通夜振る舞いへ参加する際のマナー

故人を偲ぶ場として、通夜が終わった後に参列者に食事が振る舞われる事があります。

これは「通夜振る舞い」と呼ばれるものですが、必ず通夜振る舞いに参加しなければいけないというものではありませんが、参加するべきなのか悩まれる人が多いです。

時間的に参加が難しいといった場合など、辞退する際はどのように伝えるのが失礼にあたらないのか不安に思いますよね。

そんな時に慌ててしまわないよう、通夜振る舞いへ参加する際のマナーについてお話ししたいと思います。

 

【通夜振る舞いとは】

通夜振る舞いとは、故人を偲ぶ場として通夜の後に行われる食事会の事を言います。

通夜振る舞いの形式は地方によっても異なり、料理やお酒をみんなでいただく場合もあれば、お菓子を持ち帰るだけだったり、お茶だけをいただく場合もあります。

料理を食べる場合、大皿での料理やオードブルなどが一般的です。

通夜振る舞いには、弔問のお礼とお清め、故人への供養のために故人と共にするこの世で最後の食事という意味があります。

通夜振る舞いの席は、故人の供養とともに弔問客への感謝の気持ちを表す席であり、宴会ではありませんのでしめやかな席になるように配慮が必要です。

 

【通夜振る舞いには参加するべき?】

通夜振る舞いの案内があった場合は、極力参加するがマナーとされています。

通夜振る舞いに参加するべき範囲については地域によって異なりますが、一般的に関東方面では学校・会社関係者・近所の方など一般会葬者も含めて通夜振る舞いに参加する事が多いです。

逆に、関西地方では遺族や親族のみで通夜振る舞いをすることが多いとされています。

通夜振る舞いがある場合は、通夜式で僧侶が退場した後に、喪主の挨拶と共にアナウンスされることが多いので、参加する範囲内である場合はその指示に従います。

また通夜振る舞いに参加する範囲外であっても、故人や遺族との関係性が深い場合や遺族から参加を請われた場合は参加します。

通夜振る舞いでは、お箸をつけることが供養になると考えられている為、参加する際は一口でもきちんと頂くのがマナーです。

通夜振る舞い自体はだいたい1時間程度行われますが、故人や遺族と親しい間柄である場合以外は、あまり長居せず30分程度で退席するのが良いとされています。

 

【通夜振る舞いを辞退する場合】

やむを得ない事情で通夜振る舞いを辞退する場合は、遺族や世話役の人達に通夜振る舞いを辞退することを告げて挨拶をします。

この時に、やむをえない事情があることをきちんと伝え、目立たないように退席しましょう。

辞退する旨を伝えたが、それでも重ねてお願いされた場合は一口だけでも箸を付けると良いでしょう。

その後、タイミングを見て静かに退席するのが望ましいです。

 

【通夜振る舞いで注意する事】

・故人に関係ない話はしない

通夜振る舞いは、故人を偲んで思い出を語り合うために用意された場です。

そのため、故人に関係のない話をするのはマナー違反となるので注意しましょう。

・大声を出したり、大きく笑ったりしない

故人との思い出を語り合う中で、会話が弾むこともあるかと思いますが、通夜振る舞いの席で大声で話したり笑ったりするのはマナー違反とされているので注意が必要です。

通夜振る舞いの席は故人を偲ぶためのものであることを忘れないようにしましょう。

・遺族に対する配慮

通夜・葬儀と同じく、通夜振る舞いでも遺族は忙しく動きまわる事となります。

その為、話し込んだりして遺族の迷惑になってしまわないように気を付けましょう。

遺族はもてなす側となりますが、身内を亡くして悲しみの中にいます。

遺族への気遣いを忘れてはいけません。

 

