会社の個人ロッカーに準備しておきたい葬儀用品

葬儀用品は何を用意しておいたらよいのか

葬儀用品と言っても何を用意しておけば、急な訃報にも対応できるのでしょうか。個人ロッカーは狭くそんなに全てを置いておけるわけでもないし、最低限何を準備しておくべきか迷いますよね。

大きくわけて、葬儀用品には、3種類あります。通夜・葬儀に参列する際の服装関係のものと、通夜・葬儀の宗教的儀式のために必要な小物と、「ご霊前」等を入れる不祝儀袋等の準備です。

男性の場合の服装の準備

自身が遺族となる場合は、そもそも会社を休んで自宅に戻るわけなので、自宅でしっかり準備できますが、会社の個人ロッカーに準備しておきたいのは、会社の上司や同僚、取引先関係の方や知人・恩師等の急な訃報に備えての用品の準備です。

まずは、喪服の準備が一番大事です。きちんと手入れされたいつでも着られる状態の喪服を1着ハンガーにかけて吊るしておくと安心です。喪服と合わせて光沢のない黒い靴と布製の黒いバッグ等も置いておくと安心です。

この3点だけで、見た目の80%をきちんとした印象にすることができます。当然黒の喪服用ネクタイと新しい黒い靴下もセットで置いておきます。白のカッターシャツも新品のものを用意しておきます。ハンカチも白い無地のもの・黒い無地のもの等置いておきます。

服装に関しては、これで一応のものを揃えたことになります。

女性の場合の服装の準備

 女性の場合も、洋装の喪服の準備と光沢のない黒い靴・黒のストッキング・黒の光沢のない喪服用のバッグ等を準備します。

社葬等の場合には女性はお手伝いを頼まれることもあるので、黒いエプロンを準備しておくと、良いでしょう。

また、髪の長い女性の場合は、黒の髪留め等を準備しておくと、お手伝いをする場合等に邪魔になりません。テキパキと動くことができるでしょう。また、必ずしも必要ではないのですが、アクセサリーとして、パールの1連のネックレス等も用意しておくと良いでしょう。

最近では、アクセサリーもつける方は増えていますので、他の同僚と足並みを合わせて様子をみながら服装を揃えることができます。黒のストッキングは2足準備しておきましょう。万が一伝線しても大丈夫なように余裕を見ておくと困りません。意外にコンビニで買えばいいと思っていてもなかなか忙しくて買いに行く時間が無いということもありえます。備えあれば憂いなしです。

儀式に必要な物の準備

儀式に必要なものと言うと、仏式の葬儀で言えば、お数珠のことです。お数珠が無いとお焼香の時に困るばかりか儀礼を欠いてしまいます。仏式の通夜・葬儀に必ず必要なものですから、会社のロッカーには必ず準備しておきましょう。

 

「御霊前」の準備

通夜や葬儀に出席する場合に必ず準備するのが、「御霊前」です。あらゆる宗派を超えて関係なくいるものです。

ただ、宗派・宗旨によって、微妙に入れる不祝儀袋の形式が違ったりすので、仏式ならこの袋、神式ならこの袋、キリスト教式ならこの袋、という具合に各種取り揃えておくと万全です。この不祝儀袋がかなり、直前に準備しようとしてコンビニ等でも合うものがなく苦労することも多いので、仏式以外の宗派・宗旨のことも想定して、色々な種類を準備しておくと、いざと言う時にあわてなくてすみます。そして、意外に揃えておいて損しないのが、筆ペンです。不祝儀袋に書く場合に必要ですが、コンビニに行く時間が無い場合が多いからです。不祝儀袋と一緒に筆ペンも揃えておけば、いざと言う時に慌てなくてすみますから、余裕をもってしたくできますよね。

これまで見て来ると、意外にも葬儀の準備用品として必要なものがたくさんあることに気が付きましたよね。やはり、これだけのものを、一気にその日当日準備するのは、かなり大変です。やはり、前もって個人ロッカーに準備しておくと安心なのがわかりますよね。

 


