思い出の曲で最後の別れを行う音楽葬

近年新しくみられるようになった葬儀の形で、故人の好きだった音楽を流しお別れを行う音楽葬。

音楽にも様々なジャンルがあり、クラッシックやジャズ、J-POPやアニソンなど最後に自分の好きだった曲で見送ってほしいと考える人も多いのではないでしょうか。

暗い印象の葬儀ではなく明るい曲を流して見送ってほしい!という声も近年では多くみられるようになりました。

そんな音楽葬についてお話ししたいと思います。

【音楽葬とは】

葬儀の中に演出の一つとして音楽を取り入れ、故人を音楽で見送るという考えで行う無宗教葬儀(自由葬)のことを言います。

読経を行わず音楽を中心とした葬儀の場合もあり、宗教の形式にこだわらず故人の好きだった曲が流れる中で葬儀が行われます。

生演奏のピアノや小規模の弦楽団、CDが用いられることが多いです。

音楽を流している間は形式にとらわれることなく、焼香や献花・故人の思い出を語り合うなどと自由に行う事が出来るのが特徴です。

 

 

【音楽葬のメリット】

近年では終活を行っている人も多くなり、その方が音楽葬を希望している人も多いようです。

音楽葬で流した音楽は参列した方々の印象に残るものとなるので、その曲を聴いた時に故人を思い出すきっかけとなるでしょう。

音楽葬の選曲は家族が行う事が多く、葬儀社に任せる葬儀ではなく自分たちで送り出すという意識が強くなり、充実した葬儀が行う事が出来ます。

 

 

【音楽葬のデメリット】

音楽葬は近年行われるようになった葬儀のため、親族や参列者の方々に理解していただけない場合があります。

特に年配の方に理解を得る事が難しい傾向にあるので、決断するのに悩む方も多いようです。

 

 

【音楽葬の注意点】

音楽葬はまだ新しい形式の葬儀のため、周りの方々に理解してもらうのが難しい場合があるので事前によく相談する事が大切です。

ご自身の葬儀で音楽葬を希望したいという場合は、終活などでよく用いられるエンディングノートへ音楽葬を希望する旨、使ってほしい曲などを記入しておくと良いでしょう。

音楽葬では、同じ曲を何度も流すわけにもいかないので故人の趣味にあった曲を何曲か選曲する必要があります。

故人がエンディングノートなどで指定している曲も、曲数が少ないとご遺族が選曲する必要があります。

その際、故人の趣味にあった曲を選曲していないと、故人を良く知る方々が参列した際に違和感を感じてしまう可能性があるので、故人にあった選曲が必要となります。

 

【音楽葬でよく使われる曲目】

音楽葬ではクラッシックが用いられることが多いです。

シューベルトのアベマリア・バッヘルベルのカノン・バッハのG線上のマリアなど一度は耳にしたことのあるクラシックの曲は故人が好きな場合も多く、葬儀にも馴染みやすいのでよく選ばれています。

クラシック以外にも自分の葬儀で流したいといわれているのが、中島みゆきの時代や美空ひばりの川の流れのようになど、別れや感謝などに関するテーマの曲がアンケートの上位に上がってきています。

 

【音楽葬の費用】

音楽葬は自由葬に分類されるので、その金額は様々で規模や内容によって大きく金額が違ってきます。

葬儀のプラン+演奏者の費用という場合や、音楽葬のセットで演奏者の費用もそこに含まれているという場合もあります。

一般的に葬儀費用+演奏者費用10~50万が相場とされていますが、楽器や人数・演奏者のレベルによって大きく変わってきます。

音楽葬プランのある葬儀社でも、40万のものや80万のものなど葬儀によって費用は様々となります。

音楽葬がまだ新しい形の葬儀のため、金額がはっきりとしないのが現状です。

費用の面でもトラブルを避けるため、事前に見積もり等をしっかりと行うと安心でしょう。

 

霊柩車について

 

葬儀の際に使用される霊柩車。
昔は金色で派手な装飾がされたものを良く見かけましたが、最近はめったに見かけなくなりましたよね。
霊柩車の走っている数も関係していますが、霊柩車にはいろんなタイプのものがあり、近年では昔ながらの形はあまり使われなくなってきたのをご存知でしょうか。
そんな霊柩車についてお話したいと思います。

 

【霊柩車とは】

死者を運ぶための車。
棺を人力で運んでいた時代から存在しており、当時棺を装飾した輿で運んでいたものを自動車として再現したものだと言われています。
霊柩車が出始めたころは、自宅で通夜や葬儀を行う事が多く、自宅から出棺する際に火葬場へ向かうために利用していました。
しかし、最近では斎場やセレモニーホールで葬儀を行う事が一般的になり、それらの葬儀場から霊柩車で火葬場へ向かう事が多くなりました。
さらに斎場に火葬場が隣接している所もあり、霊柩車を利用する必要のない場合も数多くみられるようになりました。
こういった背景から、霊柩車を普段見かけることが少なくなってきたと考えられています。

【霊柩車の種類】

最近では霊柩車にもいろいろな種類があり、葬儀の規模や経済状況によって選べるようになりました。

・宮型霊柩車

昔ながらの屋根や彫り物・金の装飾が施された霊柩車です。
日本独自の形で、霊柩車のイメージが強いのはこのタイプでしょう。
人力で行っていたものを自動車にしたもので、棺を運ぶ輿を再現しています。
最近では葬礼に関する考えの変化もあり、目立ちすぎるという理由で使用する事の出来ない施設も見られるようになりました。
従来はメジャーな霊柩車でしたが、近年では利用する人は減少してきています。

・洋型霊柩車

欧米などで一般的に使われている霊柩車です。
宮型霊柩車のように和的装飾はなく、後部の棺を納める部分に少しだけ装飾が施されています。
国産高級車や大型の外車を改造して作られた霊柩車で、近年日本でも良くみられるようになりました。
昔は故人に対して失礼という考えがあったそうですが、昭和天皇が使用したことから世間に広がったと言われています。

・バス型霊柩車
マイクロバスなどを改造した霊柩車です。
搭乗人数が多いので大人数で移動できるのが特徴です。
火葬場の駐車スペースなどが限られている場合などはとても便利なので利用される事も多いです。
一般の葬儀だけでなく、密葬や家族葬などの小規模な葬儀でも一度に移動出来るので幅広く利用されています。

【出棺時のクラクションの意味】

霊柩車が出棺する際、大きなクラクションを鳴らすのを聞いたことがあると思います。
このクラクションには、遺族や参列者など残された方々へのお別れの挨拶が込められており、故人の旅立ちの合図だと言われています。
ありがとうや最後のお別れという、感謝やさようならの意味で鳴らしているのです。
このようなクラクションを鳴らす理由については2つの理由があると考えられており、1つは皇室の葬儀で出棺の際に雅楽器の音を鳴らすのを模してクラクションを鳴らすようになったと言われています。
もう一つは、船や汽車が出港する際の汽笛をイメージしていると言われています。
お別れは出発であるという解釈から、クラクションを響かせているのです。

【親指を隠す理由】

子どものころ、霊柩車が通るのを見かけると「親指を隠しなさい」と言われたことありますよね。
慌てて親指を手の内側に握った経験のある人も多いのではないでしょうか。
昔は葬列を見たら親指を隠すと言われていたようで、葬列から「死」などの縁起の悪いことを連想させるために行っていたようです。
亡くなって間もない遺体には、成仏していない魂が宿っていると考えられ、その魂が親指の爪から入ってくると言われおり、厄災を防ぐという意味で親指を隠すようになったと言われています。