点もあるため、ここでは「会葬礼状のマナー」についてご紹介します。

会葬礼状とは

お通夜やご葬儀に参列してくださった方へのお礼状のことです。最近では、一般的にお通夜やご葬儀の当日に、受付か、式場出口で、お清めの塩や粗供養品に添えて、お渡しします。

基本の会葬礼状の依頼方法

最近は、基本的に葬儀プランに、会葬礼状が含まれている事が多いため、わざわざ依頼する必要はありません。

オリジナルの会葬礼状の作成方法

会葬礼状作成を専門とする業者に依頼する方法や、自分で文章を作成して印刷する方法があります。

「お礼状」を専門に扱う業者は、専門のライターが、オリジナルの心のこもったお礼状を作成してくれます。

最近は、写真やメッセージなどを組み込んだ、オリジナルのものを自分で作成する方が増えてきているようです。

自分で作成する場合のマナー

句読点は使いません。

本来、会葬礼状は毛筆で書くものであるとされています。一般的に、毛筆の書状に「、」や「。」は用いません。句読点は、古くは文章を上手く読めない人に対する補助的な記号として句読点が用いられていたため、相手を子ども扱いし失礼にあたるということで使われていませんでした。

また、物事が終わりまでスムーズに流れるように、途中で途切れないようにという意味合いで、ご葬儀が滞りなく終えられるようにという願いをこめて、会葬礼状には句読点を使いません。

忌み言葉、重ね言葉を使いません。

生死に関する直接的な言葉や、不幸が重ならないように重ね言葉もタブーです。

薄墨を使います。

薄墨を使うことは「涙が硯(すずり)へ落ち、墨が薄くなってしまった」という意味合いが込められています。会葬礼状は、弔事の手紙にあたるため、薄墨を使うというのが基本的なマナーとなります。

最低限書かなければならない内容

故人の名前、お礼の言葉、結びの言葉、差出人です。

お礼の言葉は、参列へのお礼と故人が生前お世話になったことへのお礼を記します。

結びの言葉は、本来ならば、ひとりひとりにお礼を言うところを書面のお礼になってしまったこと、そして、会葬のお礼を再度述べて、文を結びます。

オリジナルの会葬礼状のおすすめ

オリジナルの会葬礼状には、故人の写真や絵を挿入するのが、おすすめです。

その他

会葬礼状では、故人と喪主の関係を入れます。

日付は、故人が亡くなった日付ではなく、葬儀の日付となるため注意しましょう。お通夜・葬儀どちらの日付も入れておくと、両日使えるので便利です。

住所を入れる場合は、喪主の住所にするのが一般的ですが、離れて住んでいた場合などは、故人の住所でも構いません。

印刷などについて

私製ハガキに、黒または薄墨色で枠取りしたものに印刷し、同じ枠取りをした封筒に入れるのが一般的です。

失礼のないように、そして気持ちのこもったお礼状を作成してみてはいかがでしょうか。