出棺の流れ

葬儀と告別式が終わったあと、出棺ののち火葬場へと向かいます。出棺時には、様々な儀式を行います。その儀式や出棺の流れについて、まとめました。

葬儀・告別式

出棺までは少し時間が空き、その間は外で待つことになりますが、葬儀に出席した方は、出棺まで見送るのがマナーです。外で待つ際、コート等を着ても問題ありませんが、出棺が行われる際にはコートを脱ぎ、合掌か黙礼で見送ります。

 

大まかな流れ

別れ花

葬儀と告別式が終わると、祭壇から棺がおろされます。この際に、遺族と近親者、親しい友人などが棺の周囲を取り囲み、最後のお別れとなります。棺の蓋が開けられますので、合掌してから、参列者でご遺体の周りに生花を飾る別れ花を行います。故人に近い方から花を飾っていくため、喪主、喪主の配偶者、親兄弟、子どもというような順番です。通常は、葬儀社の担当者が飾ってあった供花を盆に載せて持ってきてくれます。最初は、お顔の周囲から、一輪ずつ心をこめて彩りましょう。

※ご自身で入れたい花を入れることもできます。一般的には、白い花です。赤い花や棘のある花は避けます。具体的には白い菊・百合・カーネーションなどが使われることが多いです。また、華美な包装をしないように注意します。

※生前の思い出の品や手紙、写真等も副葬品(故人と一緒に埋葬される品)として、一緒に入れることができます。ただし、入れることができないものもありますので確認して入れるようにしましょう。

例:不燃物(メガネ、腕時計、指輪)、紙幣、革製品やビニール製の洋服・靴。分厚い書籍やぬいぐるみ、果物や飲み物は、事前に確認する必要があります。

くぎ打ちの儀式

最後の対面が終わると、棺のふたを閉じる「くぎ打ちの儀式」をすることもあります。喪主から順に、ひとり2回ずつ、小石で軽く、くぎをたたきます。小石は三途(さんず)の川を意味し、故人が三途の川を無事に渡ることができるように願うための儀式です。全員が打ち終わると、葬儀社の担当者などが金づちで完全に打ち込みます。

※地域によって違いがあり、中部から近畿、西日本では見かけなくなっています。

※浄土真宗ではくぎ打ちの儀式はありません。

喪主の挨拶、出棺

出棺時には、喪主の簡単な挨拶があります。その後に、棺は霊柩車に乗せられます。棺は重量があるため、遺族や故人と親しかった方、葬儀社担当者数人で、霊柩車まで運びます。

※地域によって違いがあり、一般的に関東では足から先に会場から出し、足から霊柩車に納め、関西では頭からとされます。また、出棺は玄関を避けるなどの風習がある地域もあります。

出棺の際は喪主が位牌を、喪主の次につながりが深い親族が遺影を持つのが一般的です。

 

最後のお別れである出棺です。故人が無事に極楽浄土にたどりつけるよう、祈りをこめてお過ごし下さい。

葬儀と告別式の流れ

故人と最後のお別れをし、冥福を祈る儀式は、とても大切です。落ち着いて参列できるよう、一般的な「葬儀」と「告別式」の流れについてご紹介します。

葬儀とは

人の死を弔うために行われる宗教的な儀式です。

告別式とは

ご遺族をはじめ親しい人たちが、亡くなった人と最後のお別れをする社会的な式典です。

 

本来は、葬儀後いったん僧侶が退席し、改めて入場して告別式を行いますが、現代では儀礼が簡略化され、「葬儀」と「告別式」を続けて行ったり、「お葬式」として一緒に執り行うのが一般的になっています。

しかし、その一方で、近年は「葬儀」は儀式として執り行い、後日別の場所で「お別れ会」を設け、自由に故人を偲ぶというスタイルも増えています。

日程

通夜の翌日に行うのが一般的です。開始の時刻は火葬の時間にもよりますが、午前中か午後の早い時間など日中に行います。また、友引は「葬儀の際に故人の霊が友人を連れていく日」という考えから、火葬場が休みの場合が多く、葬儀と同日に火葬を行う際は友引の日以外になります。

大まかな流れ

会場には、遅刻しないように到着しましょう。遅くともが10分前までには到着し、受付に並ぶのが基本です。

※もし遅れた場合は、読経の最中であれば、きりのいいところで目立たぬように入り、末席に座ります。

受付

受付では、係りの方に「このたびはご愁傷さまでした。」などのお悔やみの言葉を小さめに述べ、一礼をします。そして、袱紗(ふくさ)から香典袋を取り出し、表書きが受付係の方から読める向きの状態にして、両手で差し出します。「ご霊前にお供えください。」などと、言い添えるといいでしょう。その後、会葬者名簿に住所と名前を丁寧に記帳して、最後に一礼をして受付は終了です。

※お通夜で香典を渡している場合は、「昨夜も参りました」とお伝えし、記帳だけ行います。

着席

受付後は葬儀や告別式が行われる式場へ移動して、着席します。席は、焼香の順番の関係で、親族席と友人、知人、会社関係者席とが分けられていることもあるため、係りの方の指示があればそれに従います。一般的には、祭壇に向かって右側が喪主とご遺族、親族席となり、左側は友人、知人、会社関係者席となっています。

読経

葬儀の開始時間になると僧侶が入場します。僧侶による読経、引導渡し(棺の前で、法語を語って、故人を迷界から悟りの道へ導く試みの引導の儀式)があります。

弔辞拝受、弔電紹介

1~3人の方が弔辞を読みます。その後、弔電が2~3通読み上げられます。

焼香

読経が行われる中、喪主、ご遺族、親族、一般の会葬者の順で焼香を行います。

僧侶の退場後

僧侶が退場すると喪主の挨拶があります。その後、閉式となります。※告別式が終わると、棺(ひつぎ)のふたがあけられて最後のお別れとなります。出棺は、一般参列者が故人を見送る最後の場であり、このときまで待って見送るのがマナーです。コートを脱いで、故人の冥福を祈りながら、合掌で見送ります。

 

故人と最後のお別れとなる「葬儀」と「告別式」を大切にお過ごし下さい。