不祝儀袋をふくさで包む

不祝儀袋をふくさで包む

不祝儀袋の種類はそんなに多くありません。

大体が黒白の水引か、双銀の水引の結びきりのものです。

キリスト教の場合の不祝儀袋には水引のものは使わず、十字架や、ゆりの花の印刷されたもの、もしくは白無地の封筒になります。

そして、宗旨によって違いがでるのが、外袋の表書きの上段です。

宗旨がわからない時は、「御霊前」と書きます。

仏式であれば、「御香典」でも「御霊前」でもよく、神式であれば、「御玉串料」「御霊前」「御榊料」「御神前」等。

キリスト教であれば、「御花料」「御ミサ料」「御霊前」等と書きます。

下の段には、名前をフルネームで書きます。

いずれも悲しみ事であるため、薄墨で書きます。

くれぐれも、マジックやサインペン、ボールペンで書いてはいけません。

コンビニで薄墨タイプの筆ペンを売っていますから、そういったものを使用すると良いでしょう。

表書きの差出人の名前の書き方

差出人名の書き方にもルールがあります。個人で出すのか連名で出すのか、会社や団体で出すのか等によって書き方が変わって来ます。宗旨を問わず薄墨で書くのが基本で、連名で書く場合は、友人同士であれば、五十音順で右から書いていくか、親しかった順に右から書きます。夫婦の場合、共通の友人であれば夫婦連名で、夫側の親戚であれば夫の名前だけ書いてもよいでしょう。会社や団体で出す場合には、会社名、団体名を差出人欄に書き「一同」と書きます。それとは別に、別紙に個人名を列記したものを中に入れ、「お返しはご遠慮いたします」の一文を添えます。それは遺族が多人数への返礼品の心配や経済的負担をさせないための心配りです。

不祝儀袋の裏側の重ね合わせは下向き

不祝儀袋に正しい表書きができたら、裏も必ず確認しましょう。

重要なのは、重ね合わせの向きです。

弔事なので、悲しみを流すという意味で、折り返し部分の上向きが中(内側)に入って、外側には下向きが出ているのが正しい不祝儀袋の裏側です。

特に注意して、確認しましょう。

弔事と慶事は真逆となるので、間違えて故人や遺族に失礼となる事のないよう、必ず確認しましょう。

不祝儀袋をふくさで包む包み方

ふくさには、台付きと台のないものがあります。

この台も、慶事用と弔事用で、色が違います。

慌てて慶事用の朱い台のものを選ばないように注意が必要です。

せっかく不祝儀袋を正しく用意できたのに、ふくさの選び方で失敗しては元も子もありません。

必ず黒い台の弔事用を使用します。

台付きのふくさでは、爪があらかじめついていて、この爪の位置を、最初包む時に、左側にくるように菱形にふくさを置きます。

その上の黒い台の上に、不祝儀袋を置き、四カ所の角を正しい順番に折っていって完成させます。

【ふくさの包み方】

①まず、爪を左側にくるように菱形に置きます。

②次に、右側の角を不祝儀袋の上にかぶせ、右側のラインを台に沿わせます。

③次に、下側を上へラインに合わせて折ります。

④次に、上側をラインに合わせて下側へ折ります。

⑤次に左側の部分を台のラインに合わせて折り、爪を右側の裏側にある、糸にひっかけて留めます。

このように包めば良いのですが、ふくさにはいろいろな色があるので、赤い色のものは慶事用なので避けて、紫色や灰色等の地味な色を選ぶように気をつけましょう。そして、台の色は黒です。

 

以上のように、不祝儀袋を用意する時に気をつけることはたくさんあります。

まず、宗旨を確認して、宗旨に合った袋を選び、表書きも宗旨に合う言葉を書きます。

名前は、フルネームで書き、中袋には、住所、金額、氏名を書きます。

遺族が整理する時に役立てるためです。

そして、薄墨で書くこと。

そして、不祝儀袋を包むふくさは紫色や灰色のものを選び、台は必ず黒です。

そして、あとは、爪の位置に注意して菱形に置き、右側、上側、下側、左側の順に折って包み、爪をひっかけて完成です。

そんなに難しくはないので、しっかり注意さえすればできます。

十分注意して故人やご遺族に礼を失することの無いようにしたいものですよね。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

