家族葬のメリットとデメリットについて

2020年の新型コロナウイルス感染症拡大により、参列者を限定した「家族葬」を選ぶ方が急増しています。ここでは、「家族葬」のメリットとデメリットについて、ご紹介します。

「家族葬」とは?

明確な定義はなく、一般的に、ご家族や親しい友人を中心とした葬儀の総称として用いられています。

ご家族や故人様が、あらかじめ参列者の人数を決めておくことができる葬儀のかたちで、人数の制限はありません。例えば、一緒に暮らしていたご家族のみで、静かに故人様を送るのも「家族葬」になります。一方、生前にファミリーのように親しく付き合っていた仲間たちが集まり、100人以上で執り行う場合も「家族葬」と呼びます。

お伝えする目安は?

「家族葬」で、ご案内する範囲に決まりはありませんが、一般的に、葬儀をお伝えするご親族の目安は、二親等以内の血族になります。

具体的には、本人又は配偶者から数えて、二世を隔てた関係にある人までのことです。一親等にあたるのは、本人及び配偶者の両親と子供となります。二親等は、祖父母、兄弟姉妹、孫になります。

お伝えするか迷う場合は?

お伝えするか迷ったときは、お伝えするようにしましょう。

判断基準は「故人様が最期に、会いたい方かどうか」になりますが、その方がご親族の場合、後になってから「どうして自分だけ葬式に呼ばれなかったのか」と思われてしまう可能性もあります。

連絡しなかった理由が明確な場合を除き、迷った場合は、お伝えすることをおすすめします。

メリットは?

少人数で、親しい方の参列となる場合が多いため、ご遺族の参列する方への気遣いや準備などが軽減される可能性が高くなります。それにより、故人様とのお別れの時間をとりやすくなり、ご遺族や故人様と親しい間柄の人を中心とした思い出話などをして、故人様をゆっくりとお見送りすることができます。

また、故人様が生前に託した葬儀に対する希望や、ご遺族の希望も取り入れやすくなります。故人様やご遺族の思いを葬儀に反映させ、アットホームなお別れをしやすくなるのが最大のメリットです。

デメリットは?

故人様やご遺族の地位や立場、また地域によっては、「家族葬」を会葬者やご親族に受け入れてもらえない場合もあり、ご遺族に不満を持たれてしまう可能性があります。連絡がなく参列できなかった方に、のちほど苦言を言われるなど、トラブルにつながる場合があるため、注意する必要があります。

事前、事後に、「家族葬」で行う趣旨について、ご親族や故人様と親しかった方々、ご近所の方々に、充分に説明し、理解をしていただくようにしましょう。「故人の遺志で」「新型コロナウイルス感染症拡大防止のため」などという理由を、丁寧にお伝えするようにしましょう。

他には、葬儀後に、ご不幸を知った方がご自宅へお越しになり、結果的にご遺族が負担を感じてしまう場合もあります。

そして、「家族葬」では、一般の方からの香典がほとんど見込めないため、ご遺族の費用負担も大きくなることもあります。

「家族葬」のメリットとデメリットを把握して、葬儀の形を考えるようにしましょう。

家族葬の費用や流れとは?

身内の方が亡くなられた際に、会社関係者や友人知人、ご近所の方など広く参列してもらう「一般葬」ではなく、近年は価値観の変化に伴い、家族や親族、ごく親しい人たちだけで執り行う「家族葬」が広く受け入れられつつあります。

今回は、家族葬について、その費用や葬儀内容などをご紹介していきたいと思います。

家族葬の葬儀の形、流れとは

家族葬は、簡単にいうと、家族や親族、故人と特に親しくしていた友人や知人を呼び執り行う小規模な葬儀です。

 

家族葬の流れは、一般的な葬儀の流れと違いはありません、一般葬同様に通夜と告別式を行い、それぞれの地域の慣習に従うのが一般的です。

 

仏式の葬儀の一例

 

