葬儀の世話役

世話役とはどんなことをする人?

 

葬儀は、昔は隣近所の地域の人々の繫がりで同じ町内会の人等がお手伝いをしたものですが、今は核家族化も進み、若い世代では共働き世帯も多いため、そういった町内のお手伝いの風習は失われつつあります。

地方の町内会ではそういった助け合いの習慣がまだ残っている場合もあり、中には不慣れながらも葬儀の世話役を頼まれるケースもあります。葬儀社がほとんどを取り仕切ってくれる昨今ですが、では世話役とはどんな役目を果たすポジションなのでしょうか。

世話役は、葬儀を行う上で必要と思われる事の中で葬儀社が担当できない部分をフォローしたり、葬儀全体を指揮したり葬儀のお手伝いの人を統率したりするなど、葬儀全般に常に目を行き届かせて滞りなく葬儀が行えるようにあらゆることに気を配る役目を担う人です。

葬儀場の駐車場に警備員の配置をしたり、炊事場でお茶出しやお菓子の準備、お斎(おとき)の配膳や洗い物をする女性を選んでお願いしたり、受付をする人の人選や会計係の人選、僧侶のタクシーの手配等、葬儀社でも手配をしてくれますが、葬儀のプランによっては、スタッフの人数が足りない場合もあるので、全くの遺族と葬儀社だけで葬儀を行うよりも心強いと言えます。

特に多くの会葬者が予想される葬儀の場合は、必ずと言っていいほど世話役が葬儀を統率・指揮することが望まれます。大規模な葬儀の場合は、この世話役が何人も必要で、その上に更に一人世話役代表を決めて、全てを把握し遺族と葬儀社をフォローします。

世話役を頼まれる人

 

世話役が必要な葬儀は、一般葬の比較的規模の大きな葬儀や、社葬等です。逆に家族葬等で、会葬者の人数も少ない場合は、世話役は必要ない場合がほとんどです。

家族葬では、ほとんどの葬儀社が親身になって世話してくれますから、わざわざ世話役を置かなくても無事に滞りなく葬儀が行えます。では、社葬等で世話役を頼まれるのはどんな人でしょうか。

それは、会社の中で社歴も長く、総務部等に所属する年長の社員が選ばれ頼まれることが多いようです。

こういった人は、会社の行事等を数多く仕切ってきている経験も豊富な為、そつなくこなしてくれるからです。

葬儀社も世話役がこういった人であれば安心して打ち合わせができます。また、会社の中で、引き受けられるのは自分しかいないと自負している人も多く、快く引き受けてくれる場合がほとんどです。

社葬ではなく一般葬の場合に世話役を頼まれるのは、町内会の班長さん等が多く見受けられます。故人が高齢者でしかも夫婦のみの世帯で、喪主が高齢の配偶者等の家庭では、長男世帯が離れて暮らしていてすぐに駆け付けられない等の事情も近年増えて来ている為、また町内での手伝いの要請の必要がある場合等には指示が出しやすい立場だからです。

この場合も班長さんは、引き受けてくれることが多いでしょう。しかし近年町内のいろいろな役職も高齢化が進んでおり、引き受けたくても、その人自身が病気療養中等であれば難しいでしょう。

そうした場合は、必ずしも世話役を決めなければならないわけではなく、葬儀社が全て取り仕切って行ってくれますので心配は不要です。

世話役はできればいてくれていた方が遺族も葬儀社も有り難いということですので、世話役がいないと葬儀社や遺族が困るということではありません。

社葬の場合は必ず世話役を決めますが、一般葬の場合は葬儀社に頼りきりになっても良いのです。葬儀社も親身になって誠心誠意動いてくれるはずです。

それが葬儀社の評価を決めると言っても過言ではないのですから当たり前といえば当たり前です。誠心誠意葬儀のお世話をして遺族から感謝の言葉をもらえるのは大きな仕事のやりがいとなっているはずです。

よく遺族からの葬儀後の感謝の手紙等がチラシ等で紹介されていますが、そう言った遺族との心の交流が葬儀社のスタッフの生きがいなのです。