後飾り祭壇について

通夜・葬儀の後、自宅に戻った遺骨を安置するための仮の祭壇が「後飾り祭壇」です。
一般的に葬儀を依頼した葬儀社が祭壇や必要な道具を準備し、自宅に設置・飾り付けを行うことが多くなっています。通夜や葬儀を行わず火葬だけになる直葬(火葬式)では後飾り祭壇を各々で準備する必要が出てくることもありますので確認の必要があります。後飾り祭壇についてご紹介しましょう。

後飾り祭壇とは?

葬儀で使った白木の仮位牌や遺骨などを安置する「後飾り祭壇」は「後飾り」「自宅飾り」などと呼ばれることもあります。また関西地方では「中陰壇(ちゅういんだん)」とも言われています。「中陰(ちゅういん)」とは故人が亡くなった日から四十九日間のことを指す言葉ですがその言葉通り、後飾り祭壇をお祀りする期間は仏式の場合は四十九日の忌明け法要まで、神式は五十日祭まで、キリスト教では追悼ミサや昇天記念日までが目安となります。

自宅に既に仏壇がある場合は、仏壇の前又は横に設置します。
仏壇がない場合は弔問客にお参りして頂きやすい部屋を選んだうえ、部屋の北側または西側に設置します。エアコンの風が祭壇に当たってしまう、直射日光が差し込む、台所や水場に近く高温多湿になりやすいなどの場所は避けるようにします。

 

後飾り祭壇の飾り方

後飾り祭壇は宗教によって飾り方が異なります。

(仏式の場合)

葬儀社が準備する後飾り祭壇は通常2~3段で白木で作られているものが多く、祭壇には白布をかけます。祭壇の上段には遺骨、遺影、中段には位牌、下段には香炉、線香立、ろうそく立、花立て、おりん、りん棒、茶器、仏飯器などを飾ることが一般的です。

 

(神式の場合)

仏式と同じ祭壇を使う場合もありますが、片側4本の脚がついた台「八足祭壇」が神式の正式な後飾り祭壇となります。神に対して無事に葬儀を終えた報告をする「帰家祭(きかさい)」を行うため仮霊舎(かりみたまや)の檀を設置する必要があります。祭壇には遺骨、遺影、霊璽(れいじ)、榊立て、火立、徳利、水玉、皿を置いた三方、玉串などが飾られます。五十日祭を迎えると仏式の仏壇に当たる「御霊屋(みたまや)」又は「祖霊舎(それいしゃ)」と呼ばれる祖先の霊を祭るための神棚に移します。

 

(キリスト教式の場合)

キリスト教の場合は特に決まりがなく、小さなテーブルに白い布をかぶせて作った後飾り祭壇に遺影、十字架、花、燭台、お供え物、聖書などを飾ります。決まりがないため、故人に対して想いの深い品などが飾られることもあります。

 

後飾り祭壇へのおまいり、お供え

納骨が済むまでの間、後飾り祭壇が必要な間はろうそくを灯して毎日線香を立てます。
花立ての花は生花を選びます。トゲのある花や匂いの強い花は避けるようにしますが、祭壇に飾る花は淡い色がついていても大丈夫です。故人が好きだった花があったら選んでみましょう。生花とともに、ご飯、水、お茶、焼き菓子、果物などのお供えします。浄土真宗の場合、仏壇の横に設置する後飾り祭壇には遺骨・法名(白木の仮位牌)・遺影だけを飾り、線香や花などは仏壇に飾ります。仏式でも宗派によって異なりますので、菩提寺などにご確認ください。

 

後飾り祭壇のしまい方

多くのご家庭では四十九日の忌明け法要をめどに納骨を行いますが、納骨が済むと後飾り祭壇は必要なくなります。四十九日法要を機に仮位牌から換えられた本位牌は仏壇に設置されます。役目を終えた後飾り祭壇は廃棄処分をする必要があります。後飾り祭壇は地域のゴミルールに従って処理しますが、設置した葬儀社に相談すれば多くの葬儀社で無料の引き取りサービスを行っています。仏具などは日常のお参りに使用し、経机や白い布などはお盆飾りや法要ごとに使用することができるでしょう。

 

中国の葬儀

日本にも独特の文化があるように、世界各国でもその国々で文化が異なります。

隣国である中国とも様々な文化の違いがありますが、葬儀の形式も日本とは異なる事をご存知でしょうか?

