葬儀での数珠の使い方

通夜・葬儀に持っていく仏具である数珠ですが、その使い方をご存知でしょうか?

とりあえず手にかけて使用する・・・というような感じで使用する人も多いですよね。

実は、数珠には正しい持ち方や使い方があり、数珠にもきちんとした意味があるのです。

通夜や葬儀で焦ってしまわないよう、数珠の使い方についてお話ししたいと思います。

【数珠とは?】

数珠とは、お経や念仏を唱える回数を数える為に使用するものです。

その為、数珠の事を念珠と呼ぶ場合もあります。

数珠は、古来インドのヒンズー教のバラモンが儀式用に用いており、その後、密教の僧侶が使い始めたと言われています。

当時の日本では貴族仏教徒のみ使用していましたが、鎌倉時代になってからは一般の仏教徒も使用するようになりました。

数珠は、持っているだけで魔除け厄除けになり福を授かると言われており、持っている事で厄を払う事ができたり、その持ち主を守ってくれると言われています。

さらに、数珠を持つことで仏様の世界と通じる事が出来るとも考えられています。

数珠は持っている程、使用する程に思いが深くなるとされているので、長く大切に使用すると良いでしょう。

 

【数珠の種類】

数珠は大きく分けると、大連数珠と片手数珠に分けられます。

通常、本連数珠は二数珠・片手数珠は一連数珠が多いとされていますが、宗派によっても異なります。

・本連数珠

宗派の正式な数珠を本連数珠と言い、本式数珠とも言います。

宗派によって、珠の数・形状・房の形などが異なりますが、一般的には珠の数は人間の煩悩の数と言われる108個で、輪が二重になった二連数珠が多く使用されています。

・片手数珠

片手数珠は、宗派を問わず使う事が出来、略式数珠とも言われます。

珠の数は本連数珠の108個を基本に、その半分や3分の1などに減らしたものが一般的です。

また、珠の数が少ないことから単念珠と言われる場合もあります。

近年ではいろいろなデザインのものが販売されており、持ちやすくどの宗派でも使用出来る事から、片手念珠を持っている人が多いようです。

 

【数珠の使い方】

基本的な使い方は次の通りですが、宗派によって異なる場合があるので事前に確認しておくと安心です。

・持ち方

数珠の正しい持ち方は、座っている時は左手首にかけ、歩くときは房を下にして左手で持ちます。

この時、長い数珠は二重にしましょう。

左手で数珠を持つ事には意味があり、左手は仏様の清浄な世界・右手は信仰の世界(私たちの世界)を指している為です。

・焼香の時

房を真下にたらし、親指と他の4本指にかけで親指で軽く押さえ、指を伸ばし両手をぴったりと合わせます。

合掌をする際は、短い数珠の場合は親指と人差し指ではさみ、長い数珠の場合は両手の中指にかけ渡して手を合わせます。

席を離れる時に椅子や畳の上に数珠を置くのはマナー違反となるので注意が必要です。

必ずバッグやポケットの中にしまうようにしましょう。

 

【数珠を買い替える時は】

数珠を買い替える際、今まで使用してきた数珠をどうするべきなのか悩んでしまいますよね。

使わなくなった数珠は、お付き合いのあるお寺や仏具店などで供養をしてくれる場合もあるので、問い合わせてみると良いでしょう。

今まで略式数珠を使用していて新しく数珠を購入する場合は、まず宗派を問わない略式数珠か自分の宗派の本連数珠を購入するか検討する必要があります。

数珠は宗派によって異なるので、本連数珠を購入する際は事前に確認してからの購入が安心でしょう。

 

【数珠が切れた!不吉な知らせ!?】

数珠のひもは丈夫な素材で出来ていますが、当然いつかは切れてしまいます。

数珠が切れると、縁起が悪い・不吉な知らせでは?と思う人も多いのではないでしょうか。

しかし、仏教では形あるものはいつかなくなると考えられているので、数珠が切れたからといって不吉という事はありません。

むしろ、数珠が切れたことで「悪縁」が切れたと考えられています。

 

 

夫婦墓ってご存知ですか?