通夜振舞いについて

通夜振舞いとは、通夜の場で僧侶がお経を読み弔問客が焼香を終えた後に、遺族が弔問客に食事や飲み物を提供し、故人について語り合う場の事です。

通夜・葬儀を行う日程が決まり次第、通夜振舞いの準備も行う必要があります。

近年は葬儀のスタイルが多様化しているため、必ずしも通夜振舞いをしなければいけないとは限りませんが、一般的には通夜の後通夜振舞いをするのが基本です。

通夜から通夜振舞いまでをスムーズに執り行うために、通夜振舞いについてご紹介します。

【通夜振舞いとは】

弔問客が着席し、僧侶の読経、弔問客の焼香が終わった後に行うのが通夜振舞いです。

通夜が終わり次第、別室に弔問客を案内して食事やお酒を振舞います。

通夜振舞いは、弔問客と遺族が揃って故人の思い出を語り合ったり、亡くなった喪失感を共有するといったことを目的として行います。

また、通夜振舞いには「故人との最後の食事」という意味もあり、決して賑やか行うものではなく、静かに故人を見送るための時間です。

昔は通夜振舞いで豪華料理を準備するようなケースもありましたが、昨今は葬儀・通夜を簡単に済ませることが増え、それに伴って通夜振舞いも簡略化されるようになりました。

通夜振舞いの時間は、翌日の葬儀の事も考えて1~2時間が目安です。

なかには遺族だけで食事をし、弔問客には菓子折りなどを手渡して終了とする場合もあります。

 

【通夜振舞いの準備】

通夜振舞いの準備で必要なのは、

・場所の確保

・食事の用意

です。

通夜を自宅で行う場合は、通夜振舞いの場所を別に用意しなければいけません。

最近では、葬儀会社が通夜・葬儀の会場から通夜振舞いの部屋まで用意してくれるのが一般的になっています。

食事に関しても、葬儀会社が一貫して対応してくれるケースが多いですが、中には食事の準備は自分たちで行わなければいけないこともあるので、注意しましょう。

自分で用意するのであれば、仕出し店へ発注するか自分で作るかのどちらかになります。

 

【通夜振舞いの料理】

◆オードブル

日本では通夜振舞いで普通の食事を提供する場合は、煮物や魚を中心とした和食が選ばれることが多いです。

故人の国籍や宗教によって違いはありますが、寿司・揚げ物など誰でも食べやすいものを準備した方が良いでしょう。

最近では、中華料理や洋食などいろいろな種類を組み合わせて注文できる仕出し店も増えています。

◆お菓子

簡易的な通夜振舞いをするなら、食事ではなくお菓子を準備するという方法もあります。

和菓子と抹茶で軽く話をするというイメージですが、出席者が多い通夜振舞いではあまり選択されないケースです。

家族や身近な人だけでこじんまりと行う通夜振舞いでは、お饅頭と抹茶という組み合わせが多いです。

 

通夜振舞いで提供する料理に特に決まりはありません。

しかしながら、地域によって定番の料理があったり、料理の提供の仕方はさまざまです。

注意しなければいけないのは、料理に偏りやクセのあるものを選ばないことです。

弔問客が食べやすいものという事を念頭に置いて料理を選びましょう。

料理の内容に関しては、最初に予算を決めてその予算内で準備できる程度の料理にします。

費用を節約したいと考える場合は、自分で料理を作った方が費用を抑えられます。

 

【通夜振舞いの流れと注意点】

①僧侶の読経が終わり退場したら、別室に弔問客を案内します。

②それぞれ着席し、喪主がひとこと出席のお礼を言います。

③お酒や食事を交えて故人を偲びます。

④ある程度時間が経過したら、喪主が再び挨拶と翌日の葬儀についての連絡をして終了です。

注意点としては、通夜振舞いに誘う際に無理に弔問客を引き留めてはいけないという事です。

基本的には誘われたら出席するのがマナーとされていますが、多忙な中時間を作って通夜に参加した弔問客もいるので軽く声をかける程度にしましょう。