火葬後に行う骨上げについて

日本では、人が亡くなった際にはほとんどの場合が火葬されます。

ご遺体を火葬した後は「骨上げ」という儀式を行い、遺族の手によって遺骨を骨壺に納めます。

この骨上には決められた手順があり、作法を守って行う必要があります。

もしもの時にしっかりと骨上げを行う事が出来るよう、骨上げの意味やマナーについてお話ししたいと思います。

【骨上げとは】

火葬後に遺骨を骨壺に納める儀式を「骨上げ」と言います。

故人の火葬が終わったらご遺骨の周りに親族が集まり、箸でお骨を拾い骨壺の中に納めていきます。

骨上げを行う際には、2人1組となりひとつの骨を長さの違う竹製と木製の箸1本ずつを1組として拾い、骨壺に納めます。

これには、故人をこの世からあの世に橋渡しするという意味があり、正式には男女1組となり、男性は左から、女性は右から拾って骨壺に入れます。

一説には、葬儀の儀式で多く用いられる「逆」を行うしきたりに準じており、「箸をたがえる」という非日常的な作法を行っていると言われています。

また、竹と木は互いに接ぎ木でないことから「決別」を意味しているという意味があるとも考えられています。

 

【骨上げの手順】

  1. 火葬後

火葬が終わったらお骨の周りに集まります。

ほとんどの場合が、火葬場の係員が火葬の終了を教えてくれ指示をくれるので、その指示にしたがって遺骨を囲みます。

喪主は骨壺を持ち、遺骨の頭部側へ立ちます。

 

  1. 遺骨を拾う

骨上げを行う際には、火葬場にて用意された箸を使用し、2人1組で拾い上げるのが一般的です。

拾い上げは故人との関係が深い遺族から行うのが一般的とされており、骨は足元の尾根から上半身の骨へと向かって順に拾い上げていきます。

参列者全員が骨上げを行っても拾うべき遺骨が残っている場合は、再び縁の深い順からペアで遺骨を拾いあげていきます。

 

  1. 喉仏の骨上げ

骨上げの最後には、喉仏の骨上げを行います。

喉仏の骨上げは、喪主ともう一人の近しい親族がペアとなり行います。

喉仏は厳密にいうと軟骨となるので、実際に骨上げされるのは第二頚椎と言われる骨となりますが、この骨は骨上げの際には重要な物であると考えられています。

その理由は特徴的な形状にあり、第二頚椎は突起や曲線の感じが仏様が座禅している姿によく似ているとされている為です。

 

【骨上げ後は】

骨上げが終了したら、係員によって骨壺の蓋を閉めて包んでもらえるので、受け取り火葬場を後にします。

帰り道は、遺骨は喪主が持ち他の遺族が白木位牌や遺影をそれぞれ胸に抱えます。

お骨が家に戻ったら後飾り檀に安置し、灯明をともして線香を上げます。

 

【東日本と西日本で骨上げの量が違う?】

同じ骨上げの儀式でも骨壺に入れる遺骨の量が西日本と東日本では異なる事をご存知でしょうか?

東日本ではすべての遺骨を骨壺に納めるのに対し、西日本では一部の遺骨のみを骨壺へ納めるのが一般的とされています。

その為、遺骨を入れる量も異なり、骨壺の大きさも東日本と西日本では変わってきます。

西日本では、骨壺へ納めなかった遺骨は火葬場の係員がその場で回収し、共同墓地などへ納められます。

全ての遺骨を骨壺に納める東日本の方は驚くかもしれませんが、この行為は遺骨を乱暴に扱っている訳ではありません。

なぜこのような違いが生まれたかというと、1873年(明治6年)に出された火葬禁止令が関係していると言われています。

火葬禁止令が通達されたことによって遺骨は土葬する事となりましたが、土葬場所の確保は難しく、わずか2年で条例は廃止される事となります。

この火葬禁止令が廃止された時から、遺骨や遺灰は全て持ち帰らなければならなくなりましたが、西日本では喉仏部分などの一部の骨を重要視し、それ以外の骨は火葬場でお願いするというスタイルになったと言われています。

