会葬礼状について

忙しい時間を割いて、お通夜やご葬儀に訪れて頂いた方へのお礼として、受付などで「会葬礼状」をお渡しするのが一般的です。ここでは、「会葬礼状」について、ご紹介します。

「会葬礼状」とは

お通夜やご葬儀に参列してくださった方へのお礼状のことです。お通夜、またはご葬儀に出席することを「会葬」と呼ぶため、このお礼状を「会葬礼状」といいます。

お渡しするタイミング

本来、会葬者に後日改めて送るものでした。しかし、現在では一般的にお通夜やご葬儀の当日に、受付か、式場出口でお渡しします。お渡しするのは、お焼香のタイミングや、お帰りの時など、どのタイミングでも構いませんが、参列していただいた方に渡せなかったということにはならないように注意しましょう。

一般的に、会葬礼状はお清めの塩や粗供養品(ハンカチ、椎茸、お茶、海苔、タオル等)を添えてお渡します。近年増えている香典の即返しの場合、香典返しの挨拶状とは別に会葬礼状の用意は必要です。

※香典返しの挨拶状とは?

忌が明けた後に、香典返しに添えて送る挨拶状です。

お香典への御礼の言葉、故人の名前や喪主の名前、四十九日の法要を無事終えたことを報告します。その後、本来であれば手渡しで渡すのが礼儀であること、略儀でお礼を述べることへのお詫びなどを書きます。最後に、差出人の差出人(=喪主)の名前を書くのが一般的です。

お渡しする方

香典の有無に関わらず、会葬して頂いた方全員にお渡しするため、参列予定者よりも多めに用意しておくのがおすすめです。

また、弔電や供花を贈っていただいた方に対しても、葬儀を終えてからなるべく早い段階で会葬礼状をお送ります。

葬儀が終わった後、弔問して頂いた場合も、弔問に対する感謝の気持ちとして、会葬礼状をお渡しするようにしましょう。

家族葬などの小規模な葬儀の場合でも、一般的には会葬礼状を用意します。特に、故人の友人など家族や親族以外が葬儀に参列する場合は、会葬礼状を用意しておくのがマナーです。完全に家族や親族のみの場合は、会葬礼状を用意しない場合もあります。

会葬礼状の作成方法

基本的に、最近の葬儀プランには、会葬礼状が含まれている事が多いため、わざわざ依頼する必要はありません。

ただし、オリジナルの会葬礼状にしたい場合は、会葬礼状作成を専門とする業者に依頼する方法や、自分で文章を作成して印刷する方法もあります。

「お礼状」を専門に扱う業者は、専門のライターが、インタビューなどを行い、オリジナルの心のこもったお礼状を作成してくれます。

最近は、写真やメッセージなどを組み込んだ、オリジナルのものを自分で作成する方が増えてきているようです。ただし、自分で作成する場合は、「会葬礼状」を作成する上のマナーなどが色々あるため、注意しましょう。

心のこもったオリジナルの「会葬礼状」で、お通夜やご葬儀へ御参列いただいた心遣いに対して感謝を伝えることができるといいですね。

夏の葬儀に参列するときの服装

暑い夏に葬儀に参列するときの、適切な服装をご存知でしょうか?ここでは、マナーを守った「夏の葬儀に参列するときの服装」について、ご紹介します。

基本的な男性の服装

男性の場合は、ブラック、暗色系の濃紺色、ダークグレーのスーツか略礼服となります。中に着る服は、半袖でも構いませんが、できるだけ長袖の白いワイシャツを選択するようにしましょう。

ネクタイは、ピンはつけず、ブラックなどの控えめな色にします。ストライプは、目立たないものなら問題ありません。靴下は、ブラックの靴下を履きます。靴は、ブラックでシンプルな革靴がベストです。

また、派手な時計や、カフスボタンは避けるようにしましょう。結婚指輪以外の装飾品も、身につけません。

基本的な女性の服装

女性の場合は、基本的にブラックの礼服またはスーツを着用します。スーツは、ブラックや濃紺色、ダークグレーなどの暗色のものを着用します。礼服は、フォーマルなものなら、半袖でも、問題ありません。

女性の喪服は、ワンピースのデザインが一般的ですが、膝下丈の長さで、短すぎないものにします。パンツスタイルでも問題ありません。

足元は、ブラックのストッキングを着用します。靴は、つま先の細いシンプルなパンプスにします。ヒールの高さは、低すぎず、かつ高すぎない、3~5cm程度のものがベストです。

装飾品は、パールの一連ネックレスと結婚指輪のみにします。ヘアゴムなどは、暗色のもので、派手なものは避けましょう。

カバンは、布地で、光沢のないものを選び、金具の目立たないものにします。革製品のカバンは、殺生を連想させるため、マナー違反となります。

また、メイクは薄めにして、派手にならないようにします。マニキュアも、忘れずに落としましょう。

夏の服装の注意点

基本的に、素肌はできるだけ見えない服装を心がけましょう。女性の場合、ノースリーブの礼服もありますが、その場合は、必ず上からジャケットを羽織りましょう。

夏の葬儀は暑くて、上着を脱ぎたくなる場合もありますが、基本的には着用したまま参列します。式場に向かうときは、ジャケットを脱いで持ち運び、式場の近くで着用すると良いでしょう。あまりに暑い場合は、アナウンスで上着の脱衣が勧められる場合もあります。

一方で、最近は、屋内の会場で行われることがほとんどであり、冷房が効いています。夏用の喪服を着用してもいいですが、一年中着ることができる、オールシーズンタイプの喪服を選んでも問題ありません。特に女性の場合は、礼服のワンピースが半袖だと寒過ぎる場合もあるため、注意しましょう。

夏に持っていると便利なアイテム

扇子

暑い時に涼むことができるので、扇子はおすすめです。黒や白などの目立たない色で、デザインがないものにしましょう。

日傘

目立たない色や柄の日傘は、外で待つ際などに重宝します。

汗拭きシート

参列する前などに、汗をさっと拭くシートがあると便利です。

ハンカチ

タオル生地のように吸水性が高いハンカチを1枚用意しておくと、便利です。あわせて、綿、麻、ポリエステル、いずれかの素材でできた、ハンカチも持つようにしましょう。

暑い夏場でも、マナーを守った服装で、葬儀に参列するようにしましょう。