葬儀出席の男性の服装

喪服と黒のビジネススーツの違い

 

喪服と黒のビジネススーツの違いってやっぱり一目見て誰もがわかりますよね。

以前は、よく、急な知らせを聞いて通夜に出席する場合、勤務先から急いで駆け付けましたという人の場合は、スーツの色も黒ではなく、紺であったり、その他の色の場合もあったかと思いますが、現在ではなかなかそのようないでたちで通夜に出席する勇気は無いという人がほとんどです。

それは、なぜでしょうか。

それは、通夜式が葬儀の代わりに出席する意味合いを持っており、仕事の関係等で、どうしても葬儀に出席できない時、通夜式が正式に故人とのお別れをする儀式への参加となるからです。

また、現代では、喪服のレンタルサービスや紳士服店にも常設で喪服コーナーが完備しており、また葬儀社でもレンタル衣装店と提携するなどして喪服の貸し出をプランに盛り込んでいますし、ネットでレンタル喪服も注文出来て、勤務先等に配達もしてくれるとなれば、もはや喪服が準備できない理由が認められないような風潮になってきています。

それで、どんなに急いでいても通夜式にも礼服で出席する人が増えているのです。仕事柄、葬儀への出席が多い等の職業の人でなくても、会社の個人ロッカーに、喪服や葬儀に出席する際に必要なセットを一式用意している人も多いのではないでしょうか。

いつもロッカーに準備していれば、急な訃報にもすぐに駆け付けられます。

喪服と黒のビジネススーツの一番の違いは、生地の織り方と黒色の濃さです。

ビジネススーツがストライプ等の織り方がデザインされているのに対し、喪服では、完全にそのようなデザイン織りはありません。

また、ビジネススーツの色が例え黒であったとしても、喪服の黒色は特別な濃い黒色で、決して見分けがつかない人などいないはずです。

便利になって何でも当日準備ができるのですから、いくら急な通夜でも、自身や会社のマナーまで疑われてしまいますから、きちんとした喪服で駆け付けたいですよね。

 

靴やベルト・バッグでNGなのはどんなもの?

 

靴は黒で、しかも光沢のないものに限られます。ベルトも黒で、バックルの部分が金色等でないものが良いでしょう。

基本的に葬儀や通夜に光物はNGです。

また、皮革製品や毛皮等は、殺生を連想させるものとしてNGです。

バッグや財布等で、ワニ革製品等はよくありません。

普段使用していてその日だけ持たないというのは難しいかも知れませんが、やはり皮革製品は避けた方がよいでしょう。

バッグは黒で、無地、皮革製品でなく布製品で光沢の無いものが望ましいです。

ハンカチやネクタイ、時計や靴下は?

ハンカチは無地の白または黒です。

ネクタイは黒。時計は、華美なデザインのものや光る物、アラームの心配のあるデジタルの物は避けた方がよさそうです。

勿論、ぱっと目を引く金時計等も避けた方が良いです。華美なデザインの物の例としては、ダイヤモンド等の散りばめられたデザインの物等です。

とにかく目立たない光らないものに付け替えましょう。

靴下は勿論、黒です。

 

髪色や髭は?

髭については、無精ひげはよくありませんが、普段からきれいに整えて伸ばしている髭をたくわえている場合は、全然問題ありません。

それがその人の通常の顔なのですから、問題ないのです。

髪については、社会人であれば、あまり問題ない髪色をしていると思いますが、学生等で普段明るい髪色や奇抜な髪形にしている場合は、通夜・葬儀用に修正する必要があります。

長い、短いはあまり問題ありませんが、かなり明るい髪色や金髪、あまり奇抜な色で出席するのは、控えた方が良いでしょう。

薬局等で、一時的に黒髪に戻すことのできるスプレー等を売っていますから、通夜や、葬儀の時だけは、そういったものを利用してしのぐのも一つの方法です。

ファッションも遺族感情を考えたら、控えるべき時は控えましょう。

後の人間関係にまで遺恨を残すことのないように礼をつくしたいですよね。


名古屋市内

瑞穂区 ・昭和区 ・中区 ・東区 ・熱田区 ・中村区

中川区 ・南区 ・天白区・緑区 ・港区 ・千種区

名東区 ・守山区 ・北区 ・西区

それ以外の地域
日進市 ・ 東郷町 ・みよし市 ・長久手市 ・尾張旭市
豊明市 ・大府市 ・刈谷市 ・知立市 ・豊田市
岡崎市 ・安城市 ・高浜市 ・碧南市 ・東海市
東浦町 ・半田市 ・知多市 ・西尾幡豆 ・蒲郡市
新城市 ・豊川市 ・豊橋市 ・春日井市 ・小牧市
犬山市 ・瀬戸市 ・愛知県西部 ・愛西市 ・飛島村
三重県 ・岐阜西濃 ・岐阜中濃 ・岐阜東濃
東海典礼株式会社
〒465-0073
名古屋市名東区高針原2-1704

