会葬礼状のマナーについて

最近の「会葬礼状(かいそうれいじょう)」は、写真やメッセージなどを組み込んだ、オリジナルのものが増えてきているといわれています。オリジナルで作る際には、色々と気をつける点もあるため、ここでは「会葬礼状のマナー」についてご紹介します。

会葬礼状とは

お通夜やご葬儀に参列してくださった方へのお礼状のことです。最近では、一般的にお通夜やご葬儀の当日に、受付か、式場出口で、お清めの塩や粗供養品に添えて、お渡しします。

基本の会葬礼状の依頼方法

最近は、基本的に葬儀プランに、会葬礼状が含まれている事が多いため、わざわざ依頼する必要はありません。

オリジナルの会葬礼状の作成方法

会葬礼状作成を専門とする業者に依頼する方法や、自分で文章を作成して印刷する方法があります。

「お礼状」を専門に扱う業者は、専門のライターが、オリジナルの心のこもったお礼状を作成してくれます。

最近は、写真やメッセージなどを組み込んだ、オリジナルのものを自分で作成する方が増えてきているようです。

自分で作成する場合のマナー

句読点は使いません。

本来、会葬礼状は毛筆で書くものであるとされています。一般的に、毛筆の書状に「、」や「。」は用いません。句読点は、古くは文章を上手く読めない人に対する補助的な記号として句読点が用いられていたため、相手を子ども扱いし失礼にあたるということで使われていませんでした。

また、物事が終わりまでスムーズに流れるように、途中で途切れないようにという意味合いで、ご葬儀が滞りなく終えられるようにという願いをこめて、会葬礼状には句読点を使いません。

忌み言葉、重ね言葉を使いません。

生死に関する直接的な言葉や、不幸が重ならないように重ね言葉もタブーです。

薄墨を使います。

薄墨を使うことは「涙が硯(すずり)へ落ち、墨が薄くなってしまった」という意味合いが込められています。会葬礼状は、弔事の手紙にあたるため、薄墨を使うというのが基本的なマナーとなります。

最低限書かなければならない内容

故人の名前、お礼の言葉、結びの言葉、差出人です。

お礼の言葉は、参列へのお礼と故人が生前お世話になったことへのお礼を記します。

結びの言葉は、本来ならば、ひとりひとりにお礼を言うところを書面のお礼になってしまったこと、そして、会葬のお礼を再度述べて、文を結びます。

オリジナルの会葬礼状のおすすめ

オリジナルの会葬礼状には、故人の写真や絵を挿入するのが、おすすめです。

その他

会葬礼状では、故人と喪主の関係を入れます。

日付は、故人が亡くなった日付ではなく、葬儀の日付となるため注意しましょう。お通夜・葬儀どちらの日付も入れておくと、両日使えるので便利です。

住所を入れる場合は、喪主の住所にするのが一般的ですが、離れて住んでいた場合などは、故人の住所でも構いません。

印刷などについて

私製ハガキに、黒または薄墨色で枠取りしたものに印刷し、同じ枠取りをした封筒に入れるのが一般的です。

失礼のないように、そして気持ちのこもったお礼状を作成してみてはいかがでしょうか。

実際に弔電を送る際に、悩みやすい内容

葬儀の際に送る「弔電(ちょうでん)」は、お悔やみの気持ちを伝えることができる大切な手段です。

ただ、あまり送る機会があるものではありません。弔電の種類はさまざまなものがありますし、また慣れないことなのでメッセージの内容など、戸惑うことがあるのではないでしょうか。

ここでは、「実際に弔電を送る際に、悩みやすい内容」について、ご紹介します。

送ってはいけない場合は?

訃報などで弔電辞退の案内があった場合には、その意向を尊重し、弔電を送ることは控えましょう。

※訃報を直接受けていなくて、弔電に対する意向が不明な場合は、葬儀会場に確認をすると明確です。

送るタイミングや、送り先は?

お通夜、お葬式、いずれに送っても構いませんが、一般的に葬儀・告別式で読み上げされるため、遅くとも式の1時間前までには届くように送るのがマナーです。

お届け先は、基本的にお葬式を行う場所になります。

依頼方法は?

NTTや郵便局、他にも様々な通信系の会社に依頼することができます。方法は、電話やインターネットで受付可能です。

どのような弔電を選んだらよいか?

弔電の選び方としては、亡くなった方との関係性や金額を目安にして決めます。

弔電の料金は、一般的に電報に記載する文字数と台紙の種類によって異なります。台紙はメッセージカードのみのものから、刺繍されたもののほか、プリザーブドフラワーやお線香などがセットになったものなど、様々な種類があります。

ビジネスの相手に送る場合は、華美すぎず、安すぎない見た目の台紙を選ぶのがおすすめです。目安の価格は、3,000円程度です。

個人的に送る場合は、香典として渡す金額に見合うものを選ぶようにしましょう。3,000円の香典を渡す間柄であれば、1,500円程度までのもの、5,000円であれば2,000円から3,000円程度のものを目安にします。

どのようなメッセージが適切か?

お悔やみの言葉と、ご遺族への励ましなどをシンプルに短い文章にまとめるのがポイントです。

注意点

忌み言葉は使ってはいけません。

弔電には、死や苦しみを連想させるような言葉や言い回しは使用しないよう注意しましょう。

例:くれぐれ、再三、再び、つぎつぎ、死ぬ、落ちる、浮かばれない、数字の四や九など

故人様の名前は敬称で表します。

故人様に対して敬意を込め、弔電には故人様の名前を敬称で、故人様との続柄を表現します。

◆故人様が受取人の「父」である場合:ご尊父さま(ごそんぷさま)/お父さま(おとうさま)/お父上さま(おちちうえさま)

◆故人様が受取人の「母」である場合:ご母堂さま(ごぼどうさま)/お母さま(おかあさま)/お母上さま(おははうえさま)

◆故人様が受取人の「夫」である場合:ご主人さま(ごしゅじんさま)/旦那さま(だんなさま)/ご夫君さま(ごふくんさま)

◆故人様が受取人の「妻」である場合:ご令室さま(ごれいしつさま)/ご令閨さま(ごれいけいさま)/奥さま(おくさま)/奥方さま(おくがたさま)

◆故人様が受取人の「祖父」である場合:ご祖父さま(ごそふさま)/御祖父さま(おじいさま)/祖父君(おじぎみ)

◆故人様が受取人の「祖母」である場合:ご祖母さま(ごそぼさま)/御祖母さま(おばあさま)/祖母君(おばぎみ)

弔電ならではの、マナーを把握して、弔電を送るようにしましょう。