直葬の葬儀費用

直葬に占める火葬料金

直葬の葬儀費用では会葬者に対する費用がいらないため、ご遺体に関する料金が中心となります。

まず必要となるのがご遺体を安置するお棺です。

そして火葬場へ搬送するご遺体の搬送料金と火葬料金です。

公営火葬場では、居住する地域住民は比較的安価で利用可能です。

地域住民以外の人の火葬料金は設定がかなり高額になっています。

公営火葬場での火葬料金は、自治体によって料金に違いがあります。

東京23区は公営が不足していて民営を利用せざるを得ない人も多いのですが、民営だと約6万円程度する場合もあり高額です。

地方では、公営で無料や数千円~高くても1、2万円程で行う公営の火葬場がほとんどです。

地方もやはり地域住民以外には、高額な利用料金設定になっています。

地域住民以外は10万円以上する場合もあるので、よく調べて注意が必要です。

何日か待って安く火葬できる近くの火葬場にするのか、遠くても多少高額でもなるべく日を置かずに火葬するのか。

葬儀社に依頼すれば火葬料金等も含めて事前に遺族と打ち合わせをしますので、その時に希望予算を伝えておけば、希望に見合うプランを立ててもらえます。

直葬でも発生する費用を知る

 

直葬でも最低限お見送りまでに発生する費用があります。

いくら経済的負担を減らしたいからと言っても、最低限必要となる費用がありますのでおさえておくことが重要です。

まずご遺体を安置するお棺とご遺体の火葬までの安置場所の確保、遺体保存に必要なドライアイス等です。

ご遺体を移動先に搬送する際の車の手配も必要です。

そして、火葬料金、お骨上げをする骨壺の用意、僧侶に読経を依頼するなら僧侶に支払うお布施、僧侶のタクシー代等です。

葬儀社に依頼することで、スムーズに執り行うことが可能です。

日数的にも火葬場の予約状況次第ですが、ご遺体安置から火葬まで、法律上の規定の24時間を過ぎたら、数時間~半日以内でお骨上げまで済ませることが可能です。

葬儀社に依頼することで、遺族の負担がかなり軽減できますから、依頼する人がほとんどです。

直葬プランの場合の料金は葬儀社によっても違いますが、だいたい15万円前後のプランが多いでしょう。

急に亡くなり、直葬にする場合もあるかも知れませんが、生前から直葬を希望している場合は、葬儀社に事前見積もりしておくと、直葬であっても更に割引がある場合もあります。

生前に「自身の葬儀は直葬で」と決めているなら、あらかじめ葬儀社に見積もり依頼しておくのもよいでしょう。

直葬でもあたたかいお見送りができる

直葬だと、宗教的儀式が無いため、家族の愛情が乏しいのではないかとか、味気ないと言ったイメージを持つ人も多いのですが、葬儀社に「直葬プラン」や「火葬プラン」で依頼すれば、必要なものは全て揃えてくれて、希望すれば僧侶の手配もしてくれます。

遺体安置が自宅であれば、希望すれば枕飾り一式も用意してくれたりします。

お棺や骨壺は勿論、納棺の際に着せる仏衣一式やお棺用布団も用意してくれる場合もあります。

少ない予算でも十分に遺族の願いを叶えるお別れが実現します。

遺族の負担や不安を軽減して少ない予算でもあたたかいお別れがしたいなら是非葬儀社へ相談することをお奨めします。

葬儀のプロが可能な限りご遺族の希望に寄り添います。

名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

 

 

 

通夜振る舞いの多彩なメニュー

宗旨によって違う食事内容

通夜振る舞いは、故人を偲んで思い出話などをする食事会です。

仏式での食事会を「通夜振る舞い」といいます。

神式では、「直会の儀(なおらいのぎ)」と言います。仏式も神式も特にメニューが決まっているわけではありません。

キリスト教式葬儀では、「茶話会(さわかい)」と言うものがあります。

日本式の和風料理に代わってケーキやお菓子にコーヒー・紅茶等で故人を偲んで思い出を話す時間となります。

最近の家族葬等、宗教儀式のない葬儀では、会葬者が気軽にとれるサンドイッチやオードブル等が用意されることもあります。

お別れの会や偲ぶ会等ではより宗教色は失われ、パーティー形式に近くなります。

葬儀の形式と食事の内容

葬儀の形式が仏式なのか神式なのか、葬儀後のお別れ会なのか、はたまた本人参加の生前葬なのか、人数の多い一般葬なのか家族葬なのか等によって、用意する食事内容も自ずと違ってきます。

仏式の葬儀の通夜振る舞いで一般的によくあるメニューはお寿司でしょうか。

通夜に生ものなんて少し不思議な気もした人も多いと思いますが、準備のしやすさというのが一番の理由かもしれません。

よそう必要がなく、誰でも1個から食することができますから、15分程度で帰られる方にも1時間位参加される方にも給仕の必要なくセルフで食して頂けます。

また、おかずには、やはり1個ずつ食べられるという理由から煮物や揚げ物・天ぷらの盛り合わせ等も登場することがあるようです。

そう言った意味で良く似たスタイルの洋風のものが、やはり1個からつまめるサンドイッチやケーキでしょうか。

注文時にもあまりシビアな個数のカウントは必要なく、手軽に注文できるメニューです。

実際にまだご遺体が安置されていて、葬儀を控えた通夜の場合の食事は、華やかさを抑えた雰囲気のメニューになりますが、葬儀後1カ月もたった後のお別れ会や偲ぶ会等では、故人の知人同士の交流の場となり、立食パーティーの様な雰囲気となりますから、料理のメニューも華やかなパーティーメニューとなるようです。

料理のコストを下げたい場合には、和式であっても和菓子とお茶等でキリスト教式の茶話会に近いものにする向きもあります。

通夜振る舞いで出される飲み物

お茶とお菓子の茶話会式の場合であれば、大きな急須に緑茶を用意したり、給茶機でのお茶の配布やコーヒーの出る機械等でいれて会葬者に配布することができますが、最近では、ペットボトルの緑茶やウーロン茶、子供向けにジュース、大人向けに、ノンアルコールビールの準備をすることが増えています。

これも個別対応でき給仕の手間がいらない為です。

以前は、遺族の親戚が夜通しお酒を飲み明かす等のこともあったようですが、最近では、通夜後親戚は大半の人が帰宅する為、帰宅時の事にも配慮した上でノンアルコールのビールやお茶やジュース等ソフトドリンクを準備することが多いようです。

多彩なメニューと出席者のマナー

最近の通夜振る舞いは、寿司や天ぷら等の和食にとどまらず洋風のサンドイッチやオードブルなどメニューも多彩です。

中には、生前故人がよく作っていた料理のメニューを再現した料理が振舞われる場合もあります。

通夜振る舞いに出席しても、何も頂かずにお話だけして帰る人もいますが、せっかく出された料理やお菓子は一つでも良いので頂くようにしましょう。

遠慮する人ばかりでは、料理を全く無駄に余らせてしまい処分するのももったいない気持ちになってしまいます。

故人の思い出話に花を咲かせ、少しでもお菓子や料理を頂いた上で退席するようにするのが礼儀です。

葬儀を控えた遺族の疲れが出ないように早めに退席するように心がけましょう。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704