臨終から葬儀、一周忌まで【仏式の場合】

臨終

 

  • 亡くなられた場所にもよりますが、末期の水をとります。体を清めて死化粧をほどこします。
  • 病院で亡くなられた時は、病院からの遺体搬送の手配をし、搬送をします。
  • 死亡診断書を受け取り、病院へお支払いをします。
  • 北枕にして安置します。

 

 

通夜・葬儀の打ち合わせ

 

  • 故人が属していた宗派によって、寺院、神社、教会などへ連絡をします。
  • 葬儀の規模や方針、葬儀社を決定します。
  • 喪主を決定し、世話役代表を依頼します。
  • 六曜を配慮して通夜・葬儀の日程・場所・予算などを具体的に決めていきます。
  • 葬儀費用の見積もりを出してもらいます。
  • 死亡届の提出と火葬許可証の交付に必要な手続きを行います。
  • 遺影に使う写真を手配します。
  • 戒名(仏名)を僧侶に依頼します。
  • 仏壇が自宅にない場合は枕飾りを手配します。
  • 予算を加味し現金を用意しておきます。

 

 

通知

 

  • 親族、友人、仕事関係者、故人と縁のある知人などに死亡と通夜・葬儀の日程を通知します。
  • 親しくしていた近隣の住民や町内会へ挨拶に行きます。

 

 

通夜の準備

 

  • 自宅で通夜を営む場合は祭壇を飾る場所の準備をします。
  • 通夜の席次や焼香の順番を確認します。
  • 弔問客の受付、接待の準備をします。
  • 会葬に際しての令状、返礼品の手配をします。
  • 通夜ぶるまいの準備をします。
  • 僧侶の接待の準備をします。
  • 枕勤めをし、死装束を整えて納棺をします。

 

 

通夜

 

  • 通夜に参列していただく焼香の準備と弔問客の応対をします。
  • 弔問客の焼香が終わった後、喪主から挨拶をします。
  • 僧侶を接待し、通夜ぶるまいで弔問客と言葉を交わします。
  • 供物、供花、弔電を整理し葬儀の準備に入ります。

 

 

葬儀の準備

 

  • 故人と関係の深い方へ弔辞を依頼します。
  • 供花・供物の並べ方をチェックします。
  • 葬儀の席次や焼香の順番を確認します。
  • 弔電を整理し、各世話役に渡しておきます。
  • 葬儀社と葬儀の進行について打ち合わせします。
  • 火葬場へ行く人の人数の確認と、それに合わせて車を手配します。
  • 会葬に来てくれた方への礼状と返礼品の手配をします。
  • 葬儀が終わった後の遺骨迎えと、精進落としの準備をします。
  • 僧侶へお礼の準備をします。
  • 心付けや世話役へのお礼を準備します。

 

 

葬儀・告別式から出棺まで

  • 葬儀と告別式を執り行います。
  • 故人と最後の対面をし、棺のくぎ打ちを行います。(実際にする所は減っているので、形式的なものです。)故人の人柄や実績をたたえる
  • 出棺の際には喪主または遺族代表が会葬者に謝辞を述べ、火葬場に行く人は車やマイクロバスに乗ります。

 

火葬

 

  • 用意しておいた火葬許可証を火葬場の係員に渡します。
  • 納めの式を行い、火葬をして骨揚げをします。
  • お墓へ納骨する時に必要になる埋葬許可証を受け取ります。

 

 

還骨法要と精進落とし

 

  • 葬儀会場もしくは自宅へ戻り、還骨法要を行います。(この時、遺骨、位牌、遺影を後飾りに安置します。)
  • 還骨法要とあわせて初七日の法要を行う場合もあります。
  • 喪主から挨拶をし、精進落としの宴を開いて僧侶や世話役を労います。
  • 葬儀後の今後の法要について打ち合わせをしておきます。
  • 僧侶へお布施などのお礼を渡し、世話役へ心付けのお礼を渡します。

 

 

葬儀後の事務処理

 

  • 葬儀の事務事項を引き継ぎます。
  • 葬儀社への支払いをします。
  • 各種の名義変更や解約手続きなどをします。
  • 年金・健康保険など役所への届け出が必要な手続きを行います。

 

 

四十九日法要

 

  • 本位牌を準備します。
  • 法要の日程や場所などを決定し、関係者へ案内の連絡をします。

 

 

香典返し

 

  • 香典帳を整理しながら香典返しのリストを作成します。
  • 香典返しの品を選び、忌明けのあいさつ状の準備をしておきます。
  • あいさつ状と香典返しを送ります。

 

納骨

 

  • 四十九日の法要とあわせて納骨を行う場合は、石材店・墓地の管理者に連絡しておきます。
  • お墓を新しく準備する場合は納骨の前に開眼式をしておきます。

 