日本とは異なる為、ちょっと驚く面もありますが素直な感情が現れた葬儀となっています。

そんな中国の葬儀についてお話ししたいと思います。

【中国の葬式文化】

日本と隣国である中国ですが、日本とは少し異なる葬式文化もあります。

・紙銭

日本でも、三途の川の渡り賃として硬貨を模した紙を棺に入れるという習慣がありますが、中国でも似たような習慣があります。

中国では、紙銭という紙幣を模した紙を焼く儀式が行われており、紙銭を行う事でお金が煙となって向こうの世界まで届くとされています。

近年では中国元だけでなく、ドル紙幣などを模したものや家の模型・銀行の模型などを燃やすといったケースも見られます。

 

・葬式は派手に行う

日本の葬式のイメージは厳粛なイメージがありますが、中国ではできる限り賑やかな葬儀を行うのが良いとされています。

供物を会場いっぱいに並べ、銅羅や爆竹の音が鳴り響かせ、お金をばらまいたりといった事を行う場合もあります。

日本と比べると葬式自体の規模も大きい物となっており、行列が数キロにわたって続く光景も見られます。

共産党員においては、近年の汚職取り締まり強化にあわせて「お葬式の規模で共や人脈を誇示しないように」と通達が出されている程です。

 

・ストリップショー!?

中国の葬儀では、盛大で派手なものが好まれていますが、その一環としてストリップショーを行う習慣があり近年問題となっています。

2015年4月に、中国文化省からこの習慣に対する禁止声明が発表されています。

 

・泣き女

近年、メディア等でも取り上げられる事も増えたため、聞いたことのある人も多いのではないでしょうか。

泣き女は「葬式へ参列し、盛大に泣く」といった職業で、イギリスやエジプトをはじめ中国でもこの文化が根付いています。

日本の厳粛な葬儀では考えられない光景ですが、中国では遺族たちも悲しい気持ちを隠すことなく全身で表現する為、思いっきり泣くという行為に違和感を感じる事はないようです。

悲しみを思いっきり表現するという風習は、故人の死をしっかりと受け入れる為に必要なものなのかもしれません。

 

【中国の死生観】

どの国でも人が亡くなった際には葬儀を行いお別れをしますが、国によって葬儀のやり方も考え方も異なります。

隣国である中国でも、日本の一般的な死生観とは違う考えを持っています。

日本では成仏できるように・安らかな眠りにつけまるようにと葬儀を行いますが、中国では人が亡くなったら死後に暮らす場所があるとされており、そこで現世よりも良い暮らしが出来るようにと願いを込めて供養を行います。

また、中国は儒教の考えを持っている為、血族意識がとても強い民族であると言われています。

伝統ある葬儀を盛大に行い、立派なお墓に入る事が子孫繁栄につながると信じられている為、盛大に悲しみ、たくさんの参列者を望みます。

現代では人が亡くなったら火葬する事が義務付けられていますが、伝統ある葬儀を行うという意識が高い事から、火葬は全体の3割程度にとどまっていると言われています。

 

【中国の葬儀でのマナー】

日本では葬儀に参列する際は喪服を着用するのが一般的ですが、中国では葬儀を象徴する白と黒の服を着用する事が多く、アクセサリーは基本的につけません。

お花を用意する場合は白い菊が理想的ですが、地域によってしきたりが異なるので葬儀に参列する際は現地の花屋さんに確認しておくと安心です。

お香典の金額は奇数にするのがマナーとされていますが、中国では9という数字を縁起の良い数字としている為、9は使いません。

友人なら500元から1000元、知人・同僚の場合は300元ほど包むのが一般的とされており、香典袋ではなく白い封筒に入れます。