1日目‥ご逝去されたことを関係者へ連絡し、遺体安置所の決定、葬儀社の手配と搬送

2日目‥葬儀社と打ち合わせ、参列者へ連絡、通夜

3日目‥葬儀・告別式、出棺・火葬、初七日・精進落とし

 

ただし、家族葬には定められた形式が特に無いため、人数に制限もないですし、僧侶を招かずに執り行うことなど、家族葬の形や流れも様々です。

 

 

家族葬がおすすめの場合

年々増加傾向にある家族葬は、どういった場合に向いていると考えられるでしょうか。

一般葬の場合、喪主は参列者への応対に追われてしまう為、実際には故人とのお別れの時間をゆっくりと持てないということがありますが、家族葬のスタイルでは、ごく身近な家族・親族・親しい人たちだけで、心静かにお見送りをしたいという希望を叶えることが出来るでしょう。

 

また、高齢化が進んでいる現代では、故人・喪主ともに高齢な場合(例えば故人が90代、喪主が70代のような場合)も珍しくありませんが、その場合には、両人とも退職していて仕事上の関係者や、故人の友人・知人の多くは既に亡くなっていたり、交流も無い場合が殆どです。

こうしたケースでは、参列者の範囲を限定する家族葬という形式の方が執り行いやすいと言えるでしょう。

 

家族葬のメリット・デメリット

 

メリット

・家族や親族だけでお見送りする家族葬は、故人との最後の時間をゆっくりと過ごせるでしょう。

 

・親族に限られた葬儀なので、日程をスムーズに執り行い易いです、一般葬では参列者の範囲も広く、葬儀日程の告知や準備に一定の時間を要しますが、そういった手間が掛かりません。

 

・参列者数の予測がつくので、通夜振舞いや精進落としなどの準備し易いです、一般葬では参列者の人数が当日にならないと分からないので、多目に支度をしないと戸惑うことがあります。

 

・葬儀が小規模であれば、接待関連費用等の必要経費も抑えられますので、一般葬に比べ費用を抑えることができる場合が多いです

ただし、小規模でもプランによっては費用に影響することもありますし、香典による葬儀費用の補填は出来ないので注意が必要です。

 

デメリット

・参列者を家族や親族などに限定する為、後日弔問に訪れる方がいらしたら個別に応対をしなくてはなりません。

 

・親族以外に葬儀日程を連絡する場合は、例えば、近親者のみの家族葬を行うから参列はご遠慮願いたい旨や、家族葬ですが宜しければ参列願いたいなど、意向をはっきりと伝えることで、連絡を受けた側は、参列すべきかどうか頭を悩ませずに決めることができます。

故人と特に関係が深かった友人、親しかった方のうち、後に弔問に訪れるであろうと予想できる方に、何も知らせずに葬儀を行えばトラブルのもとになりますので、前もって連絡することを検討しましょう。

 

 

家族葬にかかる費用は?

費用の全国平均は約100万円ですが、会葬者の人数により飲食費や返礼品等の接待費が変動します、最も安いものでは、30万円前後になります。

 

小規模の為、費用も少なく済むようなイメージのある家族葬ですが、参列者数が少ないことによる接待関連費用や、施設利用費用が抑えられることができますが、プランによっては変動があることや、それ以外にかかる費用は一般葬とあまり変わりません。

また、家族葬では、参列者から香典を受け取らない事が主流で、受け取るとしても参列者数が少ないため、低額になります。

香典収入を見込めない点を認識しておく必要があります。

 

予算の内訳も一般葬の場合と変わりません。

ただし、葬儀内容によって料金は変わってくるため、数社から見積書を取り寄せ比較・検討したり、詳細を葬儀社に確認することは、費用を抑えたいとしたときに必要なことです。

 

まとめ

家族葬は、参列者が限られているため、厳かな雰囲気の中、生前の故人を知る人たちと、ゆっくりとお別れすることができます。

家族や親族とも相談した上でご検討してみてはいかがでしょうか。