併設斎場での葬儀の利点

葬儀場の数と火葬場の数

葬儀の流れとして、一般葬では通夜式を行い、翌日に告別式と火葬をするという形式が多く行われてきました。葬儀場は、葬儀社各社も自社で多くの会場を建てて所有しており、ある程度の余裕を持った受け入れができるようになっています。

ここ数年で、葬儀場の数は増加傾向にあります。

皆さんがお住まいの地域にも次々と新しい葬儀場が建設されているのではないでしょうか。

それも最近の葬儀スタイルの変化の影響もあります。

2日間かけて行う一般葬に加えて、通夜式の無い一日葬や、会葬者を家族やごく親しい友人までに限定した家族葬を選ぶ人が増え、葬儀社もそれに対応した小規模な葬儀プランを用意するようになりました。

葬儀場の増加は、このような小規模の家族葬向けの会場が増加している傾向にあります。

家族葬とかかれた会場を多く目にするようになりました。

ただ、人が亡くなって葬儀を行うということは火葬も行うことであり、葬儀と火葬はいわばセットです。葬儀が終わったら火葬をしなくてはなりません。

そこで、火葬場の数はどうかというと、都市部では十分足りてはいない状況です。

しかも足りていないからと言って今後増やすこともなかなか難しい状況です。

葬儀場の建設には寛容な住民も、火葬場が自宅の近所にできるのは反対する人が多いからです。

住民の反対運動等で土地の選定の段階からつまずくことが多く、なかなか行政も火葬場の新設には慎重です。

葬儀の日程がなかなか決まらないというのは、火葬場が少ない為です。

火葬場の予約が取れて火葬の日時が決まらないことには、葬儀もできないのです。

家族葬の会場

家族葬が増加するにつれて今まで一般的な葬儀場で行っていた家族葬も、家族葬専門に使用する目的で建設された家族葬専用のホールで行われることが多くなってきています。

見た目は、一般葬の会場より、比較的こじんまりした大きな戸建ての家のような建物もあり、会葬者は、家族葬用ホールでは、普通の家にあがるように訪問して、玄関で靴を脱いであがり、小部屋で遺族の近くでご遺体にお別れの面会をしてゆっくりとお別れをするのが特徴です。

ただ、家族葬ホールでのお別れの後には、やはり火葬場に行くことになります。火葬場に行くのは限られた遺族だけかもしれませんが、ご遺体と見送る遺族は火葬場への移動となります。

火葬場が近くにあって、予約がすぐに取れれば問題ないのですが、予約が混み合っている場合、火葬までの間のご遺体の安置が必要となります。

火葬場の併設されている斎場の利点

多くの公営の火葬場には斎場も併設されていることが多いです。

葬儀の後、大移動せずに火葬ができれば遺族の負担を減らし時間短縮にもなりますから、そのような利便性を考えて建設されていると言えます。

家族葬のように、ゆっくりとご遺体に近くで対面し、ゆっくりとした時間を過ごすことはなかなかままなりませんが、斎場で行われた葬儀の後、ご遺体はそのまま火葬場へ移動するので、葬儀にかかる時間は移動時間が無い分、短縮できます。

葬儀場側も回転率が速くなります。利用数を伸ばすことになり結果的には地域住民への貢献度も高くなります

高齢の遺族の負担を減らしてくれる併設会場

葬儀を行うのが高齢の遺族だけの場合も多く、葬儀の間座っているのも大変だという人もいます。

また、高齢の為、葬儀場から火葬場へバスに乗って移動して、広い会場を歩くだけでも大変という人もいます。

そのような高齢の遺族にとっては、一カ所で全てを行える火葬場併設の斎場があれば、体にかかる負担も少なく行えるので安心かも知れません。

また、足腰が弱くて歩くのがつらい遺族には、車椅子の貸し出しを利用すると良いかも知れません。

葬儀場を必ず立って歩かなくてはいけないわけではないので、会場が広く歩くのが大変な場合は、車いすを利用するのもひとつの方法です。

亡くなった人も大事ですが、生きている遺族の健康も大事です。

体に無理のない形で故人を見送ることも故人を安心させてあげることに繫がります。