時代によってお葬式や埋葬の形式も変わりつつあり、それぞれ自分にあったものを選択出来るようになってきました。

お墓に対しての考え方も、少子高齢化や晩婚化の影響をうけ変わってきています。

先祖代々続くお墓を受け継ぐ方や新しくお墓をたてる方、それ以外にも納骨堂や永代供養など様々な選択肢があります。

そんな中、最近注目されはじめたのが「夫婦墓」というお墓です。

その名の通り夫婦だけで入るお墓ですが、どんなものか知らない方も多いのではないでしょうか。

そんな夫婦墓についてお話ししたいと思います。

そもそも夫婦墓は何の為にあるのか…。

最近は少子高齢化や晩婚化、核家族の増加など、様々な時代背景によりお墓をもつ事を懸念する人が増えてきています。

お墓の継承者がいない場合もめずらしい事ではありません。

さらに、残された子ども達に対してお墓が重荷になってしまう事を不安に思い、先祖代々続いていくお墓を選択しないという考えもあります。

そういった背景から、自分たちの代で終わるお墓の形を選択する方が増えてきたのではと思われます。

その選択肢のひとつとして夫婦墓があげられます。

夫婦墓とは

先祖代々続くお墓とは異なり、夫婦だけで入るお墓です。

夫婦に子どもがいたとしても、子どもが継承していくお墓ではありませんので、子どもは夫婦墓には入りません。

夫婦が同時に亡くなる事は少ないので、一般的にはどちらかが亡くなった場合に夫婦墓に埋葬し、後に残された伴侶が亡くなった際に同じ墓に埋葬する事で本当の夫婦墓となります。

継承者はたてず、三十三回忌や五十回忌が過ぎた後に、永代供養していただくよう生前に霊園や寺院と契約しておくケースが多いです。

そうする事で、お墓は一代でその役目を終える事となります。

本来は夫婦二人のみが入るお墓ですが、先に伴侶に先立たれ、後に再婚した場合は再婚した相手も夫婦墓に入る事が出来ます。

夫婦墓のメリット

大きなメリットとして、継承者が必要ないという事があげられます。

少子化により、子どものいない世帯も多くなっていますし、子どもがいたとしても遠くに住んでいてなかなか帰省出来ない場合もあります。

そのような場合、お墓を管理することが難しくなってくることや家族に負担をかけたくないという理由から、夫婦墓のような形式を選択するケースも多くみられます。

永代供養ですと、一般的にお墓の管理や法要も寺院が行ってくれるので、親戚の方への負担も軽減されます。

代々続くものとは違い、好きなデザインで建てられるので、個性的なものや思い出を感じられるものなど、夫婦だけのオリジナルの墓石を建てられるのも特徴です。

一代で役目を終えるお墓になるので、夫婦の好きな寺院にお墓をたてる事が可能です。

例えば、家から近い場所や交通の便の良い場所、夫婦の思い出の場所や景色の良い場所など、全国の寺院から選択出来るのも魅力です。

料金についても、最初に全額支払うのが一般的なので、後にお布施や管理費等を支払う負担がありません。

これについては寺院によって違う場合があるので、確認しておくと安心感です。

夫婦墓のデメリット

永代供養の場合、一定期間を経て合同墓に埋葬されます。

そうすると遺骨を取り出すことは不可能となりますので、後に家族のお墓に埋葬したいと思っても移動する事が出来ません。

先祖代々の墓をもっていて、自分達が夫婦墓を選択する場合、先祖代々のお墓が無縁仏になってしまわないよう永代供養が必要となります。

その際に、自治体や法律に乗っ取って手続きを進めなければなりません。

予算の面で、家族墓より安く建てることは出来るかもしれませんが、お墓を購入する事になりますので安価ではありません。

予算をおさえたい場合には、二人用の納骨堂などの選択肢もありますので、いろいろ調べて家族で話し合い、納得してからの購入がよいでしょう。