見直したい装いのマナー③~女性の略正装~

女性の略礼装

 

突然の知らせに、礼装を準備できない時のお通夜へ参列する時、近親者ではなく一般会葬者として葬儀や告別式に参列する時などに略礼装を心がけます。近親者でも三回忌以降の法要に参列する時から略礼装にするご遺族もいらっしゃいます。正式礼装や準礼装と大きく違うところは、黒色に限らないという点です。略礼装のために礼服としての用途の服装を準備する必要はありません。

  • 上着

ワンピースにジャケットを羽織るアンサンブルタイプでも、スカートとジャケットが別々のスーツタイプのものでも、パンツスーツでも構いません。ジャケットのインナーとなるものはできるだけ首のつまっているものを着用します。白いシャツは首元から明るさが出てしまうので避けます。

ジャケットは黒色に限らず、ダークグレーやグレー、紺色などであれば問題ありません。季節によっては黒色で肘まで隠れる暗い色のブラウスに長いスカートなど、必ずジャケットを着用しなければならないということはありません。

 

  • ボタン

スワロフスキーなどの装飾の意図が強いデザインは控えます。オーソドックスな、一般的な会社やリクルート時でも着用できる程度のものであれば材質などは問いません。

 

  • 生地

ストライプやチェックなど柄のあるものは控えましょう。それ以外は、暗めの色で、上下がスーツになっていなければならない制限はありません。透け感のあるものは華やかな印象になってしまいますので、相応しくありません。

 

  • バッグ

バッグは正式礼装の時と同じように、礼装用のバッグを持つようにします。小型で布製の、手提げのものかクラッチバッグのデザインが一般的です。ショルダーになるものや大きすぎるものなどは弔事の場では相応しいとは言えません。しかし、仕事先からそのままお通夜の会場に向かう場合などやむを得ない場合に、礼装用のバッグを買い足す必要はありません。また若い人で礼装用のバッグを持っていない人も、黒などのなるべく地味なバッグで参列するようにしましょう。

 

  • ストッング

黒のストッキングを着用するのが一般的ですが、肌色のストッキングでも失礼にはなりません。

 

準備できれば黒色のシンプルなパンプスが適していますが、それに近しいものであれば使用することができます。グレーや紺色、茶色など暗めの色であれば問題ありません。ピンヒールの靴などは華やかな印象になりますので控えましょう。

弔事の際のコート

 

季節によっては礼装だけで出歩くこともできますが、冬はどうしても礼装の上にコートを着ることになります。その際もなるべく暗めの色のコートを着用します。黒色やグレー、紺色でウールのコートを選びましょう。ダウンジャケットやムートンの素材は、カジュアルな印象となりますし、礼装には合いません。どうしても他に持っていない時は会場に入る直前に脱いで手元に畳んでおきましょう。儀式の間も、上着の着用をしないのがマナーです。

その他のマナーについて

 

香りの強いものは弔事にはそぐわないので、香水や匂いの強い化粧品などは控えましょう。清浄なお線香が汚されるイメージもあり、快く思われないからです。

ネイルは急なお通夜に参列する時は取り除く時間がないこともありますが、翌日の葬儀や告別式では落としておけると良いですね。ネイルサロンなどに行かなければ落とすことができないようなジェルネイルやスカルプチュアネイルなどは難しいかもしれませんが、自宅でもできるマニュキュアは取り除いておくのが望ましいです。

 

髪型については見直したい装いのマナー②で述べましたが、髪の毛の色についてはすぐに変えるのが難しいこともあるかもしれません。近親者に近ければ近いほど、身だしなみには気をつけたいものです。故人が亡くなられてすぐに美容院に行くことができなくても、一周忌の前までに華美な髪色を抑えておくなど、喪に服するというのはあらゆる場面で死を弔う気持ちが大切です。

昔は長い日数を喪に服して、扉を締め切り、死を悼むものでした。そこまでの決まりはない現代だからこそ、故人に対しての哀悼の気持ちを様々な形で現すことも求められていると言えるのではないでしょうか。