葬儀後の主な法要

法要とは

法要とは、いわゆる法事のことで、ここでは仏式の法要について触れていきます。

仏教においては人が亡くなってから7週間(49日間)は、現世と冥土の間をさまよっていると言われてきましたので、古くは7日目ごとに追善供養の日が設けられていました。これらの供養を行うことで、死者の魂が無事に成仏できるよう願ってのことです。

 

死後7日目 初七日

死後14日目 二七日

死後21日目 三七日

死後28日目 四七日

死後35日目 五七日(地域によっては忌明けとし、納骨を行うことがあります)

死後42日目 六七日

死後49日目 七七日(四十九日と呼ばれる方が一般的です)

 

四十九日の法要

 

四十九日の法要に合わせて、納骨や位牌の閉眼法要と本位牌の開眼法要を行うことが増えているようです。この法要は出席者の予定などを考え、前倒しにした土日に行われることが多いため、僧侶の手配に困ることがあります。葬儀を終えて一息つく間もなく、四十九日の法要の準備に取りかかる必要があります。

また本位牌を用意するのにも2週間ほどかかりますので、僧侶の手配と同じく早めに行った方が良いです。

 

四十九日の法要は自宅やお寺のお堂で読経をしてもらうことが一番の目的です。

その他に、葬儀の時にいただいた白木の位牌から魂を抜き、本位牌へ魂を移すための儀式も行います。これを仮位牌の閉眼法要と本位牌の開眼法要といいます。四十九日の法要に続きこれらの法要にも読経をあげてもらいます。

既にお墓があり、四十九日の法要と同時に納骨をする場合は、お墓の前でも読経をしてもらいます。菩提寺がある場合はそのお寺に出向いて行うこともあります。法要当日に親族が多く、大人数での移動が見込まれる際はマイクロバスなども手配しなければならなくなります。

 

納骨に際しても読経をしてもらい、僧侶に仮位牌のお焚き上げを依頼し、お布施をお渡ししたら、親族で精進落としの会食となります。忌明けの席ですので、故人にちなんだ思い出の話に花を咲かせて、無事極楽浄土へ旅立ったであろうことに感謝をしましょう。

 

亡くなられた方がご高齢だった場合、その方のご兄弟や姉妹、血縁者もご高齢になられていることもあるかと思います。天候や季節によっても出席が難しいと予想される時は、ご本人や付き添われる方に相談するなど心を配ることは決して失礼にはなりません。ごく限られた親族だけで法要を行うことを告げ、お互いに納得の上で辞退していただくのもわだかまりが残らない方法でしょう。

年忌法要

 

死後100日目 百か日

死後満1年目 一周忌

死後満2年目 三回忌(死亡年を含めて3年目とします)

死後満6年目 七回忌(死亡年を含めて7年目とします)

死後満12年目 十三回忌(死亡年を含めて13年目とします)

死後満16年目 十七回忌(死亡年を含めて17年目とします)

死後満22年目 二十三回忌(死亡年を含めて23年目とします)

死後満26年目 二十七回忌(死亡年を含めて27年目とします)

死後満32年目 三十三回忌(死亡年を含めて33年目とします)

 

亡くなられた同月同日の命日を「祥月命日」といいます。年忌法要は祥月命日に行う法要で、数え方は上記の通りです。一周忌と三回忌は四十九日の法要と同じくらいの規模の法要になることが多く、三十三回忌までを区切りとし弔い上げとする考え方が多いようです。

 

しかし近年では、ご高齢で亡くなる方が増えたので十七回忌で区切りをつけることも多くなってきています。ここで区切らなければならないという決まりはありませんので、弔いの気持ちを大切に故人を想うことが大切なのではないでしょうか。

 

四十九日は一周忌までの法要の中で一番重要な忌明けの法要であり、ごく近しい近親者を招いて行います。葬儀までは葬儀社が喪家と一緒に動きますが、その後の法要は全て施主が進めていかなければならないので段取りをするのが大変な一面もあります。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

お葬式の日取りと六曜

お葬式の日取りの決め方

 

