家族葬と密葬はどう違うのか?

家族葬は、近年増加傾向にありますが、密葬という言葉を耳にされた方は、少ないのではないでしょうか?

参列者数が少なく親族が中心で、小規模な葬儀という点では家族葬も密葬も同じなのですが、葬儀内容や流れ、費用など異なる点はいくつかあります、今回はそんな家族葬と密葬の違いについてお話していきたいと思います。

家族葬と密葬の違い

双方ともに、親族が主となり、近しい友人知人など縁の深い方のみで行う葬儀ですが、以下の点で違います。

 

「家族葬」はそれだけで葬儀が完結します。

内容や流れ、基本的には一般的な葬儀と同じなのですが、参列者が少ない分、費用面で飲食接待費などが少額にはなるのですが、香典は見込めないので、費用負担は実際には一般葬と同じくらいか、多少増える場合もあります。

 

「密葬」は後日、本葬が控えている事が前提です。

大人数が集まると想定される本葬の前に、取り急ぎ親族や近親者のみの少人数で葬儀を行うことです、この点が大きく違います。

また、密葬の後に本葬を執り行いますので、本葬の規模は大きくなることが多く、費用負担は高額になる傾向にあります。

 

例えば、故人が著名人だった場合に、多数の参列者が訪れ、遺族はその対応に追われ、故人とゆっくりお別れする時間をもてないことが予想できます、そのため、先に近親者のみで葬儀、密葬を行い、大切な故人とのお別れを心置きなく行ってから、後日、一般の参列者を呼ぶ本葬を行うケースが多くあります。

本葬は“お別れ会”や“しのぶ会”などの名で呼ばれ、無宗教形式で行われるケースが多いです。

尚、後に本葬を行わない場合でも、故人の生前の肩書きを考慮して、家族葬よりもさらに小規模の葬儀という意味合いで密葬と呼ぶこともします。

 

家族葬か密葬どちらにすべきか?

家族葬の場合は、葬儀終了後に、故人へお別れを言えなかった友人知人が後日自宅へ直接お参りに来られる可能性があります。

故人が生前、著名人であり、社会的地位が高かった場合には、その後の来訪者も多く、遺族は応対に追われてしまい大変になることが予測されますので、その様な場合に、密葬を選ばれ、後に本葬を行い、一般の方もお別れできる場を作ることをお勧めします。

故人へお別れを言いたい方は思いの外多くいらっしゃいます、故人を亡くした悲しみは親族だけでは無いことを念頭に、配慮を欠く結果に繋がらないようにしましょう。

 

密葬の注意点

密葬は文字通り、亡くなったことを公にせず、身内だけで行う葬儀をそう呼びます。

密葬を行うことが事前に周囲へ伝わらないように注意が必要です。

例えば周囲に、密葬を行うことが伝わってしまった場合に、葬儀へ参列したいと希望を言われたり、どうして呼んでくれないのかと、想定外の多くの弔問客が訪れてしまうことが考えられます。

密葬を行う意味が無くなってしまいますし、大事な家族を亡くした悲しみの中で、多くの弔問客を対応することは大変です。

自宅で行う場合には予め、近隣住民の方へ密葬で行う事や、弔問は辞退することを伝えておきましょう。

また、親族へ、密葬なので呼ぶ人は限定して行う事と、後日改めて本葬を行う為、一般の方はそこで弔問していただくことを説明し、後のトラブルを招かないよう了承を得ておきましょう

 

まとめ

家族葬は近年増加傾向にありますので、耳にされた方、参列された方も多いかと思いますが、密葬についてはご存じ無い方の方が多いのではないでしょうか。

知ることで事前に準備できることもあります、もしもの時に慌てずに済むよう、知識を深めると良いでしょう。

家族葬のメリットとデメリットについて

2020年の新型コロナウイルス感染症拡大により、参列者を限定した「家族葬」を選ぶ方が急増しています。ここでは、「家族葬」のメリットとデメリットについて、ご紹介します。

「家族葬」とは?

明確な定義はなく、一般的に、ご家族や親しい友人を中心とした葬儀の総称として用いられています。

ご家族や故人様が、あらかじめ参列者の人数を決めておくことができる葬儀のかたちで、人数の制限はありません。例えば、一緒に暮らしていたご家族のみで、静かに故人様を送るのも「家族葬」になります。一方、生前にファミリーのように親しく付き合っていた仲間たちが集まり、100人以上で執り行う場合も「家族葬」と呼びます。

お伝えする目安は?

「家族葬」で、ご案内する範囲に決まりはありませんが、一般的に、葬儀をお伝えするご親族の目安は、二親等以内の血族になります。

具体的には、本人又は配偶者から数えて、二世を隔てた関係にある人までのことです。一親等にあたるのは、本人及び配偶者の両親と子供となります。二親等は、祖父母、兄弟姉妹、孫になります。

お伝えするか迷う場合は?

お伝えするか迷ったときは、お伝えするようにしましょう。

判断基準は「故人様が最期に、会いたい方かどうか」になりますが、その方がご親族の場合、後になってから「どうして自分だけ葬式に呼ばれなかったのか」と思われてしまう可能性もあります。

連絡しなかった理由が明確な場合を除き、迷った場合は、お伝えすることをおすすめします。

メリットは?

少人数で、親しい方の参列となる場合が多いため、ご遺族の参列する方への気遣いや準備などが軽減される可能性が高くなります。それにより、故人様とのお別れの時間をとりやすくなり、ご遺族や故人様と親しい間柄の人を中心とした思い出話などをして、故人様をゆっくりとお見送りすることができます。

また、故人様が生前に託した葬儀に対する希望や、ご遺族の希望も取り入れやすくなります。故人様やご遺族の思いを葬儀に反映させ、アットホームなお別れをしやすくなるのが最大のメリットです。

デメリットは?

故人様やご遺族の地位や立場、また地域によっては、「家族葬」を会葬者やご親族に受け入れてもらえない場合もあり、ご遺族に不満を持たれてしまう可能性があります。連絡がなく参列できなかった方に、のちほど苦言を言われるなど、トラブルにつながる場合があるため、注意する必要があります。

事前、事後に、「家族葬」で行う趣旨について、ご親族や故人様と親しかった方々、ご近所の方々に、充分に説明し、理解をしていただくようにしましょう。「故人の遺志で」「新型コロナウイルス感染症拡大防止のため」などという理由を、丁寧にお伝えするようにしましょう。

他には、葬儀後に、ご不幸を知った方がご自宅へお越しになり、結果的にご遺族が負担を感じてしまう場合もあります。

そして、「家族葬」では、一般の方からの香典がほとんど見込めないため、ご遺族の費用負担も大きくなることもあります。

「家族葬」のメリットとデメリットを把握して、葬儀の形を考えるようにしましょう。