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

併設斎場での葬儀の利点

葬儀場の数と火葬場の数

葬儀の流れとして、一般葬では通夜式を行い、翌日に告別式と火葬をするという形式が多く行われてきました。葬儀場は、葬儀社各社も自社で多くの会場を建てて所有しており、ある程度の余裕を持った受け入れができるようになっています。

ここ数年で、葬儀場の数は増加傾向にあります。

皆さんがお住まいの地域にも次々と新しい葬儀場が建設されているのではないでしょうか。

それも最近の葬儀スタイルの変化の影響もあります。

2日間かけて行う一般葬に加えて、通夜式の無い一日葬や、会葬者を家族やごく親しい友人までに限定した家族葬を選ぶ人が増え、葬儀社もそれに対応した小規模な葬儀プランを用意するようになりました。

葬儀場の増加は、このような小規模の家族葬向けの会場が増加している傾向にあります。

家族葬とかかれた会場を多く目にするようになりました。

ただ、人が亡くなって葬儀を行うということは火葬も行うことであり、葬儀と火葬はいわばセットです。葬儀が終わったら火葬をしなくてはなりません。

そこで、火葬場の数はどうかというと、都市部では十分足りてはいない状況です。

しかも足りていないからと言って今後増やすこともなかなか難しい状況です。

葬儀場の建設には寛容な住民も、火葬場が自宅の近所にできるのは反対する人が多いからです。

住民の反対運動等で土地の選定の段階からつまずくことが多く、なかなか行政も火葬場の新設には慎重です。

葬儀の日程がなかなか決まらないというのは、火葬場が少ない為です。

火葬場の予約が取れて火葬の日時が決まらないことには、葬儀もできないのです。

家族葬の会場

家族葬が増加するにつれて今まで一般的な葬儀場で行っていた家族葬も、家族葬専門に使用する目的で建設された家族葬専用のホールで行われることが多くなってきています。

見た目は、一般葬の会場より、比較的こじんまりした大きな戸建ての家のような建物もあり、会葬者は、家族葬用ホールでは、普通の家にあがるように訪問して、玄関で靴を脱いであがり、小部屋で遺族の近くでご遺体にお別れの面会をしてゆっくりとお別れをするのが特徴です。

ただ、家族葬ホールでのお別れの後には、やはり火葬場に行くことになります。火葬場に行くのは限られた遺族だけかもしれませんが、ご遺体と見送る遺族は火葬場への移動となります。

火葬場が近くにあって、予約がすぐに取れれば問題ないのですが、予約が混み合っている場合、火葬までの間のご遺体の安置が必要となります。

火葬場の併設されている斎場の利点

多くの公営の火葬場には斎場も併設されていることが多いです。

葬儀の後、大移動せずに火葬ができれば遺族の負担を減らし時間短縮にもなりますから、そのような利便性を考えて建設されていると言えます。

家族葬のように、ゆっくりとご遺体に近くで対面し、ゆっくりとした時間を過ごすことはなかなかままなりませんが、斎場で行われた葬儀の後、ご遺体はそのまま火葬場へ移動するので、葬儀にかかる時間は移動時間が無い分、短縮できます。

葬儀場側も回転率が速くなります。利用数を伸ばすことになり結果的には地域住民への貢献度も高くなります

高齢の遺族の負担を減らしてくれる併設会場

葬儀を行うのが高齢の遺族だけの場合も多く、葬儀の間座っているのも大変だという人もいます。

また、高齢の為、葬儀場から火葬場へバスに乗って移動して、広い会場を歩くだけでも大変という人もいます。

そのような高齢の遺族にとっては、一カ所で全てを行える火葬場併設の斎場があれば、体にかかる負担も少なく行えるので安心かも知れません。

また、足腰が弱くて歩くのがつらい遺族には、車椅子の貸し出しを利用すると良いかも知れません。

葬儀場を必ず立って歩かなくてはいけないわけではないので、会場が広く歩くのが大変な場合は、車いすを利用するのもひとつの方法です。

亡くなった人も大事ですが、生きている遺族の健康も大事です。

体に無理のない形で故人を見送ることも故人を安心させてあげることに繫がります。