婚礼と違い、葬儀の日取りは事前に決めておくことができない儀式です。

そのため、亡くなられた翌日にお通夜、翌々日にお葬式という流れが一般的な日取りになります。

稀に、亡くなられたのが午前中だった場合にはその日の夕方からお通夜、翌日にお葬式ということもあります。

 

しかし、カレンダーにも記載があるように日本には六曜という暦の考え方が浸透しており、ご親族の方々の中には日取りを気にされる方もいらっしゃいます。

 

そのような場合には、何を基準に決めれば良いのでしょうか。

今回は、基本的な六曜の考え方とお葬式の関係について、考えていきたいと思います。

 

六曜とは

 

昔、中国で生まれた占いに準ずるものと言われています。

一か月を7日で区切るように、一か月を6日で5等分に区切ったのが発生起源のようです。

使われるシーンは、勝負事や争い事などにおいて吉凶の目安になるものであり、日本に入ってきてから冠婚葬祭の日取り決めにおいて重要視されるようになったのはだいぶ最近になってからと言えそうです。

では一つひとつ、その名前が持つ意味を見ていきましょう。

 

先勝

読み方:「せんしょう」、「せんかち」、「さきがち」、「さきかち」など。

意味:先んずれば人を制すとように、先手を打つことが良いとされる日です。

後に、先を午前中という時間帯に置き換え、午前中が吉。午後2時~6時が凶と言われるようになりました。

仏事においては忌み嫌われる日取りには当たりません。

 

友引

読み方:「ともびき」、「ゆういん」

意味:勝負事では共に引き分けになる日とされていました。

現在のように友という漢字が当てはめられたことにより、友を冥土に引き連れてしまうと凶事を連想されるようになり、休業する火葬場もあります。そのため、亡くなられた日の翌々日が友引の場合は一日ずらしてお葬式を執り行うことがあります。

しかしながら、六曜自体が仏教と関係がないことから、六曜に左右されない宗派があることもまた一緒に覚えておきましょう。

 

先負

読み方:「せんぶ」、「せんぷ」、「せんまけ」、「さきまけ」など。

意味:焦って勝ちを急ぐと負けるという意味です。何事も冷静に対応するべきだという戒めを思い出すことが大切であり、本来であれば吉日です。

これも後に、午前中は凶で午後は吉という意味合いに変化していきました。

先勝と同様に、仏事を執り行うのには問題のない日取りとされています。

 

仏滅

読み方:「ぶつめつ」

意味:世の中のすべての物事がうまくいかない日という意味で、昔は物滅という漢字が使われていたようです。

何事も控えておくことが良い日ですが、仏事は例外的に問題ないとされています。

他には、すべてが滅びゼロになる何かをスタートさせるには最良の日という考え方もあります。

 

大安

読み方:「たいあん」、「だいあん」など。

意味:六曜のなかで、何事も成功する日とされています。

結納や結婚式、引越し、地鎮祭など様々な場面で選ばれる吉日です。

門出によく選ばれる日ではありますが、仏事を執り行ってはならないという日ではありません。

お葬式がたまたま大安に当たるからといって気にする必要は無いということです。

 

赤口

読み方:「しゃっこう」、「しゃっく」、「じゃっこう」、「じゃっく」、「せきぐち」など。

意味:赤から連想される火や血に気をつけなければならない日です。

大安の真逆で、六曜の中では仏滅よりも凶日ですが、午前11時~午後1時の2時間だけは問題がない時間帯とされています。

仏事は例外ですので、時間帯を気にすることなく葬儀を執り行うことができます。

 

 

六曜と仏事

 

中国の占いを起源とする六曜という暦の解釈。

漢字の移り変わりにより、日本の儀式と大変繋がりの深いものになってきた歴史があります。

特に仏事において友引は一番良くない日という考え方が浸透しており、ご親族の中には気にされる方もいらっしゃることでしょう。

 

様々なトラブルを避けるためにも暦の意味を知っておく必要はありますし、最低限説明ができるように知識を持っていることはとても大切なことなのです。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704