 

遺品整理と遺産相続

 

  • 故人の遺品を整理します。
  • 相続人を確定し、遺産相続を行います。
  • 遺産する内容によっては、死後10ヵ月以内に相続税を申告する必要があります。

 

 

一周忌

 

  • 一周忌の準備は2ヵ月前から始めるのが一般的です。
  • 僧侶にスケジュールを確認し、日程と場所を決めます。
  • 関係者へ一周忌の案内をします。
  • 一周忌の法要を行い、喪が明けます。

 

 

以上が仏式の場合の臨終から葬儀、一周忌までの流れとなります。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

通夜・葬儀のお花

お供えのお花

 

通夜・葬儀にお供えするお花には、どのような種類がありどのような意味合いでお供えされるのでしょう。通夜・葬儀のお花といって、私達がすぐイメージするのは豪華でありながら静粛な雰囲気の祭壇の前に広がるお花ではないでしょうか。お花畑のようにおびただしい数のお花がさまざまな模様や風景を描くように飾られています。年々葬儀自体は縮小化され、家族葬などの小規模のお葬式が増えていますが、ことお供えの生花に限っては故人に捧げるお花のため、むしろ豪華に個性的に華やかになってきています。30年前のお葬式では、白菊や白いゆりの花、白のカーネーションが用いられることが多く白を基調として、アイリスなどの青いお花やデルフィニウムなどの紫のお花などを用いて、清楚で地味な色調の祭壇が主流でしたが、最近ではかなり変わってきているようです。故人の好きだったお花を飾ったりするので、赤いバラやピンクのお花や黄色いひまわりまで飾られたりします。それだけ故人の個性を重視するお葬式になってきたと言えます。

 

通夜・葬儀のお花の種類

 

通夜や葬儀で使われるお花は、生花です。お花を贈る場合には花屋さんか葬儀社で手配をしてもらいます。どこにお供えするお花か、またどのシーンで使われるお花かによって種類が違ってきます。また、仏式なのかキリスト教式なのかによってもお花の種類が違ってきます。

 

仏式のお通夜には枕花をお供え

 

枕花とは亡くなった方の枕元に飾るお花のことをさします。訃報を受けてから割合すぐにお送りします。お花の様式は、盛花(もりばな)や籠花(かごばな)などのアレンジの施された比較的高さの低いご遺体に寄り添うようにお供えするお花です。お花の色は白に限定されず、和花・洋花どちらも用いられます。価格帯は10,000円~30,000円といったところです。枕花は、ご遺体の一番近くに飾るお花で、亡くなってからお通夜が執り行われる前に、故人と特に親しかった人が送ります。

供花の種類と贈る人とタイミング・飾り方

 

供花は故人の供養のためにお送りするお花です。故人と親しかった人や、遠方の親戚のため通夜葬儀に参列できない人が送ることもあります。また、子供一同、孫一同、親族一同など遺族が送ったり、会社などから届くこともあります。お花のスタイルは、籠型のフラワーアレンジメントだったり、式場のスペースが十分にあれば供花スタンドなどもあります。お通夜に間に合う場合はお通夜の日の午前中までに、葬儀用に贈る場合は、葬儀の前日までに届くようにします。供花は、故人に対する気持ちなので、誰が贈ってもよく、通夜・葬儀の準備の妨げにならないように、通夜・葬儀場をよく確認した上で余裕を持って間に合うようにお送りすることが大切です。大切な通夜・葬儀中に届いてしまってばたばたするようでは本末転倒です。飾り方は、葬儀社の方で遺族に関係を確認した上で、親しかった人、血縁関係の濃かった人から近くから順番に飾られるようになっています。飾り方については葬儀社に任せれば良いでしょう。

故人に最後のお別れをする献花

 

献花はもともとはキリスト教の葬儀の儀式です。仏式のようにお焼香をしない代わりに祭壇にお花を1本ずつお供えしていくのです。それが近年キリスト教のお葬式以外でも葬儀の儀式として献花を取り入れるお葬式を見かけるようになったのです。

献花に使われるお花は白い生花です。花の種類は造花はダメですが、生花なら何でもよく、バラは故人が好きだった場合はお供えしますが、献花は会葬者が手に持つお花なので棘があるバラはあまり用いられないことが多いようです。

 

このように通夜・葬儀には生花はかかすことのできない故人への大切な贈りものです。故人への気持ちをお花にこめて故人がさみしくないようにしてあげたいと思うのが遺族や親しい友人の思いなのです。大切な葬儀を滞りなく執り行うためにお花の贈り方やタイミング・マナーも気をつけたいですね。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704