 

なぜ日本では火葬が多いのか

日本ではほとんどの人の埋葬方法が火葬ですよね。

日本の火葬率は99%を超えると言われており、当然のように行われています。

しかし、海外の葬式では現在でも土葬によって埋葬するのが主流となっています。

どうして日本は火葬が主流になってきたのか・・・。

時代と共にどのように変化してきたのか、日本で火葬が行われる理由についてお話ししたいと思います。

 

【明治初期までは土葬が主流だった?】

現在では当たり前のように火葬で埋葬を行いますが、日本でも昔は土葬が主流でした。

明治初期までは、遺体を燃やしたり傷つけたりすることが罪であると考えられており、火葬ではなく土葬が主流の時代だったのです。

他にも、火葬をするためにはたくさんの時間と燃料が必要となる事もあり、明治初期までの火葬率は現代とは真逆で10%にも満たなかったと言われています。

しかし、仏教が広がり始めると埋葬方法が土葬から火葬へと変化しています。

これには仏教の開祖である釈迦が火葬によって葬られたという事が大きく関係していると言われています。

その影響を受け、日本でも徐々に火葬で埋葬する人が増えてきたと考えられます。

 

【日本で最初の火葬】

日本で最初に火葬で埋葬された人物は三蔵法師に師事した道昭という僧侶だと言われており、文武天皇四年(700年)に埋葬されています。

その前までは日本で土葬が一般的で、火葬という文化が入ってきても実際に火葬を行っていたのは貴族や僧侶の間だけで、一般の人は土葬を行う人が多かったと言われています。

その理由として、現在のような立派な火葬施設もなく衛生上の問題が生ずることが多かったことが原因であるとされています。

他にも、神道の一部では火葬は残虐な埋葬方法であるという思想があり、それも火葬を行わない原因のひとつであると考えられています。

 

【火葬禁止令】

時代の流れが、土葬から火葬に変化していく中で、明治6年に火葬による煙や臭気が問題となり「火葬禁止令」が出されます。

これによって土葬による埋葬を行う人が増えますが、土葬は必要とする面積が広いため日本の小さな国土では賄いきれないという問題が浮上します。

事前に土地に関しての調査は行っていたとのことでしたが、この調査がしっかりと行われていなかったのか、すぐに土葬する土地がなくなってしまいます。

葬式を行っても埋葬するのを拒否する業者が表れたり、葬式費用が高騰してしまうなどの事態となり、大きな社会問題となってしまいます。

それにより、火葬禁止令はわずか674日で廃止となり火葬の時代へと変化していきます。

 

 

【火葬をする事は法律で決まっている?】

現在では99%以上もの人が当たり前のように火葬を行っている時代となっていますが、火葬を行わなければならなりと法律で決まっている訳ではありません。

しかし、場所の確保や衛生面などを考えると火葬以外の選択をする事は難しく、決まりを設けている自治体もあります。

特に都市部では土地の確保等が難しいので、細かい決まりを設けています。

土葬を行ってはけないという法律もありませんが、現実的に様々な問題がでてきてしまうので、実際に行う事は難しいと言えます。

宗教上の理由で火葬を行わないといった場合は、宗教上の理由で土葬を認めている霊園があるのでそういった施設を利用する事が多いです。

 

【死後24時間以内は火葬そしてはならない?】

法律では「死後24時間以内は火葬をしてはいけない」と定められています。

一般的に人が亡くなった際には、早い場合には亡くなった日の夜に通夜を行い、翌日に葬儀を行いますが、この時死後24時間経過していないと火葬する事が出来ません。

なぜ24時間以内は火葬していけないかというと、「蘇生する可能性がある」というのが大きな理由です。

昔は死亡診断の技術が浅く仮死状態を死亡と診断してしまうといったケースがあり、恐ろしい事に本当は死んでいないのに火葬を行い、その最中に蘇生するという事故が起こるといった事があった為だと言われています。

死後24時間経過すれば、死斑と呼ばれる紫色の斑点が出てくるので、確実に死亡を判断することが可能となります。